無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

昔見た光景

今日は、ある件でトップ会談となりました。本来再建計画(PL)について議論するはずが、方針についての議論となりました。実際にはかなり追い詰められた状況にあるのですが、なかなか議論は生産的なものにならず堂々巡りに。結局方針が決まることもなく誰かのせいにして終わる、といったような余り意味のない会議になってしまいました。

追い込まれた企業さんは、宇宙戦艦ヤマトのように「地球滅亡まで●日」というカウントダウンが進んでいます。認識があろうとなかろうと。波動砲が打てないなら別の戦術を考えるしか生き残る道はありません。その文脈から言えば「今日は時間を1日ロスしたね」とがっかりしました。まさに私が最初に携わった案件(いつかモデルに小説を書きたいと思っています)と同じ様相を呈してきました。あの夏は冷夏だったなあ…。社長さんの意思決定が鈍く用意が調わないまま突入し1週間で事業停止に追い込まれました。あの二の舞だけは見たくないのですが…。

マイホームの方は、壁紙やカーテン、床タイルなどが少し未確定です。現場には行くヒマがありません。家具も未確定、家電も未確定なのでスッキリしません。仕事のことを考えると、これらの事項が全部制覇できるのか不安になりますね。新居に導入予定のコピー複合機についてあっさりリース審査が通ったことぐらいが特筆すべき点でしょうか(素直に嬉しい)。

2010年6月29日 (火)

反転…?

今日は南九州日帰りです。昨晩は早く寝る筈が急遽タスクが発生し22時ぐらいまで仕事をして、更に新居の壁紙(クロス)選びでフラフラになりました。以前選んでいたクロスが廃盤になったとかで選び直しです…。早く「後は待つだけ」となりたいのですが、決めた筈の商品にあれこれと廃盤その他事件が発生し完了しません。睡眠不足と風邪気味もありましたが、「家建てると倒れるってこのこと…?」等と頭をよぎりました。何と無くニュアンスが違うような気がしましたが。
寝苦しくも何とか寝付き今朝は4時過ぎに起きて空港へ。流石に飛行機の中ではコックリコックリ…。ミーティングは気合いを入れていたので大丈夫でしたが、帰りの飛行機でもコックリコックリとしていました。寝言を言っていてもおかしくないぐらいです。
ここ1週間ぐらいプライベートも勿論仕事でも肩透かしやアポの不調、聞いてないよ〜といった爆弾報告など多重攻撃にあい気持が折れかけてましたが、昨日の意外な好反応!辺りから何か反転しはじめたような気がします。資金ぐりがメチャクチャ厳しいというクライアントさんから一部ですがというお詫び付きでフィーのお振り込みを頂いたり、新しい案件の打診を頂いたりと本日は動きがありました。あと、秋口にセミナー講師やりませんかという打診も頂きましたね。苦あれば楽あり、または生かさず殺さずという所で、人生うまく出来てます。

2010年6月28日 (月)

寝苦しい夜は明けるのか?(改)

昨晩は非常に寝苦しく、なかなか寝付けませんでした。風邪気味ということなどもあり今朝は(珍しく)テンションもロー気味です。

昨日は、建築現場はお休みでしたが玄関タイルを決めたりするためにサンプルを持参して現場を訪問しました。リビングダイニングを工事用照明がない状態で見てみましたが、曇り空だったにもかかわらずまずまずの採光ではないかと納得。大工さんの車がない状態、かつ足場がない状態で南側から家を眺めたのは初めてだったので写真を撮りました。パティオその他家の凹凸を極力避けるよう間取りを作ったので(貧乏性?)アパートのように見えなくもありません。

Dscf1621

その後、イケアではなく大塚家具(2回目)へ向かい、いよいよソファーとTVボードを決めようと意気込んでいました。しかしながら残念…サイズの問題やその他の要因により、数時間滞在したにもかかわらず1つも決まらず。このままいくとTVだけ購入して床に置き、床に座って見るなんてことも充分あり得ます。

その疲労感(徒労感)に加えて気落ちする電話を頂いたりして、とどめに寝苦しい夜で今朝はローテンションとなった訳ですが、本当にFPの家ではこのような不快な夜がなくなるのでしょうか。そう信じてあと1ヶ月耐えようと思います…。

今日は午前中のアポイントと夕方のアポイントという「スプリット」なので、間の時間をどうやって潰すかという別の問題もあります。もうすぐ6月も終わりです。早いですね。

(追伸)

午前中はある案件で融資のご相談に伺いました。やや遠隔地ではありましたがいつも通り早めに到着し、水分補給(陽射しもあり凄く蒸し暑かったですね!)とトイレをどうしようかと周りを見渡すと、昔懐かしのまんが喫茶がありました。ネットカフェではない純粋なまんが喫茶です。テーブルゲームまであってニヤリとしました。そこで期せずして「あっという間に売り切れてしまったらしい『ハガレン』の最終回が掲載されている月刊誌」を発見し、速攻で読みました。案外ほぼハッピーに終わるんだなあという感想でしたね。

アポイントの方は意外にも?歓迎頂き勇気づけられました。「続き」がありそうなニュアンスで面談は終了しました。案ずるより産むが易し…となるのでしょうか。その後、夕方まで時間を潰し、アポイントに向かおうとした所「今日は無理」との連絡が…実際には歓迎すべきことではないのですが、「これで予定より早く帰れる」とそそくさと帰路につきました。正直な所、睡眠不足&風邪気味だったので今日は早めに寝れそうで良かったですわ~。

2010年6月26日 (土)

巾木がつく

今日は午前中マイホームの建築現場を見学に行きました。その後、定例のアポイントへ。道の選択を間違えたのかやたらと混んでいて予定より30分以上かかってしまい、昼飯はコンビニで適当に買って食べる羽目に。

マイホームの方は既に内部造作段階に入っているので、外見上は大きな変化が見られませんが、室内ではそれぞれ細かい仕事が施されていました。

一部では「巾木」がついていたりして、いよいよ壁紙を貼るんだな、と思わせます。私は今日まで、「壁紙を貼った後、端の始末を隠すために巾木を後から打ちつけるんだろうな」と勝手に勘違いしていました。実際には先にリフレホワイト(トステム)の巾木がつけられ始めています。

Dscf1619

また、寝室には可動間仕切りがセットされていました。最初は夫婦同室(かなり久しぶりです…)の予定ですが、睡眠に関して神経質な私は、絶対に寝室を分けて使えるようにしたいと主張し、場合により仕事部屋にベッドを置いてやろうかとも思いましたが、仕事中毒(ノイローゼ?)になってしまう恐れがあるのでこのような結論になりました。分けるとそれぞれのスペースが狭くなってしまうのがやや悲しいところ。

Dscf1617

その他には、小上がりになっている和室の床下収納の造作などが進んでいました。

Dscf1616

おそらく来週ぐらいから壁紙を貼り、その後は水回りの住設機器が設置される予定です。完成が少しずつ近づいているなあと実感しました。明日はイケアにまた行くことになっています。ワードローブシステムをクローゼット部屋に組み込む予定…。世の中のメーカーさんが作る商品は割高な上に意外と気が利いていなかったりするもので…。

2010年6月25日 (金)

衝撃を受ける

今日は朝イチ月末の請求事務関係を行ったあと、ある案件の打ち合わせを兼ねてランチミーティングに出かけました。大阪に出かけたついでに弾を仕込んでおこうと、待ち合わせ場所の近くの本屋に入った所、シリーズものの最新刊その他4冊も買い込んでしまいちょっとほくほくしていました。

ランチは中華を食べましたが、出し方や盛りつけは兎も角まずまずの味でした。しかしお話の内容はかなり衝撃的なもので、「この仕事はどこまで行っても終わりがないのかもなあ」と虚無感に襲われました。他にも新しい案件のご相談が…というアポイントでしたが、結局衝撃を受けたその件の話で終始してしまいました。

少なくとも再生適状の会社については情報を多面的に見ないといけない(逆に言うと役員・従業員その他関係者が言うことをそのまま信じてはいけない)、と常に心がけてはいるものの、むむ、そうきたか、と少し動揺しました。確かに以前伺った話をよく考えると裏を返せばそういうことかもしれない……と思い当たる節がないでもありません。

そんな不穏な気持ちを抱きつつ、週末となります。明日も1件アポイントがあります。我が家の進捗を見に行く隙がなかなかありません。

2010年6月24日 (木)

日帰り出張。

今日は朝イチ便で飛び立ち、最終便で帰ってくるいつもの?日帰り出張です。会議は盛り上がり、結局昼飯を食べる余裕なく、帰りの電車の中でおやつを食べました。セブンイレブンで買ったそれらのスイーツのうち、キャラメルプリンはやや甘めながら結構うまかったです。

出張帰りは疲労感と妙な達成感がありますが、今日はパソコンを持って行っていなかったので身軽だったのか、疲労度自体は高くありません。また、アルコールも入っていないので久しぶりの休肝日でもあります。ということでとっとと風呂に入って早めに寝ます…。多分…。

2010年6月23日 (水)

熱を入れて面談する

今日は、ある案件で部長さん・課長さんと面談しました。仕事の内容・仕事への取り組み姿勢・事業計画の考え方などについてヒアリングするためです。他部署のヒアリングもたいがい終わったため全体像がつかみやすくなり、おっしゃっていることが多面的に理解できて有意義でした。また、問題意識を持っておられる方々で、「こんな社員がいる会社にはなんとか生き残ってもらいたいなあ」と正直思いました。

私が事業再生に携わることになった最初の案件(銀行員時代)に類似している部分が多く、しかもその最初の案件は大失敗に終わっていることから、余計に本件について「何とか再生して欲しい」という想いが強まります。とはいえ、残された時間は余りないなあと感じました。

皆が立ち上がるのが先か、「状況」が押しつぶすのが先か…短くも「熱い」夏になりそうです。

2010年6月22日 (火)

西日で熱射病?!

今日は自宅作業日でした。朝イチはある件の計画策定作業をしていました。質問・コメントに対するご回答を待っている状況ですが、やれることをやっておくということで。

その他電話連絡・メール・アポイント調整等を進めながら、第2弾の作業として「お金を借りるための計画」を作成していました。弊社には時々金融機関さんからDMが来ます。「顧問先でお困りのことはございませんか?」書いてとあるのでこれ幸いとアポイントをとりました。

資料は当初パワポで簡単なものを作成しかけていましたが、今日数字もほぼ固まったので、見栄えも少しは気にしようかと手を入れ出すと…やはりあっという間に時間が経ちました。昼食を挟んでからはやたら眠気のような頭がぼーっとするような状況になり、風邪?とか思いながらしぶとく作業をしていましたが、ふと気づきました。毎年恒例の夏の西日攻撃でした。クーラーを入れると途端に身体もほっと楽になり、頭の回転も少しもどってきました。恐ろしいですね。気がつかなければ体調を崩していたかも…。

新しい家では南向きの特等席を獲得したので少なくとも西日攻撃はありません。後はFPの遮熱シートと断熱、とどめに空調が快適な職場を提供する…はずです。思えば銀行退職前に潜伏していたウィークリーマンション(4年前の夏でした…1人東京に残りパソコンで作業などをしていました)もたいがい暑く不愉快でしたが、それ以来毎年夏の作業には悩まされます。

2010年6月21日 (月)

気軽に出かけ、帰ってくる

今日は、月曜日朝イチ恒例となりつつある、某案件の打ち合わせへ。そろそろ形にして次のステップに進みたい所です。帰ってきてからも追加作業をしました。帰宅後は、昨日回答した案件について追加説明資料を作成。ここ何日か計画の精度設定について悩んでいる案件です。あきらめてさっさと作ることも可能なのですが、そうすれば結局ざっくり作ったのと変わらず、計画合意後もチェック不能となってしまうだろうと思います。一方期限や債務者さんの対応能力限界もあり、どこかで見切りをつけないと行けないのかも知れないところです。何せ先週から悩んでいるのは間違いないところ…。

マイホームに関しては、LEDダウンライトをつけようと思っていた照明器具メーカー(●●ゼン)が「やばい」らしく、仕入できるかどうか怪しい雲行きとのこと。提携先に吸収合併されるのかもしれないそうですが、いずれにしても順調に製品が供給されるか微妙らしいので急遽別メーカーのものに切り替えないといけません。液晶テレビも半導体不足で新製品が出るか危ぶまれていたりと、なかなか一筋縄では行きませんね。もうそろそろあと1ヶ月という所なのですが…。

2010年6月20日 (日)

外観があらわになる

今日は、午前中仕事をした後(昨晩折角メールを頂いたので・・・)、INAXへ玄関タイル・外構タイルのチェックに行きました。案外日本メーカーは保守的な色合いが多いのですが、かといって輸入物系(サンワカンパニーなど)はそれはそれでこれというものがなかったりします。これと思うと廃盤になってしまったり。ある程度無難な範囲でサンプルをもらい帰宅しました。

その後は新婚の頃お世話になった家具屋(枚方家具団地内にあります)へ商談に。おそらく知る限り最安の家具屋なので、ベッド等等高額のものはここに限ります。仕事机も発注する予定です。

昨日は帰ってきてから結局アップする余裕がなかったのですが、マイホーム建築現場で打ち合わせでした。足場がとられ外観があらわになりましたが、案外驚きはなく「ああこんな感じ」という印象でした。監督さんも同様の感想だったそうで。無難な感じにまとめましたからね~。外構でもう少し特徴をつけたい所です。

Dscf1606

写真は、子供部屋につけるガラスブロック(正確にはアクリル)です。シートが貼ってあるので色が分かりにくいですが、きれいな色をしているはずです。

Dscf1611

2010年6月19日 (土)

無駄に空輸。

今日は、久しぶりに大阪へ帰ってきました。昨日も今朝も南九州は雨で、大阪も勿論雨…の筈でしたが、曇天とは言え陽が差す天気です。暑い…。南九州とはまた違うベットリした暑さです。
現地で張り切って大きめのビニール傘を買いましたので、貧乏たらしく持って帰ります。無駄に空輸してしまいましたね。
今日は帰宅後、来月の引越に向けて大型ゴミの処分(新婚以来使っていたタンス…等)、午後から自宅建築現場にて打ち合わせ、と休むヒマなしです。足場がとれて全貌が露になった我が家を見るのが楽しみです。ビフォーアフターのテーマ曲が頭の中で流れそう?!雨じゃなくて良かったです。中身はまだキッチンやらの水回りもついていないので道なかばですが…。

2010年6月18日 (金)

行動計画は実際にやってみないと分からないなあ

今日は朝から夜までヒアリングをしていました。3ヶ月間の行動計画実施状況の反省と今後3ヶ月の行動計画案について議論していたのです。できるだけわき道にそれないように効率的に進めたつもりでしたが、連続で議論すると心身ともに疲労しますね。

この部署は行動計画どおりにやれば実績をあげられるだろう、この部署は苦労するのではないか、などと「予断」を持っていたのですが、実際には反対であることもあったりと「行動はやってなんぼだが結果はやってみないとやっぱり分からないんだなあ」と実感しました。

それでも、ちょっとずつ変化が現れているのは間違いないので、悩みながらも前にすすんでいく、という戦いが続きます。

2010年6月17日 (木)

久しぶりのフライト

最近は関西にいることが増えたような気がします。今日は午前中ある件のモニタリング会議に出席後、その足で久しぶりに飛び立ちました。実際には先週も出張しているのですが、最近1週間前がすごく昔に思えます。

モニタリングの方は、2回目(正式版としては初回なんですが)でした。今回はかなり準備をしたのである程度安心して望みましたが、実際には色々な角度からご質問を頂くので、それぞれどう答えるのか、どう答えるのが話が早いのかなど一瞬で頭の中をぐるぐるめぐります。とはいえ、何とか無事終了しました。

最近、計画を立てたはいいが、予想外の事件が発生し「どうなるの?」というケースが多発しています。また、予想はしていたがそこまで売上が伸びないの?というケースも勿論あり、再生って計画立てたら終わりじゃないよね・・・と実感します。変化があっても知恵を絞って生き延びる、その積み重ねしかないですね。

マイホームの方は、工務店のブログを見ると無事足場がとれたようですが、なかなか見にいくヒマがありません。結構いい感じのようなんですけど・・・。今は壁紙や照明など内部の細かい所を中心にきめているところですが、玄関ポーチのタイルや外構など悩ましいものもありすっきりしません。もうあと1ヶ月ぐらいなんですけどね・・・。

2010年6月16日 (水)

梅雨の晴れ間

今日は、午前中宿題を3件ばかり対応したあと(それも全てPL関係…ちょっとお腹いっぱいです)、午後からアポイントに向かいました。午後のアポイントもPLがらみではありますが、事業面での課題なども含め3件の面談を行いました。

当初は色々と不安に感じることもあった案件ですが、お話を聞けば聞くほど現場の方々の意識・意欲は高く、「なかなかないでこんな会社も…」と思っています。あとは経営面・財務面の問題など「本丸」をどうするか、また現場の総意・決意としてコミットできる数字はどのような水準になるのか…など予断は許しませんが、今日の天気のように梅雨の晴れ間を感じたアポイントでした。

帰宅後もあれやこれやとあり、ようやく落ち着いたのがこんな時間です。明日の朝のモニタリングはうまくいくのかなあと思いつつ今日はターン・エンドです。

2010年6月15日 (火)

どっと疲れる

今日は午前中からある件で大阪へ。午後まで面談等を進めた後退出しました。時間が少しあったので、入院中の時計を引き取りにいきました。

自動巻のブライトリング君は正規販売店で購入した際にきれいなおねいさんに「パワーリザーブがないからゼンマイが巻けているか分からないので必ず10回ぐらい巻いて装着せよ」と言われたので(少なくとも私はそう理解した)律儀に守っているとリューズとケースのネジが摩耗したという症状でした。

結局ケースとリューズを交換、ついでにメンテナンスもお願いしたのでランテストなどの時間がかかりようやく先日修理完了となった訳です。これに懲りて安くて評判が良かったワインディングマシーンを購入して万全の受け入れ体制をとっておりました。早速今は回しています。自動巻って本来エコなんじゃない?でも電気使って巻いてたら意味なくない?と矛盾も感じますが…。

などなど、今は落ち着いて日記を書いていますが、実は帰宅後子供が大事なものを落としたということで休憩すらするヒマなく雨の中探しに行っていました。雨がうっとうしく、落としたシチュエーションも間抜けな話だったのでどっと疲れつつ…。梅雨って色々やですね。

良かったことと言えば、今日の面談で色々手応えがあったことと、休眠中の案件に再開の気配が感じられる電話があったということぐらいでしょうか。まあ、明日からは腕時計がない不便がなくなるだけでもよしとしましょうか…。

2010年6月14日 (月)

ミステリーツアー?

今日は、朝イチ大阪市内でアポイントがあり、その後京都奈良方面へ行くという日程でした。移動手段をどうするか悩みましたが、時間の確実性をとり、車ではなく電車を採用しました。おそらく今まで1度乗ったことがあるか否かという路線に乗りましたが、駅名にもなじみがなく、そもそも乗り換えするだけで「うーん何番線だ?」と真剣に悩みました。

時間帯のせいもあり、その大和路快速の車内は結構空いていました。昼食をとる時間がなかったので駅の売店でパンとおやつっぽい食べ物をかっておいたのですが、車内が更にまばらになった辺りで食べ始めました。誰に気兼ねすることもなく食べられたのでまるで特急列車に乗っている気分でした…。

最寄り駅に着くと、途方にくれました。現地は多分駅からすぐだったはず、となめていましたが、思っていたのと全然違う風景…。30分ぐらいさまよいましたが、結局方向すらつかめずピックアップを要請しました(恥)。そもそも地図すら用意せず向かったのが問題だったのですが、ちょっとミステリーツアーのようで面白かったと言ったら怒られるでしょうか…。アポイントには特に遅れずにつきましたので結果オーライということで…?後でお伺いすると、確かに現地は電車の駅の近くだったのですが全然線が違いました。思い込みで適当に旅するのは危険ですね。少なくとも仕事では。

2010年6月11日 (金)

久しぶりに現場見学

今日は久しぶりの自宅作業日です。午前中は、出張中で未処理だったり昨日メールを頂いたりその他色々の宿題を1つ1つ処理していました。合間に落ち着いて連絡を取れていなかった案件・用件の電話をしているうちにあっという間に昼近くになりました。

いよいよ我が家の建築もラストスパートということで、カミサンは現場に先に行っていましたが、私は仕事もあったので後発です。なかなか終わらない乾燥を中断して人力で絞ったりと苦労しながら洗濯物を干し、それから昼飯がてら現場に出かけました(毛布系…そろそろ仕舞い時ですかね)。

現場では、明日にも足場がとれるとのことで外回りはもう完了のようでした。写真の通り吸気口もセットされ、一応選んだだけあって普通のより少し良いデザインやな、と自己満足に浸りました。実際には結構大きくて弁当箱のような印象を受けます。

Dscf1590

建物の中では、いよいよ期待の?階段ができつつありました。プチ吹き抜けになり、一応シーリングファンまで付ける予定です。階段の手摺りの一部もアクリル透明板とアルミを使った部材を入れ、明るくモダンな感じになる予定です。工務店の現場監督さんは「普通の工務店では(このスペースの中では)難しくて面倒なので絶対やらないです。できあがったらかなり格好よくなると思いますよ。」と凄く自信満々でした。確かに当初の図面から考えれば、踊り場の形式なども含め大きく変更してもらっています(建築確認申請も勿論修正します)。そこまで言われると期待してしまいますね。

悩みましたが踏み板は玄関框・廊下と同じダイケンのビューティアⅡミューズホワイト色にしています。手摺りはこげ茶ですが、全体的にかなり明るい感じになると思われます。壁紙をどうするか(アクセント張りにするのかなど)でまたイメージも変わるでしょうけど…。

Dscf1586

最後は2階のファミリースペースです。1階のLDと同じくウッドワンのうづくりタイプのフローリングです。まだ貼り始め(写真右の方2~3列ぐらい)でしたが、結構いい色だなあと思います。

Dscf1589

仕事部屋には同じくウッドワンのコンビットモノ ウォールナットを貼ってありましたが、予想以上にこげ茶やなあと少し不安に思いました。まあ1番上の突き板は一応天然木なので色落ちしていくのだろうと思います。

他の部屋もたいがいフローリングのメーカーから違うので、そのせいもあるのでしょうけど、「予定より工期が遅れがちで急遽人員投入している」と現場監督さんがおっしゃっていました。いちいちどこを基準に引き始めるか、割付をどのようにするか、などを考えないといけないため打ち合わせ回数が増えるようです。仕事柄、追加で資材や人員を投入するのが響く、ということは知っていますので「収益面でちょっと圧迫しちゃったかもね」と思いつつ、「かみさんはもう段ボールに荷物を詰め始めてますよ~」、とプレッシャーをかけておきました。施主は気楽なもんです。

帰ってきてからは、引き続き頂いたデータの分析とコメントバック、来週のアポイント調整などを地道に進めました。仕事部屋は西日がきつく、早くもクーラーを稼働させました。

2010年6月10日 (木)

旅も終りに…昨晩は心霊体験?

今日は南九州最終日です。昨晩はホテルで更にイベントがあったので、揺れる西日を見ていると急に眠気が襲ってきます。

まず、何故か修学旅行?の中国人とおぼしき若者達と同じフロアになっていたせいで、やたら元気に騒がしく(時折いい発音で英語もしゃべってましたね…やるなあ)最終的にはフロアを代えてもらう羽目になりました。他にもビジネス客はいましたがどうされたんでしょう…。とにかくこれが23時頃です。ようやく静かに眠れそう、と布団に入るといつの間にか寝てました。
しかし、夜中の2時前に「あのさ〜」と話しかけられ、「何や!」と切れ気味に答えつつ目を覚ましました。…冷静に考えると、確かに急なルームチェンジで新しい部屋はツインでしたが、勿論自分は一人です。覚醒するに従って「…?」「…!」とそれに気付き、暫く様子を伺いました。恐らく、ボロホテルなので、前を通る車の風切り音を眠りが浅くなった頭で聞き間違えたのだろう、と思いましたが、一応免責のため?「ごめんな、分からへんわ」と呟き、電気を点けたまま寝ることにしました。携帯を見ると、夜0時頃にある社長さんからメールを頂いていて、しかもいい内容ではなかったので「まさか自殺されたり…いやそんな悲観的な方じゃないはず…」と悩みながら返信しておきました。その後は特に事件なく朝を迎えました。
実際には、朝イチ当該社長さんからお電話を頂き、何とかなりそうというお話だったので二重にホッとしました。
まあ、深夜の出来事が何であったとしても、あのホテルには二度と泊まるかい、と思ってます…。

2010年6月 9日 (水)

北上する。某ホテルの余りの惨状に苦笑い。

今日は、昨日に続き更に南九州内を北上しました。昨日に比べ天気は回復し、ドライブはなかなか快適でした。高速はかなり空いていましたので飛ばしすぎないように気にしながら・・・。

今晩は、明日の更なる北上を前にして某ホテルに潜伏中です。仕事の関係もあって最近は色々なホテルに泊まったり食事をしてみたりしているのですが、今回はかなりやられました。HPではいい感じだったフレンチレストランでは「味見してます?」というぐらい薄味で、フレンチらしさもなく(どっちかというとイタリアン?)、付け合せの野菜も何だか適当な感じで、パンも含めひとつとして美味いものがありませんでした・・・。いや、カプチーノは良かったかな・・・。マシーンなのでしょうけど・・・。シチュエーションとサービスはなかなかなのですが、いかんせん料理が・・・。巷の社員食堂なんかの方が美味しいのではないかとさえ思ってしまいました。19時前後に入店しましたが、私が出るまで見事に来客はなく、ひょっとすると私が本日唯一の夜の客だったかもしれません・・・。まあそうなるわな・・・。調理場から聞こえてくる声も、何だか若手を指導しているようなのですがいまいち共感できないしゃべり方で、ムードも何もあったものではありません。お値段は結構したのですが、経営が苦しくて材料費をケチっているのかもしれませんね・・・。

部屋は・・・安い方のプランにしたせいで築30年?ぐらいの古さでした。それはある意味覚悟していたので良いのですが、廊下にあったビデオカードの販売機は5回ぐらい1,000円札を入れても返却されました。販売中のランプはついていたのですが。まあ、これ以上このホテルの付帯売上を増やすのもしゃくだなあと思い返し、ニンマリしました。唯一良かったのは露天風呂があったことぐらいですね。本当に久しぶりに温泉に入って、前はよくスーパー銭湯にも行ってたよなあ・・・と思い返したりしていました。たまに違うホテルに泊まったりする旅も色々あって面白いですねえ。

微妙に雨男

昨日は、南九州へ出かけていました。大阪はそうでもなかったですが現地ではやや天気が悪く、いよいよアポイントの場所に近づくと小雨が降っていました。計画の作成方法についていろいろと議論したあと、山中に分け入り次のアポイントへ…。前回3月というのに杉林の中で吹雪に見舞われ、江戸時代あたりにタイムトリップしたような気分を味わいましたが、今回は小雨に降られました。曲がりくねった道でほぼ1車線ぐらいしかないので心細いですが、2回目ともなると気持は楽です…。

県境では、口蹄疫対策のための消毒ポイントがありました。畜産関係以外の施設でも駐車場に石灰をまいておられるのでしょう、駐車場から道路に出る部分に白い筋が何本も走っているのが見えました…。

2010年6月 7日 (月)

段ボールの城砦

今日は、朝イチ大阪へ。打ち合わせをして近くのセルフうどん屋で早めの昼食をとり次のアポイントへ。午後からは別件の打ち合わせをしていました。

帰宅後は、朝イチの打ち合わせに関する資料(計画たたき台)作りをしようと思っていましたが、アレやコレの資料がメールで届いていて、確認・コメントバックしている間にもう夕食の時間…。結局今日中にやろうと思っていた計画たたき台作成は夜になってしまいました。

来月末頃の引越しを控え、カミサンは早くも引越屋からもらった段ボールに荷物を詰め始めています。廊下に積み上げられたそれらはまるで城砦…。

2010年6月 5日 (土)

着々と進む

昨日は朝から夜まである案件で出歩いていました。周囲の方々はやる気まんまんなのに「当事者」が見えないという奇妙な構図の案件だったのですが、ようやく当事者が見えてきたような1日でした。今月がポイントの月なので方向性等を固めていきたいと思っています。

今日は京都方面に定例訪問へ。大きな問題はなく短時間で帰ってきました。折角なので昼飯に天下一品のラーメンを食べましたが、歳のせいか夜の今まで胃がもたれています。

帰宅後はマイホームの進捗状況を見に行きました。1週間ぶりぐらいですが、外装では樋がついたり、内装ではフローリングが張られていたりと進化していました。

樋は外装の色と合わせ余り目立たない色を選びました。たまたまですが角形の計上もなかなか良いのでは?と思います。実際には余程マニアの人でないと樋の色や形状には余り注意を払って見ませんけど…。

Dscf1583

フローリングには色々なメーカーのものを使っていますが、写真は「ウッドワン」の「ジュピーノうづくりタイプ(ウレタン塗装)、メープルホワイト色」です。節のないパイン材無垢材を使っていて、柔らかく暖かい肌触りです。無垢材には逆に抵抗があったのですが、暖かさや色味等が捨てがたく、リビングダイニングなどにちらほら使っています。

Dscf1571

最後の写真は前回作業中で撮影できなかったユニットバスです。トステムの「ラ・バス」なのですが、ニューモデルにはなかった天井埋め込み照明を付けてもらったり、壁のパネルを別のグレードのものにしてもらったりしましたが、見かけは至って普通な感じ…。

Dscf1579

2010年6月 3日 (木)

ダブルヘッダー、夕立に降られる

今日は朝イチのアポイントと夕方のアポイントという変則ダブルヘッダーでした。相変わらず良い天気だったので、午前中のアポイントの後は御堂筋を2駅強歩きました。午後3時までに見ないといけないメールや送らないといけない文章などがあり、一方でなかなかインターネットフェも見あたらないエリアなので、某所でメールを使わせて頂きました。まだ時間があったのでしばらく読書などをしてから夕方のアポイントへ。

夕方のアポイントは意見交換のようなものでしたが、少し全体像が見えてきたように思いました。帰りには突然大粒の雨が降ってきて、まさに夕立だなあと弱りつつ帰路につきました。明日も外出しますし、今週は何だかんだと忙しいですね。

2010年6月 2日 (水)

この時間になってようやく落ち着く…。

今日は、午前中昨日頂いたデータの分析・コメント等をした後、引越屋さんが見積もりに来るというので早々に出かけました。時間があったのでまた御堂筋辺りを2駅分歩きました。日なたは流石に暑いですが、日陰は爽やかで初夏らしさを味わえました。午後のアポイントはどちらかというと新規事業計画を作る、という話に近くなり、普段とは少し違う頭を使ったような気がします。暑さのせいか、帰りには多少頭がぼーっとしていました。

帰宅後は、様々な方面から飛んできたメールを確認しつつ、指示に従って計画修正をしたり、来週の出張日程変更等に伴うロジ回りを手配したりしておりましたが、何せ重なる時は重なるの法則であれこれ数件ありますのでまだ実は完全には片付いておりません。

緊急性と頭の回転数を鑑み、一部は明日以降へより分けて、それでもこの時間(22時)にようやく日記を書ける、という状況です。まあ、忙しいうちが華ですので、明日も隙を見つけて仕事を進めて行きたいと思います。また家のことどころではなくなってきました…。あと1ヶ月ちょっとで入居するハズなんですが…。

2010年6月 1日 (火)

死に神の精度

今日は、午前中私用で外出し、帰宅後ある案件の謄本や課税台帳を基に資料作成を行った後、アポイントのために再度出かけました。午前午後とも道は比較的流れていて(昨日も月末なのに空いていましたね)不思議な感じでした。

アポイントの方は、お話をお伺いした限りにおいては事業存続そのものが難しく、また事業を続ければ続けるほど周囲にご迷惑をお掛けするのではないか?と思いました。そこで、その旨率直に申し上げ、善後策等をお話した訳ですが、時折私はこのような「死を宣告する」立場になることがあります。

企業を存続させることそのものも非常に難しいですが、ヤメ時というのもまた難しく、単に悲観的になっているだけなのか、例えば他の人がやれば再建できるのかなど、経営者の方ご自身では分からなくなってしまうことがよくあります。そもそも中小企業では家族と企業も溶け合っていて、余計に問題が複雑になったりします。そんな中、死を告げることで次のステップ・生き方を考えて頂くことも、ある種の使命かもしれない、と思います…。帰路、夕焼けから夜に移り変わっていく風景を見ながら、一応頭の整理をして頂けたかな…と思い、本日の記事のタイトル(正確には「助詞が正しくないですが)と同名の小説を思い出していました。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック