無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 初夏、南九州は快晴 | トップページ | いよいよ来週は盛り沢山です »

2010年5月13日 (木)

自宅作業の合間に現場見学

今日は出張予定等なく、来月にバンクミーティングを(勝手に自分が)予定している案件の計画書案を作成していました。以前作業したものを切り貼りしたり、新しいグラフや文章を作ったりしながら進めていますが、時間が経つのが速いです。

そんな中、「あの件の進捗どうなったかなあ」と連絡をすると、実はこちらが球を持っていることになっていました。そんな…と思いましたが、まあこちらが作業すれば話は進むんだろうなと覚悟を決めてTODOリストに追加しました。これは明日やる予定です。

昼飯がてら、またマイホームの建築現場を見に行ってきました。家の内部構造についても作業が進んでいます。換気の配管や配線が付けられ、釘打ち等を可能にする壁の下地等もどんどん取り付けられていました。ベニヤ板に線を引いて切ってパズルのようにはめ込んでいく…という作業の繰り返しを見て、職人芸やな~自分やとこうきれいにうまくはまらんわな~と思っていました。

Dscf1542

Dscf1546

外は陽射しもきつくやや暑いぐらいでしたが、家の中は断熱のせいかひんやりしていました。このひんやりは前向きに評価すべきなのかどうなのか…井戸みたいなものかもしれません。夏と冬の合間の温度調整をどうすればうまくいくのかなあ、と気が早く考えてしまいました。先日構造見学会に来てくれた親が「音がこもる・反響する」と言っていたので気にしてみましたが、現段階では「そうかなあ」という程度で特に違和感はありませんでした。これは完成に近づかないと本当かどうかは分からなさそうです。一般的にFPは音がこもる・反響するとは聞きますけど、うちはほとんど吹き抜けもありませんし…。

不思議なもので、基礎の段階から「思ったより狭いなあ」とずっと思っていましたが、最近見慣れてきたのか、壁ができたりしてきたためか、「うん、こんな感じかな」と空間の広がりを納得できるようになりました。矛盾しているようですが、壁紙を貼ったり家具を置いたりした方が広く感じるんでしょうね。

作業疲れの現実逃避(ブログ書き)はこれにて終了。そろそろ自分の作業に復帰します。

« 初夏、南九州は快晴 | トップページ | いよいよ来週は盛り沢山です »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/34676516

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅作業の合間に現場見学:

« 初夏、南九州は快晴 | トップページ | いよいよ来週は盛り沢山です »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック