無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 期せずして早起きしてしまう | トップページ | 雨に降られる »

2012年2月12日 (日)

不撓不屈の温泉?

今日は朝ちょっとした読み物を斜め読みした後、昼メシがてら高槻市内の樫田温泉へ出かけました。我が家と同じ市内と思えないぐらい深い山間にあります。元々は「温泉」を冠していたところ、源泉の成分量が弱り単なる地下水を木材チップで湧かす「公衆浴場」に成り下がったのが2009年7月。我が家が前回訪れたのは引っ越し後の2010年8月であり、その辺りの悔しさがにじむ説明書き・お詫びが何カ所かに貼られていたのがとても哀愁を誘いました。

最近たまたまHPを調べた所、新源泉を掘り当てたようで「温泉」に復活していました。加えて「2012年1月リニューアル!」等喜びあふれるPRをしていたので、それは一度行っとくか、という運びになりました。インフルでやられまくった我が家の湯治ということで・・・。

実際には、温泉としてリバイバルを果たしたという「名称リニューアル」に過ぎず、特に施設自体は以前と全く同じでした。そこら辺、運営している森林組合の方々の入れ込みすぎ・喜びすぎではないかと善意に解釈しておきました。

ここは予算の関係もあったのか温泉の浴槽が狭く、折角の露天でも少し人が増えるだけで爽快感がなくなります(その辺り本気でリニューアルして欲しいかも)。今日はやや早めに出かけたので自分を入れて2人~3人ぐらいということでまずまずゆっくりできましたが、写真の通り2階の休憩所はかなり長い間自分が独占できるぐらいでした。日曜日のこの時間でガラガラなので経営的には厳しいのでしょうねえ・・・。

2012021212180001

ということで「なんちゃってリニューアル」に苦笑いでしたが、ややぬるっとする泉質になり温泉らしくなっていた(前回は夏でしたがかなりカルキ臭がしたような記憶があります)のは「良かったなあ」と素直に思いました。しばらく露天で森を見ながらつかっていたことで身体も楽になったような気がします。突っ込み所は色々ありましたがプチ湯治もなかなか良いものですね。食事も案外いけましたよ。

« 期せずして早起きしてしまう | トップページ | 雨に降られる »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/44090913

この記事へのトラックバック一覧です: 不撓不屈の温泉?:

« 期せずして早起きしてしまう | トップページ | 雨に降られる »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック