無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

2018年7月22日 (日)

「金融検査・監督の考え方と進め方」を読んで(読書感想文)

たまたま別件で金融庁のHPを見ていたところ、掲題の資料が6月付で発表されていたので一通り目を通してみました。総括すると、これまでの路線の集大成(特に「検査マニュアル廃止」「リスクを取れ」)と言えそうです。

最近は必要に迫られ個人的にコーポレート・ガバナンス・コードを勉強していたりしますが、このような金融検査・監督方針の変化はコーポレート・ガバナンス・コードの主張と軌を一にして「マネジメント型」から「モニタリング型」へ変更しましょうという流れに見えます(同コードの管轄は経済産業省ですが)。

ということは…金融庁は金融機関の実質的な取締役だった(これからも)のですね。関与の仕方を一つ一つの細かい実務への判断・介入(マネジメント型)から、執行をある程度現場に任せ、社外取締役として経営戦略や中期計画の議論等に深く入る形(モニタリング型)へ変えていくということなのかな・・・と思いながら今回の金融庁方針を読むと理解が進みました。

一方、元銀行員として心配になるのは、現場に任せるという点、ビジネスモデル構築を任せるという点です。父権主義で長らく運営されていた世界で急に「自由に創意工夫をもってやんなさい」と言われても戸惑うのが普通かと思います。

実際、自由に独自にと変に頑張って資料を偽造し融資を増やしたり(SCさん、SGさん)、普通に考えればその分野にそこまで注力するのはどうなんだという分野で謎の与信スタンスで貸し込んだり(アパートローン、シェアハウス・・・)と暴走・迷走事例が目立つようになっています。

企業規模問わず企業経営においても「現場に任せる」ことの難しさを感じますし(事業のプロであっても経営のプロでない可能性、もしくは妥当な計画を作れないなど計数化能力に欠ける可能性、もしくはそもそも事業の改善・発展にビジョンが持てる人材がいない可能性…)、金融機関については特に失われた10年ないし20年の間に「銀行の仕事面白い!」と思いながら仕事をする人たちを相当数駆逐してしまったのではないかと懸念します。

金融庁がどう変わろうと原理原則、つまり預貸に強みを持つことが銀行の存在意義だと思いますが、そのあたりの青臭い議論が本当になされているのだろうかと疑問に思う金融機関も見られます(例:全く外貨を利用しないビジネスモデルなのに金融機関側の期末になるとドル預金をごり押ししてくる、退職金に対してドル建ての運用を進めてくる、債務超過でもなく資金に余裕がある企業に対して、オーナー家でない社長に個人保証を条件とする貸出しの提案をする…その条件では誰も借りませんよね?等々)。

昔から言われているように「お金に色はついていない」ので金融機関の特徴は自分たちで作り維持していかないといけません。サービス・商品の良さ・違いが眼に見えるものでないだけに、「他の金融機関と我々はこのように違う」と内外に打ち出していくのは物凄く難しいと思います。

いずれ低金利時代は解消されないといけないと思いますが、その際企業をどう支えていくのか、もしくは金利上昇に耐えられる企業にいかに今から導いていくのかが問われるような気がします。地方では中長期的な人口減少が顕著ですし、中小企業を見れば事業承継の問題が深刻化しつつあります。製造業をはじめ人手確保が困難になってきています。逆にこれら長期的な課題を商売のネタと捉えれば、資料の改ざんなんかに手を染めなくても色々面白い仕事ができそうですが…。

近年はクラウドファンディングやソーシャルレンディングといった玉石混交のファイナンススキームが広まりつつあります。そんな中、自らは資金を使わず、銀行としての信用性やノウハウを提供するだけで手数料収入を得ることも面白そうな気がします。実際に一部自ら手掛けている金融機関や業者と提携している金融機関も見られます。

更にラジカルに考えれば、金融庁の方針がモニタリング型になるのであれば、銀行業務の範囲拡大(裁量権の拡大)を認めないと期待通りの変化が実現できないのではないかと思ったりします。商社やリース会社など既に「金融+α」の機能を持っている業態もあります。「AI導入で人員削減」ではなくダメ元で色々と新しいビジネスモデルにトライする方が建設的な気がします。特に旧財閥系などは系列企業から人を受け入れることで商売の幅を広げられそうですが…。

2018年7月21日 (土)

水分補給は大事(実感)

今週は連休明けから2泊3日で宮崎、金曜日は奈良和歌山日帰りの旅でした。連休の後半が「日曜日は朝から子供の試合見学、月曜日はウォーキングに行ったり買い出しに出かけたり」といった流れだったせいか、完全に夏バテ。あんな暑い中で本当に屋外で試合をすべきなのか?と素朴に疑問を覚えました。

出張で行った宮崎も連日良い天気でしたが、海が近いせいかそこまで暑さは厳しくなかったですね。木陰に入れば全く問題なし。それに比べて大阪の蒸し暑さはちょっと異国です。

今日は反省を生かし(前回完全に頭から抜けていました)、腰にペットボトルをセットするベルトを装備してウォーキングへ。1つ目の自販機でスポーツ飲料が売り切れているというアクシデントに見舞われましたが、次に発見した自販機で確保できたので水分補給しつつトータル1時間ほど速歩してきました。今回は水分補給をまめにしたせいか、ダメージはほとんどありません。これほど違うのかと正直驚きました。

午後からはまだ積み残ししている宿題にとりかかる予定です。

2018年7月15日 (日)

唐突に夏ですねえ・・・

先週は火曜・水曜と鹿児島、1日空いて金曜・土曜と再び鹿児島でした。鹿児島は陽射しが半端なく、スーツの上着を着ていると皆さんから同情されます。実際、クーラーが効いた室内・社内から出て日光に当たった瞬間背中が溶けそうでした。まあ土曜日伊丹空港を降りてからの蒸し暑さの方がよりダメージを受けましたけれど。

出張の谷間となった木曜日はようやく施工業者さんに来て頂き、壁紙がひび割れている部分が構造までいってないかのチェックや家の傾きのチェックなどをして頂きました。

結果的には(見た目は兎も角)特に構造に問題はなさそうで、壁紙のひび割れはデザイン等に凝った薄めの壁紙を使うと、このように石膏ボードの継ぎ目で割れる(基本縦方向)とのこと。斜めであれば構造までいっている可能性があるが、現状であれば同じ程度の地震であれば全く問題ないはずとのこと。

傾きについても、2階が2/1000、1階が1/1000程度(公式な基準となるH12年建設省告示では3/1000未満であれば欠陥の可能性は低いとされる)であったため全く問題なく、地震後ドアが勝手に開く(3ヶ所)のは丁番や金具が振動でゆるんだりしたためであろうとの結論になりました。

不思議なもので、「この家やばいかも…築10年も経たずローン残ってるのにリフォームとかありえんで・・・」「何か家鳴りするけどいつかバキッといくんちゃうの?」と日々もやもやしていた気持ちがスッキリしました。

今日あたり京都が39度になるとかならんとかいう話なので、皆様ご自愛ください。

2018年7月 8日 (日)

ようやく少し気が抜ける日が?

今週は台風で出張予定を変更させて頂いたことを含め、猛雨に悩まされました。

高槻には避難指示が出ていたので、ズバリ対象地域ではないものの付近と言えば付近とも言える我が家は逃げた方が良いのかどうかとハラハラしながら、それでもできるだけ2階で過ごすようにしていました。

昨日は中小企業診断士の理論政策更新研修。HPを見ると決行するが変更する方は可能とのアナウンス。大阪は電車も動いていたので行ってきましたが、どことなく不安はぬぐえませんでした。

理論政策更新研修は、昨年から4時間の拘束が義務付けられているそうで(本末転倒な気がします。寝てる人や相変わらずスマホを見ている奴もいる…時間じゃなく確認テスト8割以上とかで良いのでは)、遅刻・早退は一切認められません。

トイレもあまり長い間行っていると確認しますとか言われ、トイレが近い私はそれだけで結構ストレス。まあそれはそれとして、北陸から車で来られた方が高速道路の閉鎖等もあり10分程度遅れて来場されたそうです。上記事情から帰らせたそうですが、どちらの事情も分からなくはなく、またどちらにもツッコミどころがあり何とも釈然としない思いが残りました。(自分は相当バッファーを見て家を出たので全く問題なし)

時間効率等を考えれば、そろそろweb受講・自筆レポート提出等の運用を導入しても良いのではないかと思ったりするのですが…?

今日は青空が見えたりと雨もひと段落。久しぶりにほっとできそうです。

2018年7月 1日 (日)

震災の影響

先週は月曜日に鹿児島へ日帰り出張、1日空いて水曜日から鹿児島・宮崎の旅でした。もう南九州は夏と考えて間違いない感じです。

この土日は恒例の月末〆の他は資料が届いていないなどにより宿題がなく、家の周りの掃除・チェックや洗車などを。外構部分では玄関ポーチの目地が割れていたり通路と壁の間に隙間が生じたりしていました。2軒先あたりで細い地割れがずっと走っているようで、その家の外壁にブルーシートがかけられていたり、アスファルトにもよく見ると亀裂が走っていたりします。もう住めないと引っ越されている方もおられるとか。

家の中は、体感では分かりませんが扉が徐々に開いたりする場所があり、微妙に傾いているものと思われます。地盤がずれて傾いたのかもしれません。

お互い都合が合わなかったので来て頂くのはまだ先ですが、施工業者さんにも見てもらって構造面等確認しておきたいと思います。今日も震度3の余震がありました。まだまだ油断はできないようです。

2018年6月23日 (土)

一応平常運転に復帰

今週は月曜日に奈良方面、火曜日に鹿児島日帰り、1日空けて木曜日は和歌山方面、そして昨日金曜日は宮崎日帰りという単発で出かける日々でした。月曜日の6弱以降も余震もしくは本震を心配していたので丁度良かったとも言えます。

水曜日辺りまではどことなく不安もありどうも心の底からのやる気が出ない日々でしたが、どうやら余震・本震もなさそうで断水も大丈夫となった木曜日辺りから、ようやく気分的にも復調しました。それでも近所にはブルーシートが掛かった家がちらほらあったりします。ガスが復旧していない地域もあり、お風呂に苦労されているそうです。我が家がオール電化で良かったというべきか、停電になったら全てアウトなのでやっぱり大きなリスクと考えるべきか答えは出ていません。

今週末は久しぶりにあまり宿題がないので、ゆっくりしようと思います。

2018年6月16日 (土)

久しぶりにがっつり出張

今週は火曜日から金曜日まで宮崎出張でした。梅雨とはいえ天気が良い日も多くなかなか快適に過ごせました。

今回はたまたま「午後イチや午前中に打ち合わせをして、その後ホテルで改訂作業をして…」といった流れが組めたので土日の宿題が少な目なのがありがたいところです。

とはいえ、バンクミーティングで出た意見の反映や計画数値の試算など数字をいじる部分はプリントアウトしたものを落ち着いて検算したりしたかったので宿題として残しておきました。

今朝は早速1件宿題を終え、メールで出荷。TODOはあと数件ありますのでボチボチやっていこうと思います。

今回の出張中、飲み方の中で10年以上前の出来事を振り返る場面があったのですが「そんなことがあったのか」と裏のドラマを今更知る場面がありました。うまくいく案件は局面局面で関与頂いた方々が良い選択肢を選ぶ積み重ねなんだなと思います。

一方、うまくいかない案件は取り巻きに問題があることも多く、それは結局社長ご自身の問題(類は友を…)であったりということを再認識しました。

2018年6月10日 (日)

ついてる…のかな?

先週は火曜日に鹿児島日帰り(バンクミーティング)、水・木はデスクワーク、金曜日と土曜日は再び別件で鹿児島へ出かけていました。

火曜日は梅雨というよりは夕立のような雨で会議中集中できなかったりもしましたが、土曜日はサンサンとした陽ざしの蒸し暑い夏そのもので面喰うものがありました。

土曜日は案外と経営会議・取締役会が早く終わったため飛行機を1本繰り上げて帰阪。プロペラ機だったので積極的に繰り上げる積りはなかったのですが、窓口であと「1席だけ空いています」と言われるとグラグラと心が揺れました。

プロペラ機はやたら風に弱いのと座席が狭い点が難点です。ほぼ爆睡ではありましたが、案の定降りる頃には肩こりに悩まされました。効率化は大事ですが乗客はモノじゃないよね…と思います。

今日は朝から細々とデスクワークを進め、一応積み残しの仕事が終わったのでこれから休日となる予定です。

2018年6月 3日 (日)

南九州は梅雨…梅雨?

先週は月曜日地元で懐かしい方とご面談を。火曜日は日帰りで鹿児島へ。一日中会議でした。水曜日は(必死に)事業DDの原稿書きと月末の〆を。木曜日と金曜日は宮崎県内をあちらこちらへと走っていました。

火曜日の鹿児島や金曜日の宮崎は快晴で、もうほぼ夏だよな…と思わないと頭と身体がついてきません。あの天候を見てしまうと「今年の梅雨は雨が少ない」というのもそうなのかなと思わされます。野菜や果物を作っておられる方々は春先から面食らうことばかりでしょうね。

新しい案件の打診を頂いたり、ほぼ既存の案件の終わりが見えてきたりで6月はまた色々と変化がありそうです。

2018年5月26日 (土)

変則スケジュールと想定外と。

今週は月曜日東京日帰り、1日挟んで水曜日鹿児島日帰り、木曜・金曜が宮崎鹿児島1泊2日というスケジュールでした。本来は後半2泊3日としたかったのですが、水曜日出かけている最中にギリギリ木曜日の予定が固まり、急きょ手配することになった…という次第です。懸案事項が前に進んだので結果オーライでした。

鹿児島は明治維新150周年イベントなどが予定される中、ホテルが枯渇寸前でした。それもあって予約はヒヤヒヤしましたがとりあえず問題なく。金曜日の会議中、ブルーインパルスが練習飛行をしていたようで爆音が何度も。本体は残念ながら見えませんでした。

帰りの飛行機の中で、「この土日は金曜日の宿題1件(微訂正)+αぐらいしか宿題がないのではないか」「あの件で資料が来ていたら必死に分析を進めんといかんな」「でも届いていない気がする」等ぼんやり考え楽観していましたが、帰宅後、想像の外にあった新しい案件の準備などを思い出しました。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック