無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 長い戦いにひと区切り。 | トップページ | これぞ晴れ男と自己満足 »

2015年6月27日 (土)

帰りの飛行機をプロペラにするのだけはやめて・・・

昨日は日帰りで鹿児島まで。某社の経営会議・取締役会に出席していました。

かつてANAでは伊丹→鹿児島の朝イチ便に787が飛んでいたり、帰りはすくなくともB3クラスだったと思いますが、787があっという間にいなくなった上、昨年度から最終便にプレミアム席の設定がない機材になり、とどめにここのところ最終便がプロペラ機(ボンバルディア DHC8-Q400、いわゆる胴体着陸機?)に変更になったりとグレードダウンが続いています。

新幹線との対抗上しばらくは頑張ってみたけど、鹿児島への旅行者が絶対的に減っている…等の諸事情はあるのでしょうけれど、しょっちゅう使う身としては閉口します。

プロペラ機は座席が狭い上、よく揺れるし、遅いし、雨の時は乗り降りでどうしても濡れるし、ステータスがダイヤモンドであっても乗客が少ない場合はウェイトバランスのために超後方に乗せられたりするし、やや大きめのカバンでも頭上には収納できないし、で何かとテンションが下がります。しかも帰りなので疲れ倍増。なんとかならんもんでしょうか。

一応調べてみたらJAL最終便はエンブラエル社の小型ジェット機でした。クラスJの設定もないようです。微妙にこっちの方が良いかな…?是非皆さん伊丹から鹿児島へ、鹿児島から伊丹へと飛びまくって頂き、機材をグレードアップする羽目になって欲しいです(他力本願)。

« 長い戦いにひと区切り。 | トップページ | これぞ晴れ男と自己満足 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/60531254

この記事へのトラックバック一覧です: 帰りの飛行機をプロペラにするのだけはやめて・・・:

« 長い戦いにひと区切り。 | トップページ | これぞ晴れ男と自己満足 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック