無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 第二波 | トップページ | ぎりぎり延長戦突入、という感じ »

2009年12月18日 (金)

気分一新

今日は久しぶりに(と言っても1週間ぶりですが)出張しました。朝一便ではなかったにもかかわらず大阪は寒く、そろそろ雪が降ってもおかしくないなあと思いました。出張先は南九州だったのですが、現地は天気も良く、プロペラ機を降りた瞬間「暖かくて幸せだなあ」と思いました。

今週は計画策定作業が頭から離れず、連日遅くまで仕事をしていたのでやや気持ちと体力が弱っていたのですが、窓からの風景や現地の気候に癒され、またアポイントの内容もいよいよ最後の難関に挑むんだな、と燃えてきたりと、気分が一新されました。

なお、行きのJACもそうでしたが、隣の但馬行きもうんたらかんたらで出発が遅れていて、現地からの帰り便も、ANAより1時間早い便がまだ出ていなかったりとJALはとうとう定時出発をあきらめたんではないかと不安になりました。定時発着率などは目標から外されたのでしょうか…。パイロットの操縦も含め航空輸送は緻密な作業とチェックの積み重ねであり、それがために人心・士気の乱れがすぐにあらわれるのではないか、と思います。年金減額に動揺が走ったのか、何か皆さんのモラールを下げる要因が働いているのではないでしょうか。とどめに着陸の時、脚は片付きする上「ドガン」と接地するしで何人かのお客さんが「うわ」とか悲鳴を上げていました。ボンバルディアはあまり宜しくない機材なのでしょうからもう少し丁寧に扱ってくれないと…とひやりとしました。

かくいう私も某UFJが国有化されるか否かと言われ出した頃の行内士気の乱れ、ボーナス80%カットになった時に醸し出された虚無感、段ボール箱が見つかったとの情報が駆け巡った時の馬鹿馬鹿しい気持ち等を思い出します。JALさんの中でも、そのようなやるせないうつむきがちな気持ちが蔓延しつつあるのかもしれません。でも、客は人災で死にたくありません。そろそろ何らかの結論を出してあげないと、このままではいずれ一般ユーザーにまで災難が及びます…。

« 第二波 | トップページ | ぎりぎり延長戦突入、という感じ »

「学問・資格」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/32657685

この記事へのトラックバック一覧です: 気分一新:

« 第二波 | トップページ | ぎりぎり延長戦突入、という感じ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック