無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

最近ブログを書くのがやや面倒に…

昨日今日は休日です。先週も激しく出張し(出先では案外のんびりしてましたが)、おまけに自宅でも熟睡できなかった日々(寝る前にエアコン→タイマーオフでも寒いぐらい)の反動でここのところやたらと早寝してしまい、ブログを書くタイミングを逃していました。検討した結果、厚着をして寝るという季節感不明の対策でスッキリ眠れるようになってきました。「FPの家」は真夏に鍋をする気になるぐらい断熱はよく効いているのですが、その分エアコンをどう使うか未だに試行錯誤があります。

先週はバンクミーティング系は1件もなく(銀行さんには行きましたが)、峠を越えた案件のフォロー中心でした。実際にはどの会社さんにおいても「大過なく過ごす」ことが一番難しいので、課題は色々あるのですけれど。

週末は月末の〆をしながらも新しい案件の予備調査(外部環境データを見たり、試食のためライバル企業の商品を注文したり)をこなしました。どんな業界も調べると面白いですね。またもや「へ~」という情報が色々ありました。自分の記憶力が昔から相当プアなので蘊蓄を披露できないのがアレですが。なお、ここら辺、認定支援制度は結構予算がきつめなので調査にかける費用には厳しいモノがあります。試食品は結局自腹(弊社負担)で買いました…。

週末、久し振りにある方からお電話を頂き、「大阪には案件がぎょーさんあるで、これから出てくるで」と言われました。確かに気配はするのですが、具体的にご相談頂いたケースは今の所ありません。ややヒマになったので早くも先行き不安になる今日この頃…。とはいえ、実際には来週も結構忙しいです。単に「ギリギリの生活ジャンキー」みたいなものかもしれませんね。

写真は、この間機内販売で購入した折り畳み傘。無料クーポンを頂いたので消化しているところです。これまでキチンとした折り畳み傘を持たず、晴れ男という信念のみで乗り越えてきたのですが、たまには旅のお供に連れて行こうと思います。

20130629_121244

2013年6月21日 (金)

今回は無事に台風をやり過ごす

1371821691382.jpg
今日は南九州2日目。最後のバンクミーティングでした。朝8時からリハーサルやら打ち合わせをして準備を。台風直撃との情報からキャンセルが多かったのかホテルチェックアウト時の駐車場はガラガラ。色々無事に今日帰れるのか不安になりました。
午後からはバンクミーティング本番。総勢30名強。説明パートで1時間半だったこともあり質疑は低調…。台風も温帯低気圧に変わり、無事に帰ることができました。

2013年6月20日 (木)

パトカー6台とすれ違う

今日は早起きして南九州へ。起きた時久しぶりに「え〜っと今日はどこへ行くんだっけ」となりました。
午前中は新しい案件のご紹介を頂きました。良いものを真面目に作っておられるのが伺え、何とかしたいな〜と火が入りました。最近、違う角度で刺激されることが多いように思います。
午後はもう6年越しとなっている案件のバンクミーティングに出席。本件、流石にそろそろゴールインしてもいいんでない?
ということで明日のバンクミーティングのため長駆移動。高速を走るの飽きたなと思った頃、対抗車線でパトカーが緊急走行。ん?と思っていると覆面含め6台通過。一体後方で何が…。

2013年6月19日 (水)

ようやく出張準備が終わったかな

今日は朝イチ京都方面へ出かけ、ついでに立ち寄りを1件済ませ、その後は大阪へ向かいました。その間、怪しかった空模様がだんだん激しい雨になり、帰りはまたとんでもなく大雨で…駅からタクシーに乗ってしまいました。

そんな1日でしたので、出かけている間はなかなか一息つくヒマがありませんでしたが、帰宅後は事務的なやり取りその他を済ませつつ業務はひっそりと終了…の予定でした。

夕食後、出張時に持参する書類などを用意したりしつつ、ふとメールをチェックすると20時過ぎに数発頂いておりました。これが結構大事なものでもあり、色々と検討し送り返したのが先ほどです。その後出張に伴うリコンファームなどを終え、ようやくひと心地つきました。明日はまた朝早いのでそろそろ自分の電源をOFFにしたいところです。全然関係ないですけど、それにしても今日のバンクミーティングでは皆さん元気なかったなあ…。

2013年6月18日 (火)

バンクミーティング1.5終わる

昨日は日帰りで南九州へ。行きは787でした。機体が軽いせいか着陸前に風にあおられてばたついていました。

午前中は社内でリハーサルを実施し、午後の本番へ。本番では自分は事業DDを説明する役割でしたが、既にレポートを配布済であることもありまとめ部分を10分程度説明。続いて会社さんから計画の骨子(といっても結構具体的)説明がありました。

本番前には「どんな質疑になるのかな?」と色々想像していましたが、実際の質疑は金融マターの問題がクローズアップされ自分の出番は無し。かようにバンクミーティングを開催せざるを得ない会社さんに関しては、取引金融機関さんと何らかの技術的問題を抱えていることが多いように思います。

自分はカヤの外に置かれながら「事業・金融を問わず、面倒でも1つ1つ丁寧にやることが大事なのかも知れないな…」と違うことを考えていたりしました。

その後、出席されておられた方々が別件と被っていたので少しだけ打ち合わせをしました。お客さんもメインバンクもおられなかったので「次のアクションをこうしましょう」といった具体的な話にはならなかったですが、1日に1.5件バンクミーティングをしたようで、個人的には少し充実感を覚えました。

2013年6月15日 (土)

今週もなんだかんだであっという間に週末

今週は前半はやや穏やかに(出張・バンクミーティングはありましたが)始まり後半辺りからあちらこちらへ出かけ、今日は土曜参観という流れで週末を迎えています。

昨日は空梅雨の南九州へ日帰りで出かけましたが、予想以上に蒸し暑かったです。久し振りに新幹線の旅にしたので新鮮な感じでしたが、やっぱり3時間以上電車に乗るのは飽きます。ずっと寝るのも無理ですし…。そういえば以前6,000字の原稿を書いた時だけはやたらと短く感じました。

来週はいよいよ「経営革新等支援機関(認定支援機関)」として初の面談を実施予定です。この制度はまだ事務的によく分からない面もありますが、なにごとも身体で覚えることが大切だと思います。

おまけに来週はバンクミーティングが4件。・・・と書いて自分で驚きました。ほぼ毎日参加することになります。流石にこれは多分自分史上最多なのではないでしょうか。

そんな感じで、先月のヒマ予測は全くピンぼけでしたね。

2013年6月 8日 (土)

仕事・仕事・蛍

昨日から今日まで南九州へ1泊2日の旅でした。昨日は打ち合わせの後長駆して前泊地へ。早めに飲んで早めに寝て今日の仕事に備えました。

今朝は早起きして経営会議資料の読み込みを。実際の会議や役員会で「うーん分からんな」という部分を質問したりするのですが、「これ案外鋭い質問だったんだ」ということもあります。素朴さは大事ですね。

会議終了が微妙な時間となりましたが、帰路を快調に走り抜け早めの飛行機に搭乗。昼メシを食べる時間はありませんでしたけど。機中は爆睡。帰宅後はエネルギー不足もあり気合いは「もひとつ」でしたが、来週月曜日のアポ(昨日急遽決まった…)に向け資料の改訂に着手。何とか今日中に終わったので気持ちが楽になりました。明日は家の用事などができそうです。

夕食はラーメン屋へ行き、市内で蛍が見られるという場所(美人の湯近辺)へ家族で向かいました。7時過ぎだったのでまだ明るく、「ほんまに見れるのかいなあ・・・」とかなり不安に思ったぐらいでしたが、やがて続々と人が集まり始めました。特等席を占めていた我々はひたすら草むらなどを凝視。すると8時前ぐらいから1・2匹発見することができました。こんなもんかなあと思いやや満足していましたが、もう少し粘っていると、目が慣れてきたこともありちらほら発見することができました。以前哲学の道で見た蛍は緑がかった光でしたが、高槻の蛍は白色LED?と思う系統の光でした。高槻に越してきてほぼ3年、これまでいつもタイミングを逃してきましたが、今日ようやく見ることができました。子供達は総選挙の方が気がかりだったようですけど。指原…ないわ…。

2013年6月 6日 (木)

2日間の攻防?が終わる

火曜・水曜と南九州へ出張していました。ある件のバンクミーティングに向けて計画の骨子・方向性を整えていくべく議論を重ねました。例えば「再生原理主義」とでも表現できるように、再生計画の策定にあたっては「この事業は本当に存続するべきか」「なぜ」「経営戦略・ドメインから考えた位置づけは」など原点に帰って0ベースで考える必要があります。

こちらは客観的な立場なのでその辺りの素朴な疑問をぶつけるのですが、一般的には「こうだ」というビシッとした明確な答えが返ってくるケースは皆無です。大企業だと明確に答えて頂けるのかもしれませんが、一般的に日々経営戦略やあるべき姿を考えている経営者さんは少ないのだろうと思います。まあ…自分もブレないようにしているぐらいが関の山なので。

巷では過去の延長でいきなり計画を作り始めるケースをよく見かけますが、それで良いのかなあと思います。一方、原理主義的アプローチだと時間がかかるのも事実。帰路、「今後件数が爆発的に増える中でいかに効率良く、でも単なる机上の空論作りにならないような計画策定プロセスにしていくか、というのは結構難しい課題だなあ」と考えたりしました。

2013年6月 3日 (月)

梅雨の合間に初夏が戻る

今日は朝イチ細々とした仕事をした後は大阪へ出かけ情報交換など。協議会PMさんとお話したのですが、いよいよ「上」からの件数積み上げ圧力が強まり、いかに件数を集めてさばくかが問われている模様でした。

確かに時々「自分が触れる案件は氷山の一角なんだろうなあ」と無力感に襲われることがあります。世の中で潜在的にテコ入れが必要な案件は数万件と言われています。「入り口」は金融機関さんが経営者を説得することから始まると思いますが、その入り口が結構キツイ。私も「お前はもう死んでいる」と言われても全然自分のこととして受け止められない、そういう経営者さんを沢山見てきました。だから金融機関さんが入り口で躊躇してしまう、そういう構造的な問題もありそうだなあと思ったりもします。

例年より早い梅雨が始まったと思ったら今日は全然問題ない天気でした。大阪のオフィス街を歩くと、まだ初夏の爽やかさが感じられました。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック