無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 第一週は営業的に。 | トップページ | 蝉が鳴く »

2013年7月 7日 (日)

おうっ。研修に行っている間に

昨日は中小企業診断士の「理論政策更新研修」を受講すべく大阪へ。かつては眠たい講義が多く、受講後のアンケートにおいて改善の声が多く寄せられた(かつて自分も「金返せ」的なことさえ書いたことも・・・すいません)ことから、近年は毎年進化しているように思います。確かにコンサルの国家資格である診断士が毎年受けないといけない研修がつまらなかったら、資格自体の存在意義に関わるような気もします。

内容は、敢えて事業再生を選んでみました。たまには聞く側に回ってみても良いのでは、というのと講師の方に興味があったためです。

前半の制度・施策の部分では、経営革新等支援機関(認定支援機関)の話に時間が多く割かれていました。この間認定をとったばかりで、今着手しようとしている自分にとっては「知ってるよ」という内容が多かったですが、かねてからの疑問の一部が氷解したのは発見でした。

当該制度においては、普通に考えれば診断士が認定をとるべきで、それを中心に税理士・会計士の先生方や時には弁護士の方の力をお借りするというチームがあるべき姿ではないかと素朴に考えていたのですが、申請方法等を見る限り、診断士はかなりぞんざいに扱われていました。「自庁所管の資格をないがしろにするとは、これは中小企業庁内での恐ろしい派閥争いか何かのとばっちりか」と邪推していたのですが、実際には中小企業庁が昨年実施した中小企業数万社の経営者に対するアンケート(「困った時に誰に相談するか?」)において、「税理士」との声が多かったことが強く反映されているとのことでした。

後半は事業再生とは、という共通テキストの解説と事例演習でした。共通テキストの方は流石に「うんうん」という内容でしたが、講師の方のはっちゃけぶりに「こういう講義スタイルもありだなあ、自分は真面目にやり過ぎかな」と思ったり。

事例演習は、まず自分で考えてからグループ討議・発表という流れでした。模範解答はあるものの、班によって戦略・戦術・ものの見方が全然違う答えになることにやや驚きを感じました。もちろん、実際の再生シナリオを検討する際にはヒアリングやデータ分析、面談等に基づいて慎重に戦略の方向性を決めないと間違ってしまいますが、「普通、プロが集まれば答えは8割方収斂するのでは?」との予想が裏切られややショックでした。(自分の最終の答えはあっていましたが、過程の考え方が異なっていました。うーん納得いかん)

帰りに携帯を見ると、ある件の計画書案が飛んできていることが分かり「おうっ」と一言。月曜日朝から早速着手します。現在レポート作成事案が1件もないので余裕な気がしていますが、実際には計画書策定支援を数件抱えているので入れ替わり立ち替わりやり取りさせて頂いています。明日には別件の資料も届きそうですし…。

« 第一週は営業的に。 | トップページ | 蝉が鳴く »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/52345800

この記事へのトラックバック一覧です: おうっ。研修に行っている間に:

« 第一週は営業的に。 | トップページ | 蝉が鳴く »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック