無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 外構工事も完成に近づく | トップページ | ローン実行間近、司法書士の方と面談 »

2010年8月22日 (日)

猛暑だけにFPのありがたさが分かる…かも?

今日は、親と妹達がFPの家の体感と新築訪問を兼ねて我が家を訪れました。まだエアコンが復調していませんし、取り替えもまだなので体感的には期待の7割ぐらいなのですが、それでも絶賛されました。確かに昔の戸建て住宅は断熱?何それ?ですし窓ガラスは単層でサッシもアルミ…窓の近くに座るだけで熱中症になる可能性大です。勿論現代の複層LOW-Eガラス+樹脂サッシでも熱線はそれなりに感じますが、倒れるまでの強烈さはないのかなあと思います。自称「変温動物」の親父以外は「暑くてとても居てられない」「帰りたくないぐらい」と言っていました。

エアコンを複数台動かしているとはいえ、2階1階各部屋の扉は開け放しでいけるというのも、冷静に考えると結構凄いことかもしれません。エアコンは「エコ快適運転」とか「もっとエコ自動」といった節約モードですのでそこまで強風ではありませんし…。我々の期待が高かったせいか「エアコンがベストの状態であれば、まだまだこんなはずではない」と毎日思ってしまうのですが、実際にはもてる性能は相当程度発揮されているのかもしれません。午後には外気温が35度かそれ以上までいったようで、西向きの玄関から出ると本当に倒れそうな暑さでしたが、玄関扉から中に入るとやっぱり家の中はひんやりしていました。

人間慣れてくると欲が出てくるということなんでしょうか…。この間まで住んでいたマンションは西角だったのですが、夏の西日にはそれはもう蒸し焼き状態でした。何故か毎年この暑い時期は忙しかったりしますが、仕事をしている自分を鳥の丸焼きになった状態として想像しながら、「今俺はジリジリ焼けているな、ポタポタと油が落ちているんだな」と何度思ったか…。元々ついていた古いエアコンはあまり効かず、やがて壊れ、夜は毎夜汗まみれでした。「エアコンを使わず寝る、それが健康なんや」と心に念じながら夏をしのいできましたけれど、今はやせ我慢せず落ち着いて眠れます。猛暑だけに逆にFPのありがたさが分かった1日でした。

« 外構工事も完成に近づく | トップページ | ローン実行間近、司法書士の方と面談 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/36307408

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑だけにFPのありがたさが分かる…かも?:

« 外構工事も完成に近づく | トップページ | ローン実行間近、司法書士の方と面談 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック