無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

最近、物書きが多いなあ

今日は、一応休日ですが、朝から仕事をしています。1つは、今度決算報告をされる会社さんの営業報告書に記載する冒頭文の文案です。前期決算期間の経済環境に対してさらっと触れるのですが、これが案外難しいです。だいたい、この1年何があったっけ?と思い出すとギリシャ破綻っていつだったっけ?など大きなできごとでも発生時期の記憶があいまいということが沢山出てきます。まあ、そういうこともありゴーストライターの発注があったんだろうなあと思いつつ…。やや心が折れそうになりながら、「俺は証券アナリストだ!頑張れ!」と意味のわからない鼓舞をしつつ2時間ぐらいかかって500字書きました(試験が結構難しい割にはあまり役立てられていないですね…正直)。

次は、近々銀行さんに提出される中期計画案の確認とコメントです。これについては会社さんの方が凄い勢いで更新されるので、すかさず拝見してコメントしないといけません。進行が押してますので土日も関係なく。ただこれについてはメインライターではありませんので手を動かす部分は少ないです。

不思議と重なる時は重なるもので、雑誌原稿と営業報告冒頭文と、月末週だけで物書きを2件こなしました。あと、新会社のセミナーペーパー案も修正したりしましたね…。

自宅の方は、流石に朝方寒い可能性があるので2階だけ蓄熱暖房をつけています。深夜蓄熱、朝から自然放熱状態で使っています(1階は流石に蓄熱自体やめました)。そのせいか、2階の仕事部屋は現在28度…。寒いよりは良いですが、なかなか温度調整をバッチリにするのは難しいものですねえ…。

2010年10月30日 (土)

新しい法人を設立する

先般より関西のCTP数人で協議していたパートナーシップですが、今週法人の設立登記が完了しました。メンバーの中に司法書士の方もおられるので、動きが素早いです。社名は「ターンアラウンド総研合同会社」です。最初は「関西」などを冠することも議論されましたが、何となく地域限定っぽくなってしまったり、マネされて「東京」を冠した法人が作られたら何だかこっちが支部みたいになってしまうんでは、などというお話もあり、すっきりした社名になりました。

来月から営業活動を開始するということで、パンフレットやロゴ、HPなどが急ピッチで準備されつつあります。

目下の最大の議案は営業方針・スタイルと提供するサービス内容です。ここが同床異夢だったりあいまいだったりすると確実に失敗するのでおろそかにはできません。議論は夜まで白熱しましたが、おおむね方向性は出たのかなあと思いました。結局は仮説をもって営業活動をしつつ修正していくという部分も必要なので、来月の営業が楽しみですね。

あと、今回のHP作成等を依頼した業者さんからのご提案として、弁護士もしくは公認会計士が役員になっている企業はドメイン名に「.pro(ドット・プロ)」が使える、というお話がありました。全く知りませんでしたが、珍しさもあるので要検討ですね。また、SEO対策について、テキストを一杯ぶち込め・更新頻度を上げろ、というありがちなパターンではなく、独特の戦術で検索上位にランクアップするスキルがあるそうです。もはやハッキングとどう違うねんという気持ちですが、お手並み拝見ですね。まあ業種柄HPからの受注がどんどん来るとは思えないのですが…。

2010年10月28日 (木)

執筆活動。

今日は自宅作業日でした。昨日積み残したデータ入力とグラフ作成、コメント記入でようやく事業DDの1頁が完成しました。入力しながらデータの偏りなどを感じていましたが、適当にグラフにしてみると「おお、やっぱり…」と妙に感動しました。別にそれで課題が解決するわけでもなんでもないですが、まさに自己満足…。

頂いている資料ではこれ以上進められなくなったので、昼前からは原稿書きにシフトしました。ノルマは8000字…今回は図表を沢山入れてみようと思い、半分ぐらいは図表になっています。字数的には5000字強ですがこれで概ねよしとなるか否か…。「識者」の方にもご意見を募ったりしているところです。

その間、届いた別件のデータを拝読してコメントしたりしているうちに今日も終わってしまいました。まだ本格稼働とは言えませんが11月に向けて少しずつ盛り上がってきた感じがしてきました。

家の方は、1階の蓄熱暖房と2階の蓄熱暖房が稼働し、やっぱり容量が大きいやつは違うなあ~とちょっと感動しましたが、多分真冬にこの2台で回せる、ということはなさそうに思います。ちなみに今日はそれほど寒くなかったので1階の方は結局オフにしました(オフにするとファンが回らなくなる…蓄熱分はそれでもジワジワと熱を放っています…エアコンとは違い機敏には作動しません)。およそ20時半現在の2階の仕事部屋は室温25度湿度47%…あまり季節感がないような数値です。

2010年10月27日 (水)

初めて蓄暖を使う

今日は特に朝の冷え込みが厳しかったですね。取説を読みながら操作して昨晩から蓄熱を開始した我が家の蓄暖(ユニデール)がいよいよ朝から放熱を始めました(とりあえず2階だけ…)。じわ~っという感じではありますが、近くにいくとほっこりします。

昼間は結構天気が良かったので太陽熱だけでも充分温まりましたが、間接的に暖かいような気がします。躯体を暖めることで家中暖かくなる…ような認識でしたが、そこまでいくかなあというのは正直な所です。今晩からは1階の一番大きな蓄熱暖房機を稼働させるのでまた評価が変わるかも知れませんが…。

仕事部屋の室温は26度なので、一応効果はあるのかも知れません。

仕事の方は、忙しくなると更に忙しさが加速するといういつものパターンが見られました。今度雑誌「ファイナンシャル・コンプライアンス」に記事を書くことになり、その原稿スケルトンを書いていると、月曜日に提出した計画の手直しの依頼が舞い込んできました。取り急ぎ午後から計画修正について対応・送信し、それからは昨日届いていた別件のデータをひたすら入力したり眺めていたりしました。久しぶりの打ち込み系でやや疲れました…。明日続きをやる予定です。その他諸々進めながら、今日はあっという間に終わってしまいそうです。

2010年10月26日 (火)

寒~!

今日は早起きして南九州へ。現地は寒いので注意!と言われていましたが、大阪も結構寒かったです。いよいよ秋も本格化してきたということですね。

現地では、天気も凄く良かったので恐れていたほど寒くはありませんでした。流石に朝イチは暖房を入れようかと思いましたが、昼はクーラーが必要なぐらい…。打ち合わせでお会いした銀行の方も39度弱の熱があるとのことで、確かにこれだけ寒暖の差が激しければ風邪もひくだろうなと納得しました。

しかし驚いたのは帰阪後でした。風が強かったこともあってコートがいるんじゃない?と思うぐらい寒かったです。その点、シートヒーター付きの車で帰れるのは幸せに感じました。

今朝未明に頂いたメールや昨日の原稿依頼、先だってお願いしていた資料など色々な材料が急に揃い始めましたので明日からは少し忙しく作業することになりそうです。

現在21時過ぎの仕事場は室温24度・湿度46%。昨日に比べても更に室温が下がってきました。明日ぐらいから試しに蓄暖を入れてみようかと考えています。

2010年10月25日 (月)

案外予定通りにはいかない。

今日は自宅作業日でした。午前中には、土日にやりとりした案件2件のうち1件について早速銀行さんから追加注文があり、クライアントさんと電話で打ち合わせをして修正版を出す、といった仕事がありました。

午後はもう1件の方で先方の会議後作業するのかなあと思い待機していましたがなしのつぶて…夕方お電話するとまだ色々議論が残っておられるようでした。その点はあきらめて明日出張から帰ってからかその翌日に拝見して作業することになりそうです。

待機時間中に各方面にお電話したりメールしたりしてみましたが、これまた皆さん月末を控えてお忙しいようで全く反応無し。まあいいか、明日で…と思ったりした夕方にようやく連絡が取れたりしました。

何となく宙ぶらりんなまま1日が終わったように思いますが、そんな中、久しぶりに原稿依頼のメールを頂きました。テーマは「返済猶予先の二次破綻と初期対応」で8,000字程度とのことです。テーマをどのように展開するのかうーんと考えてしまいましたが、今週おいおい考えてみようと思います。特にコンプライアンスという観点を盛り込む必要があるそうなので、これまたうーん面白い切り口だなあと思いました。「二次破綻対応は誰のため?」という問いについて立場の違いを想定するとそれぞれ論点がありそうです。

そんなこんなで宙ぶらりんなようで予想外に原稿依頼があったりと全く朝イチの想定とは違う1日になってしまいました。

現在20時半頃ですが、仕事場の室温は26度・湿度57%と安定しています。とはいえ、トレンド的には少しずつ低くなってきていることが分かります。今日は曇りもしくは雨だったということもあるのでしょうけど…。流石にFPの家といっても暖房等を使わない限り外気の影響は受けますね。当たり前ですけど。

2010年10月23日 (土)

週末の方が何だか忙しい?

今日は、朝から何時間か計画資料の修正を進めたあと、京都方面に向かいました。171はやたらと混んでいました。時間帯が悪かったのかも知れません。現地近くのマクドは駐車場がいっぱいで、結局コンビニで菓子パン1個と飲み物を買って車の中で食べました。それが昼食…カロリーもそこそこで安上がり。もしくは刑事の張り込み。小説を何頁か読んで時間調整した後、定例訪問に向かいました。大きな事件なし。現物・預金の管理の重要等について意見交換をしました。犯罪者がいるから事件が起こるというだけではなく、「これはちょろまかせそうだぜ」と思わせる体制・構造がいけない。業績が良い会社でも悪い会社でも、抜き打ちで現金や切手・印紙の有り高、普通預金残高などをチェックする習慣を付けておいた方が良いです。案外抜かれているかもしれませんよ。

帰りは高速を経由したのでかなり快適でした。でも900円もかかるので往復というのはやや厳しいですね…。

帰宅後はしばらくうだうだしていましたが、先程メールを頂いていることに気付き急ぎ資料を拝見、コメントバック×2件を行いました。

(合間に近所のスーパーへキャノーラ油を買いにいったりしましたが)

そんなこんなです。明日も朝仕事をする予定です。多分修正データも頂くでしょうから、それを拝見するという仕事もありそうです。

20時現在の仕事部屋の気温は27度・湿度51%というところです。もう少し肌寒いような気はするのですが…。

2010年10月22日 (金)

予算見直し作業など

今日は京都方面へ向かいました。アポイントの前に時間があったので(いつも早めに行きます)、「中原の虹」の続きである「マンチュリアン・レポート」を立ち読みしたりして時間調整をしました。これで累計90頁ぐらいは読めましたね。

アポイントでは、先日厳しいご意見を頂いた案件の予算見直し作業を進めていました。案外余分に見積もってしまっている部分、意外と手強い部分など色々ありましたが、何とか計画修正には至らない予算を組めそうな感触になりました。むむ…。原案は保守的過ぎたのかもしれません。

この件では修正版を日曜辺りに頂く予定ですし、別件でも本日計画書案の修正指示を頂きましたので、週末も何かと仕事があります。アポイントもありますし…。最近(それほど激務ではありませんが)曜日感覚がなく、今日も何となく土曜日だと思っていました。自由業生活も5年目で板についてきた、ということなのでしょうか??

2010年10月20日 (水)

予定外に現地泊する寸前でした。

今日は南九州日帰りの予定でした。久しぶりに飛行機に乗ったように思います。現地では午前中に銀行さんと個別打ち合わせをして、午後は定例のバンクミーティングでした。

予定を終えると本当にギリギリのタイミングでしたが電車で空港へ。

電車に乗りながら、結構雨が降ってきたなあ、と思っていましたが、空港についてからは本などを漁ったあと特に意識なく検査場ゲートをくぐりました。

ふと何か放送で言っているなあと思っていると、「●時●分の大阪便は本日悪天候のため到着便が着陸を見合わせています、最悪の場合は欠航もありえます」というアナウンスでした。え?そんなに天気が悪いの?と不思議に思いましたが、上空はまた違ったのでしょう。(濃霧等も滅多にない空港なので)台風でもない限り欠航しないと思い込んでいたのでちょっと脱力しました。

気持ちを切り替えて、「当然宿泊代は出るんだよね、どこに泊まるのかなあ…」などと少しおもしろがっていたのですが、結局到着便も着陸し、10分遅れで飛び立つことができました。ハプニングは旅の楽しみでもありますが、無事に帰れて良かったです。

2010年10月19日 (火)

厳しい叱責を頂く

昨日は定例のバンクミーティングでした。前月の実績はまずまずでしたのでその点は特に心配していなかったのですが、今期の実行予算についてややボタンの掛け違いその他があり、「社長は本当に真剣に計画を達成する気があるのか」等厳しいお言葉を頂きました。

金融機関の皆様には多大なるご負担をおかけしてスタートしている案件ですので、それこそ「死にものぐるい」で進めていかないといけない所、保守的な見通しのご提示によりスタンスを問われた形です。

需要・同業他社の動向・受注フロー等なかなか楽観的には考えられないのですが、「確かに仰る通り。弱気でどうする。」と気持ちを入れ替えました。再度出直しを図ります。

それにしても、急に寒くなってきました。来月ぐらいには蓄熱暖房を入れないといけないかもしれませんね。

2010年10月17日 (日)

スポーツの秋…ご利用はご計画的に。

今日は幸い天気も良さそうでしたので、寒くなる前に(夏は暑いので避けていました…スイートスポットが狭い…)永年の懸案だった「関西サイクルスポーツセンター」へ行ってきました。以前滋賀県へ旅行に行った際似たような施設にいったことがありますが、本家?には未だ一度もいったことがありませんでした。

その滋賀県の旅行の際には、元気な子供達に振り回されてバテるほど運動をする羽目になり、しばらく筋肉痛でした。今回の関西サイクルスポーツセンターについても同様にヘロヘロになるのではないかと恐れておりました。

その無意識の恐れのせいか出足が鈍くなり、到着は12時頃でした。時間帯のせいもあり結構混んできていましたが、サイクルリージュという見るからに面白そうなアトラクションが並んでいた他は適度な並び具合でしたので、まずはサイクルコースターというジェットコースターにペダルがついているやや無理矢理な乗り物に乗ってみました。「サイクル…ペダルって必要やったん?」という突っ込みを横におけばそれなりに面白い乗り物でした。

次には変わり種自転車ということで、進行方向と垂直方向に身体を向けて漕ぐ自転車とか何だかんだと子供そっちのけで乗り、車輪が小さいこともあってやたらと足の筋肉を使いました。最後には4台直列の自転車に乗り、張り切って先頭者に乗ったところ、事実上4人を1人で引っ張る羽目になり乳酸は限界までたまりました。

その後はサイクルパラシュートというこれまた「ペダルは結局何のためについているの?」という小さな突っ込みを入れたくなる乗り物に乗り、ちょっと観覧車気分を味わいました。流石に集中して漕ぐことが厳しくなってきたので「サイクリング」を提案し家族でサイクリングすることに。このテーマパークの売りが自転車ですから、それはもう力を入れてサイクリングコースが作ってありました。一部には「激しすぎちゃう?」と疑問にも思いましたが、車も歩いたり走ったりする人も気にせず走れるのは気持ちが良かったです。よせば良いのに3キロのコースを3周してしまいました。

もちろん足はかなりパンパンになりましたが、総じて感想を申せばなかなか楽しかったなあと思います。想像以上にトイレ等もきれいにしてありましたし、近年色々リニューアルしたようで某●ンリオ系テーマパークなどと比べればきれいで安心感がありました。もう一度行くか、と言われると微妙ですが、年1回ぐらいなちょうど良いかも知れません。

帰宅後は、メールを頂いた(皆さん土日に熱心ですね…お陰様で小職の頭も多少疲れさせることができそうでよく眠れるかもデス)それぞれについて確認したり返信したりしていました。そろそろ風呂に入り足をマッサージしようと思います。結局うまくダメージが残らないようにセーブする、なんてことは難しいですねえ。明日朝階段を降りるのが怖い…。

2010年10月15日 (金)

朝はエアコン、夜はシートヒーターをオン

今日は、京都奈良方面へ車で出かけました。朝は陽射しがきつく、エアコンを入れないとやってられないぐらいでした。現地近くで昼食を取り本屋へ。ずっと待っていた「中原の虹」3巻と4巻を早速手に入れスタバで読んでいました。

午後からは現地に向かい打ち合わせを進めました。何だかんだと色々お話ししている内にあっというまに夜となり(日が暮れるのが早くなりました)、帰りは夜道のドライブ…。丁度帰宅時間に重なったため随所で渋滞していました。結構肌寒く、シートヒーターってじんわり暖かくていいなあと思いながらダラダラと運転していました。

朝夕の気温差が激しく、調整に悩まされますね。仕事場の今の気温・湿度は28度・45%です。結構快適な感じ。おそらく昼間いない間に太陽光で暖められていたのでしょうね。

2010年10月14日 (木)

合同会社を作る~会合2回目

昨日は、関西のCTPを中心にチームを作ろう、ということで始まった会合の2回目でした。色々議論がありましたが、エンティティは合同会社(LLC)にすると新しいかも、という話になり、とりあえず代表者なども決定しましたので、後は出資金を持ち寄れば登記できるという展開になりそうです。メンバーの中に司法書士の先生もおられますので話が早く、今月中には登記持ち込みということになるのではないでしょうか。

名称についても確定しましたが、登記するまでは内緒ということで。早速来月から営業するで!と世話人の先生は張り切っておられます。うちの会社は案外関西は細々とやっている面があり、期待しています。

どうやら金融円滑化法も延長されるようですが、一方で金融機関の皆様も「安易な先送りだけでは本当に後で困るなあ」ということを実感されている今日この頃だと思います。「結局後で困るんなら、リスケを受ける時にもう少し突っ込んで考えよう」という展開でお手伝いできれば何よりです。本当に「もう少し早く関与していれば…」と思うケースが多いですから。

2010年10月12日 (火)

午前に出荷、午後結果待ち…

今日は自宅作業日です。「今日の午後ペーパーを●●に見せます」という案件が複数重なっていて、朝から修正作業をしたりコメントバックしたりを交互にやっていました。それぞれ「これで出します」という段階になりましたので、昼前にはしばらく放置していた免許証の住所変更に行ってきました。

役所というのは相変わらず待たされる訳ですが、今日は面白いやりとりがあり、少し待ち時間が短く感じました。

まず見た所、「おじいさんが視力検査の機械を覗き、婦警さんがやや強い口調で説明している」という状況でしたが、どうやら3本の棒のうち、真ん中の1本が前後に動いて丁度3本が横一列に重なったときボタンを押す、という検査のようでした(後で調べた所、「深視力検査」という大型免許の更新の際に義務づけられている検査のようでした)。

模型を使って婦警さんが要領を説明されていたのですが、おじいさんはさっぱり聞いておらず、「分かった?聞いてます?」「・・・(黙って機械を覗く)」という感じでやたらと機械を覗き、ボタンを押し、「ああ・・まだ早い」とか婦警さんに嘆かれていました。そんなやりとりが2クール以上あって「休憩する?」と気を遣われ2回ほど休憩されていましたが、しまいには検査を始めていないのにボタンを押したようで「まだですよ」「以前やった検査を思い出して下さい」「棒が見えてますか」などと婦警さんも必死で、傍目からはそのおじいさんには視力か認知面で何らかの問題があるとしか思えず、やりとりに笑みを浮かべつつも「こんな人の免許を更新して大丈夫だろうか?」と正直見ていて不安になりました。

すると突然、おじいさんが「ああ分かった。わし『下』の方見てたんや」と言って納得しだし、4回目のトライで一応合格したようでした。「あんな小さな覗き穴の中に、よそ見するほどのどんな世界が…?」とメイクワンダーな感じでしたが、どうなるか気を持たせながらも新喜劇風で退屈しませんでした。本人はいたってマイペースで怒るでも焦るでもなく人の話を聞かない以外は素直に頑張っておられましたし、婦警さんはべたべたな関西弁で根気強く真面目に説明しながらあしらっておられて距離感が面白かったです。窓口業務は大変ですねえ…。

帰宅後は、それぞれの案件の結果ご報告を待っている状況です。仕事場は30度あります。まだまだ日中は暑いですね。

2010年10月11日 (月)

初めてUSJに行きましたが…

昨日は生まれて初めてUSJに行きました。ここ10年ほぼ大阪に住んでいる身としてはやや恥ずかしいですが、子供も耐えられる年齢になったのかなあということで。

2010101011150000

天気はころころ変わりましたが何とか1日持ちました。行って驚いたのは来場者の多さです。昼前についたのですが、チケットブースで30分以上並んでいました。その間、特に係員の方が列を整えるでもなく、待ち時間に期待を膨らませる演出をするでもなく、ただぼーっと合っているのか何なのかも分からないまま。やっと年間パスを買って入場すると、そこはアメリカ…?というほどの感動はなく。舗装や縁石など随所にコストダウンしたんだなあというのが見え見えに思えたのですが。また、ゾーニングされているのでしょうが、分かりにくい。建物もスタジオ風にしたかったのでしょうが分かりにくい…。スタッフの方々もバイトが大半?というぐらい切れがありませんでした。東京ディズニーランドのはまり込みぶりと比べたらいけないのかもしれませんけど。そう言えば駐車場の段階でシステム面(駐車料金徴収ゲートは複数、そこからいきなり1車線へ誘導する「感じ」…人的説明・誘導は何もなく、突然車の列が割り込み割り込みになるのではっきり言って混乱状態…そこをクリアして落ち着いたあたりで意味なく立っている係の方…給料泥棒をいきなり発見)がいい加減など、入り口からして3セク的甘さが目立ちました。

あまりの待ち時間(2時間前後)に断念したアトラクションも多いので評価は完璧にはできませんが、例えばバック・トゥー・ザ・フューチャー・ザ・ライドがやたら動きが激しくてほぼ乗り物酔いをしたことがない私でも気分が悪くなったり(後から出てきた別のグループの連中もそうこぼしていました)、バックドラフトは前説部分がうざい割にクライマックスは激しすぎ(心臓の弱いヒトはヤバイかも)など、何だか独りよがり、もしくはテキトーな感じを受けました。

テーマパーク全体のコンセプト・統一感の検討がしっかりしていないからこういうことになるのか、敷地の狭さ・予算の問題でこうなるのか、教育の問題なのか、おそらく全てだと思いますが、期待比落差大でした。今は10周年ということで年パスが半額(2回行けば元がとれる)なのが幸いで、もう1回ぐらい行けば充分、という印象です。もっと色々工夫できそうな気がしますが。正直子連れならひらパーなどの方が良いです。大人のテーマパークを目指したのでしょうけど…。それにしては細部が詰められていない(むしろ投げやり)。10年後存続しているのか怪しいとさえ思いました。

2010101021120001

夜の雰囲気は結構良かったのですけどね。最後に褒めておくと、夜のパレードはこれまで色々なテーマパークで見てきた中では一番きれいだなあと思いました。比較的電飾系装置が新しいのか、資源をここに集中しているのか分かりませんが、「やるなあ」と素直に感心しました。とはいえ、USJらしいキャラクターがほとんどおらず、何故かディズニーアニメ系だったりサンリオ系だったりするので「うーん」と困惑する部分もあり。ここら辺も統一感のなさなのかなあと苦笑せずにはいられませんでしたが…。

2010年10月 9日 (土)

家の前で…サワガニ!?

家の前で…サワガニ!?
今日は大雨でしたので、USJを諦め近所のモデルハウス見学へ。●ジ住宅さんという一部上場会社さんです。チラシの間取が変わっていたのでちょっと興味を持ちました。
さあ、車を出そうと玄関を出ると、何だか赤っぽいものがL字溝の上を動いてました。近所にあんな葉っぱの木あったかな?と思いながらよく見るとカニ…でした。どこかの家から脱走したのか、雨で流されて?きたのか分かりませんが、元気に歩いてました。
意外な出会いにビックリした朝でした。ちょっと写真は分かりにくいですが…。

2010年10月 8日 (金)

営業の電話を頂く

今日は自宅作業日でした。今は遅まきながら情報交換へ出向く所ですが…。
ある件で取り急ぎ計画的なものを作らないといけないミッションがあり、朝からお電話で細かい点を確認したりしながら作業していました。めでたく昼頃にその作業は完了し、暫し満足感に浸っていました。
意外なお電話を頂いたのは午後でした。ある出版社さんから「ホームページを見た」ということでのお電話でした。
また、自費出版とか怪しげな話かな?と思いつつお話をお伺いすると、社史編纂などをメインに真面目にやっておられる感触でした。
以前案件を通じて学びましたが、所詮こういう本は流通しません。先方さんも、セミナーなどを開催しながら使う販促ツールとして、というお話でした。まあ、頑張って作る自己PRのようなものですね。
必要ないとは言いませんが、100万円ぐらいはかかりそうなお話だったので、やめておきました。
近々グループで本を出すかもしれませんし…。また、ついついインパクトを出そうと120%書いてしまうと世間にいらん評判を撒き散らす可能性もあります。それは余り目指す方向ではありませんので。
また金が余っていて、かつ機会があれば検討してみたいと思います。
雨が降ってきました。3連休の天気はあまり良くないみたいですね。今更ながら初めてUSJに行ってみようと考えていたのですが。

2010年10月 7日 (木)

JALよ・・・2度滅びるのか

今日は南九州へ日帰りでした。朝5時起きでしたので空港までの道が空いていて気持ち良かったです。もう朝5時台はだいぶ暗くなってきましたね。

アポイントは、今後3ヶ月の行動計画案の最終確認というところでした。表面上は厳しいことを色々申し上げましたが、内心では皆さんの議論のレベルや取り組み姿勢などが随分変わられたなあと感心していました。勿論まだまだやれていないこと、目指すべき到達点は高いところにあるのですが、方向さえ間違っていなければ、そして企業が何とか生き延びている限り毎日近づいていけるはずだと手応えを感じました。

一方、大阪空港につくと、JALの組合の方々がビラを配っていました。沢山組合がある会社さんなのでどの団体なのかは知りませんが、「整理解雇に反対」「安全のためにはこれ以上の人員削減は危険」「計画以上の結果を出しているのに理不尽」といったトーンのビラでした。確かに飛行機を完璧に安全に飛ばすことは難しく、整備にベストを尽くしていても実際にはそれなりの便数が何らかの小さな不具合を抱えて機長判断で飛んでいたりする訳ですし、パイロットさんも健康診断に引っかかると即アウトだったりと非常に厳しい世界ではあります。

しかしどうなんでしょう。航空キャリアのお仕事だけが特別に大変と言って良いのでしょうか?職業に貴賎はなく、それなりに皆さんしんどい思いをして仕事をされています。リストラも常態化してきています。JALさんは最近定時発着があんまり守れていない気がしますが(ギリギリの行程の場合は絶対に乗らない)、偉そうに権利を主張している場合なんでしょうか?まずは結果を出してから世間にアピールすべきでは?と困惑しました。

しかも、LCCなどがそろそろ本格的に参入してきます。価格競争に陥った場合、こんな甘いことを言っていてはまず勝てません。定時運航が守れないのにANAと同価格で勝負と言われても消費者としては呆れるばかりです。最近はANAさんが徐々に無料サービスを削減し事実上の値上げを図っている一方、JALさんは飲み物サービスは積極的に行いつつ、CAさんが若めで見目麗しいという微妙なお得感の差があるようには思いますけれど・・・そんな所で許してくれるほど甘くはないでしょう。

経営陣は特権意識、現場は被害者意識、というかつての体質(およそ傾く会社はそんな感じですけれど)をひきずったままでは顧客不在も甚だしい・・・と呆れるやら嘆かわしいやらで、しばらく考えさせられました。JALさん、もう一度滅びる気ですか?ANAさん独占になってしまうと色々な意味で消費者は悲しいんです・・・。

2010年10月 6日 (水)

バディにさよなら

今日は朝イチ便で帰阪する予定でしたが、午前中銀行さんとのミーティングがあるということで、急遽参加させて頂きました。昨日遅くまで会社の方が準備されたお陰で、説明自体はすんなりと理解頂けたのかなあと思いました。方向性についても密度の濃い議論ができたのでは?と思います。まあ当方ほとんど発言の機会はありませんでしたが・・・。

空港までの道のりは、丁度時間帯も昼頃でおおむね空いていましたが、時々助手席の辺りで妙な音がするのが気になっていました。たまたまバッタがはねているのを目撃してしまい、気になって気になって・・・それにしてもいつ入ってきたのでしょう。不思議です。車を停めて追い払う手もありましたが、まああまり害はないだろうと放置していると、助手席の窓硝子の辺りまで上がってきました。すかさず窓硝子を開けて「出て行け~」と念じながら車を走らせました。

信号待ちの合間に気がつくと足の先以外ほぼ外に出ていたので窓硝子を閉め、車内からの排除に成功。しばらくドアの外にしがみついていましたがどこかで降りたようでした。バディにさよならした後は、ちょっとすがすがしく、ちょっと寂しいような気持ちになりながら空港へ。

結果的に早めについたので、急遽JAL便を予約しました。たまたまクラスJがある便だったのでご褒美にとってみましたが、機材到着遅れで出発が遅れるわ、隣の紳士二人連れがようしゃべるわ(沈黙時間0・・・知ったかぶり発言に心の中で「違うよ」と突っ込んだりと時々楽しめましたが・・・)でやれやれでした。それにしてもJALは定時発着が守れていないと思います。これで再生していると言えるのでしょうか?モラールが低下しているのか、定時発着への拘りがコストアップにつながる(顧客離れになるので流石にそういう理屈はないと思いますが)という分析でもあるのか知りませんが・・・。

昨日、ある高齢の方の訃報を耳にしました。その方は公的な使命感を持って夜遅くまで仕事をされたり(部下の方々にはきつかったでしょうけど・・・)、真剣に債務者や銀行に対して怒れる方でした。強烈な個性でしたので敬遠・批判等もそれなりにありましたが、揺るがない自分というものを持っておられたと思います。

公的ポジションを辞められ、まだ1年程度しか経っていません。第三の人生を悠々自適に過ごされると思っていましたが、あまりにも早い・・・。

今日も別の銀行の方とその訃報についてお話しましたが、その電話を切ったあと、「ビジネスパーソンは、自分がいなくなった後にどれだけ語ってもらえるかが本当の価値なのかもしれないなあ」と思いました。ご冥福をお祈りします。

2010年10月 5日 (火)

午後、会議漬け

今日は朝二便で南九州へ。現地空港到着後、ぶっ飛ばして現地へ向かいました。ややチャレンジングな時間設定をしてしまいましたので、昼食抜きも覚悟しつつ、10台強を追い越して走りました。田舎道はのんびり走るには良いのですが、やや急いでいる時には困ります。飼料関係と思われる特殊車輌や運搬関係の車、軽トラなどが次々と現れ行く手を阻みます。それでも昼飯時間確保のためしぶとくパスして進みました。

午後からはクライアントさんの打合せに参加しました。経営計画についての議論だったわけですが、なかなか議論はまとまらず・・・。

時々同じことを書いていますが、会議の進め方にはコツがあると思います。まずは目的を示すこと、レジュメを共有化すること(紙が間に合わない場合はホワイトボードや黒板でも可)、会議の時間を決め、できるだけ時間内に終わるように進行すること、といった点です。そうしないと、発言のための発言や堂々巡りになどグダグダになりがちです。元々会議嫌いな私が、手早く終わりたいと思いながら色々な方のノウハウを盗みつつ工夫してきた点です・・・。後はできるだけ人数を絞ることも大事ですねえ・・・。

2010年10月 4日 (月)

新たな展開の予感

昨日は日曜日でしたが、関西のCTP・・・全員ではありませんが・・・で法人組織を作って金融機関さんなどのニーズに応えてみよう、というお話がありました。確かに(たまたまというのもありますが)足元の仕事に停滞感があったり、いつまで一人でやるんだろうなどとふと考えたりしていた今日この頃、丁度いいお話ということで真剣に考え始めているところです。

マイホームを建てるという最初の目標を果たした今、やや気が抜けていた面は否めませんが、10月からはまた違う風が吹いていくのではないかと気持ちを入れ直しているところです。

今日はそのお話を更に詰めるために意見を整理したり、明日の別件のアポイントのために資料を読み込みんだりしていました。

おそらく深夜に最新版が送られてくるので、明日出かける前に印刷し目を通しておく必要があります。不思議なもので、忙しくなってくると、それがどんどん加速するものなんですよねえ・・・。

現在、仕事部屋は28度53%です。薄着で丁度いいぐらいです。窓を開けてみると外は結構寒いですが、FPの家は外の気温に比べ室温が余り大きく変化しないようです。今の所。

2010年10月 2日 (土)

運動会日和

今日は子供達の運動会でした。午前中は特に天気が良く、とても秋ではないなあ・・・と弱りました。生徒数が少ないので父兄もそれほど多くなく、ノンビリした雰囲気で見られたのは新鮮でした。これも少子化の流れか・・・自分の頃は11クラスとかいうこともあったなあと時代を感じたり。

家から近いので一旦大人は昼食をとりに帰宅し、午後からは日陰をゲットして秋の爽やかな風を味わいました。あまり荒れていない小学校のようで、素朴に頑張っている印象も新鮮でした。

合間にスケジュール調整のメールをやりとりしたり電話があったりと相変わらずオンオフはシームレスでしたが。帰宅後は昨晩未明に頂いた資料を打ち出し、じっくり読んでいました。やや頭が太陽熱でやられ集中できなかったのはご愛敬・・・?この件についてはどういう風にまとめていったものか、良く考えつつ議論の場でアドリブしないといけないんだろうなあと思っています。

実は明日仕事で少し出かける予定です。新しい取組みの話なので、どういう展開になるのか楽しみにしています。

それにしても今日は暑かった・・・。子供達にはタープがセットされていて、えらく大事にされているなあ、と少しうらやましかったです・・・。

仕事部屋は流石に30度・湿度52%です。今は17時前ですが、日中の太陽熱でかなり暖められていたんでしょうねえ・・・。湿度が低いとまあ過ごせなくもないですね。

2010年10月 1日 (金)

異動の季節ですねえ

今日は世間の年度で言えば下期の開始となります。ということもあるのでしょうか、お電話をかけた某銀行本部の方や、別件でクライアントを担当されている支店課長さんなどがご転勤となったとお伺いしました。誠に僭越ながら皆様ご栄転先がそれぞれ「なるほどなあ」という異動で、銀行さんの人事部というのもなかなか良く考えてはるなあ、と今更ながら感心しました。

このように各方面に連絡をとりながら来週のスケジュールや動き方を詰めたり、気が早いですが11月のバンクミーティングに向けた資料案を作成したりしていました。ようやく来週からは忙しくなりそうです。

合間に、玄関に置いていたサンスベリアが一枚根腐れを起こしていたのを発見し除去したり(届いて以来2ヶ月ぐらい水もあげていないのに・・・葉っぱの先が予め切ってあったのですが、ネットで調べるとそこら辺が原因のように推察されます)、昨日届いたファブリックアートを壁にかけたりしていました。

Dscf1816

ルネ・デューという店(正確には梅田はハービスプラザENTのイルムス内)で購入したポピュラーな柄のヤツです。これでようやく「白い家」を脱することができたような気がします。暖色系ということもあり何だか少し元気が出ました。

本日は暑い日でしたが、エアコンなし、窓開けなしで15時半頃の仕事場は28度53%ぐらいでした。特に問題なく過ごせました。現在17時半頃で窓を1ヶ所開けて28度48%というところです。明日は子供の運動会ですが、天気は曇りのようでありがたいような、少し残念なような・・・。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック