無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 決して他人ごとではなかった。 | トップページ | バンクミーティング終了・・・ »

2016年4月21日 (木)

大企業の隠ぺい体質って死ななきゃ治らないのかも

昨日まで南九州へ1泊2日の出張。バンクミーティングに関する打ち合わせと別件のバンクミーティングに出席して帰ってきました。

鹿児島は多少余震があるかな、という程度で大きな影響は見られませんでしたが、宮崎ではコンビニの店頭からパンが消えていました。地元の方に伺うと半分はヤマザキパンの熊本工場から出荷されているからでは?といったお話も。宿泊したホテルは7階でしたが、余震は結構大きく感じました。

この出張中に三菱自動車の隠ぺい体質が再び(都合3回目?)明るみに出たようです。呆れました。以前銀行にいた頃から「この会社、本当に私的整理で救済する意味あるの?」と疑問に思っていましたが、その懸念は当たらずとも遠からずだったのかもしれません。

私的整理が始まった頃はeKワゴンが当たり少し存在感を見せましたが、今やランエボも作っていませんし、ディーラーもほとんど見かけないしで消費者的には存在感がありません。雇用の問題はもちろんあるでしょうけれど、もう役割を終えた会社なのではないかと思ったりします。

少なくとも、JALと同様に法的整理を経て一度死なないといけなかったのでは?と思ったりします。粉飾体質の会社は余程心を入れ替えない限り必ず繰り返しますし、そもそも組織が大きくなればなるほど目先のごまかしでその場を乗り切るマインドが生じがちということで、簡単には体質改善ができないのが実状。ましてバックにダイヤモンドがついているとなれば、厳しく律せよと言ってもなかなか難しそうです。人間誰しも楽したいですから…。

車づくりに情熱を注いで何とか苦境を脱したマツダ(RX-8開発秘話が泣ける)と比べてなんだかなあ…と思ってしまいます。

« 決して他人ごとではなかった。 | トップページ | バンクミーティング終了・・・ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/65087496

この記事へのトラックバック一覧です: 大企業の隠ぺい体質って死ななきゃ治らないのかも:

« 決して他人ごとではなかった。 | トップページ | バンクミーティング終了・・・ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック