無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 師走へ | トップページ | 年末調整 »

2009年12月 1日 (火)

金融円滑化法成立

昨日、円滑化法が成立したことを受け、FSAでは政令・監督指針・マニュアル改訂等についてパブリックコメントを募集しています。「実抜計画」が歯止めとなっているのは安心できますが、「1年以内に実抜計画を策定する見込がある時」でも応じるべき(応じても要管理債権とならない)というスタンスが明記してあり、微妙です。

要は「うまく銀行は作文せよ、件数・金額で管理するからな。分かってるだろうな」ということで、銀行にとっては断る理由を理論構築する方がむしろ難しいぐらいです。しかし、見切り発車でリスケを受けたとして、1年後経っても債務者がイマイチな計画しか作れなかった時、どうなるのか不気味です。また、本来は抜本的にDDSやDES等を行うべき案件であっても、面倒だとか費用がかかるとか諸々の理由で「とりあえずリスケでいいや。受付・処理件数が稼げるし」という「必殺おざなり対応」が乱発される可能性の方が高いかもしれません。

結局はそれぞれの金融機関のモラルが問われるということになりそうです。件数重視で「おざなり窓口」を組織してフル活用し、良い子ぶって見せるのか(スコアリング融資のようだ)、あくまで原理原則を貫きながらも間口はとりあえず広くとるのか。個人的には、「とりあえずリスケは受ける。しかし3ヶ月以内に実抜計画を提出すること」という条件とし、その間に債務者ががんばって計画を作る…という運営が美しいと思います。実際に今でもそういう運営になっているのではありますが、一部金融機関等が激しく抵抗したりすることもままありますので、今回の措置により事実上の一時停止のハードルが低くなる点は非常にありがたい話だなと考えています。

« 師走へ | トップページ | 年末調整 »

「学問・資格」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/32445280

この記事へのトラックバック一覧です: 金融円滑化法成立:

« 師走へ | トップページ | 年末調整 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック