無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

時期的なもの?

今日は、大阪近辺で出かけました。朝は作戦会議をし、来週の動き方について検討しました。午後は、とって返して近所で人づてでご紹介頂いた方と面談しました。それにしても往復の1号線の混み方は、尋常ではなかったです。

今日お会いした方は、この1月に立ち上げた会社に勤められているとのことでした。過去のお話も面白かったですが、自分が苦手な業種などでは連携できるかもしれません。

他にもお電話を頂き、来週お会いすることになりました。この方もこのたび転職されたようです。その他にも転職したからメールを頂き電話でお話しました。どうやら、期末に向けてなのかリーマンショックの余波なのか、年明け以降人の流動化が進んでいるようです。そろそろ手元の仕事も納期を迎えます。来月一気に仕上げられればと思います。

2009年2月26日 (木)

2日連続でゆったり作業…とはいきませんね。やっぱり。

今日は自宅作業です。1件再生計画が完了し、1件たたき台を出荷し、あと1件は今日明日でゆっくり丁寧にやろう、と構えていましたが、飛び込みのアポイントが1件入り、「まだまだ大丈夫」と思っていた所、もう1件緊急のアポイントが入りました。俄然作業は一気にやらないとということになり、根を詰めてやっていましたが、どう頑張っても材料が足りないので、その状況を正直に伝達してターン終了、と言う所です。材料が揃えば土日で一気に仕上げたい(というかそうしないと更に別の作業が待ち受けています)のですが、やや実現性は不透明です。

あっと言う間に月末です。交通費の精算や請求事務もあり、外出する用事もあったりで土日も結構忙しそう…。

2009年2月25日 (水)

そろそろ追い込み。

今日は、午前中大阪に出かけていましたが、午後からは自宅作業にて、事業再生計画の仕上げ1件とやりかけのものの作業をしていました。ホント、あっという間に時間が過ぎます。

しかも今日は午後異常に眠くて往生しました。寝た方がすっきりするのかもしれませんが、とりあえず秘密兵器の冷えピタを額に張り、コーヒーを散々飲んでなんとか作業を続けました。

大阪に出たついでに、シリーズものの文庫続編をまた買ってしまいました。現在積読4冊目。貯まる時は一気に貯まります。

2009年2月24日 (火)

手元案件の入れ替えが起こりつつあります

今日は、先般に続き新しい案件で打ち合わせをしに行きました。口頭では「契約したい」とのお話でしたので、問題がなければ獲得になりそうです。

逆に、午後は一旦収束が見えつつある案件について、どこで区切りをつけるか、というお話し合いをしていました。

その後は、別件について電話があり、以前から打診があった話について、「今日始まりました。来月一気にやり上げますよ」というキックオフゴールのようなお話も頂きました。

今週もう1件再生計画を描ければ(やや自信がないのですが)、手元案件の3件に目処がつき、新規案件が2件始まる、という計算になります。今のところ、受注案件が2桁になる…というおそれはどうやらなさそうです。

2009年2月23日 (月)

何だか肩がえらく凝りました

今日は雨があがりかけの関西を出て関東方面へ。現地では雨が微妙にぱらついていて、天気に追いかけられた感がありました。

車中、資料づくりに精を出したためか、風邪気味なのかやたらと肩が凝りました。モバイルPCでエクセルの作業をすると、特にテキストボックスを使うとやたらと遅くなります。この前、同様に車内作業をした時はかなりイライラしましたが、今日は車内販売のコーヒーを飲みながら(期限が私任せという資料であることもあり)ノンビリとPC君のペースで進めました。漢字変換に10秒ぐらいかかるので、昔のワープロよりもダメダメです。そんなゆっくりやっていたのに肩が凝るのも妙なものですが。

今日の打ち合わせは、今後の行く末に漠然とした不安を感じておられた社長さんには有意義だったとのことで、逆に何だか申し訳ない気にもなりました。通常、走りながら、選択肢を試しながら進めるため「これしかありません!」という状況まではなかなか行かないのですが、これまで大分色々試して埒があかないこともあり、今回の手法提案に至った訳です。まだ説得するべき関係者・相手があるため楽観はできませんが、「これしかない!」という不退転の決意で進めることになりました。

今日もありましたが、年明け以降も大型の倒産が相次いでいます。この長く暗いトンネルを抜けるのはいつになるのでしょう。個人的には、失われた10年の唯一の財産である「再生」の経験を、銀行さん達が生かせていないことも1つの要因だと思います。あれほど痛い思いをして経験を積んだはずなのに、不動産ミニバブルに踊り、何階建てにもなったデリバで収益バブルを積み上げ、採用をバカみたいに増やして…銀行経営にも再生が必要なのかもしれません。本来は、当たり前のことを当たり前にやる、だけの話なのですが…。

2009年2月22日 (日)

結局今日も半分ぐらい仕事、か…

昨日は仕事から帰ってきてから家族で出かける予定でしたが、予想外に仕事が長引いたので中止し、今日昼頃出かけました。朝は、宿題の1つであるメールで頂いた資料の検証とコメントを行い、訴訟に関する書面(今回はこちらの反論のターン)の確認と必要資料の準備などをしていました。

帰ってきてからは、残り2つの宿題のうち1つ(明日の新幹線でやろうと思っていましたが、流石に乱暴かなと思い、着手しました)を仕上げてこの時間になりました。流石に夕食後は仕事をしないようにしようと思います。

色々お話を頂いたり、なし崩し的に始めたりしている現状を一応整理しておかないと、と思い手元の状況を確認したところ、契約等実行中案件8件、予材(旧三和銀行用語ですね)4件、うち近々契約になりそうなもの2件ということでてんやわんやです。

金曜日に実行中案件の1つについて一旦再生計画を完成し送付したので、できれば今週中にもう1件再生計画を完成したいな、という希望的腹積もりです。そうすると再び気になる案件は2桁未満になるので少し気が楽になります。しかし、こちらのもう1つの案件は色々と問題点・阻害要因があり、簡単ではないんですよね…。

2009年2月21日 (土)

脳興奮。

今日は、朝3時過ぎまで仕事をしていました。昨日夕方呑んだアリナミンのせいか、怒涛のように押し寄せる仕事のプレッシャーか、はたまた明日は朝ゆっくり眠れるという安心感からか…。一旦寝る体制に入りましたが、全く眠くなる気配がなかったので、再び起きて焼酎をチビチビやりながら宿題(もしかしてあてがわり?)を3つ処理しました。
頭が冴えていたので、結構捗りました。全く手をつけない宿題を抱えているとやっぱり体に悪いです。
今朝は8時前に起きました。午後イチのアポに向かうまでの間に、少し作業をしていました。
今日のアポは、事前に「進展がないので急ぎの用事はないんだけど」と言われていましたが、よくよく伺ってみると案外急ぎの作業がありました。帰って作業するよりは、と出来る所までやって、今ようやく帰路に就いています。1号線が混んでいそうなので、車で来なくて良かった…。
来週の予定がなかなか決まらず、宙ぶらりんのまま週末を迎えました。少なくとも2件以上バッティングしそうですが、音沙汰なしで不気味?です。

2009年2月20日 (金)

作業、そして作業。流石にちょっとあきらめました

今日は、ようやく満を持して自宅作業。1件事業再生計画を完成させました。すっきりしたのもホンの束の間、作業中に決まった来週のアポイントのために作業しなきゃ…と思いつつ、昨日から握っていた宿題に手をつけました。今日午後までかかった計画完成の余波でエクセル計算式の入力が間違っていたらしく、妙に数字がイメージと違い、順番に検証するうちに時間が経ってしまいました。

気が付けば夕食…訴訟関連書類を修正・コメントして今日は終了という所です。宿題の1つは、来週車中でやるか!とちょっと先送りしてみたり。しかも、2件程度新規の話もあり、焦りも感じます。1つ1つやりきるしか道は開けないです…。

2009年2月19日 (木)

銀行のホンネは債務者には理解できない…

今日は、午前中自宅で作業や電話連絡などをしてバタバタした後、大阪方面へ車ででかけました。新規案件のお話だったのですが、想像以上にヘビーな過去と(元銀行員にとっては「それ、支社長×つくよね。もしFSAに言われたらもっと大変なことになりやしないか?」と心配になります)厳しい現実に、どうやったら問題が解決できるのかと何分か考えてしまいました。

大まかな手法はイメージできましたが、後はメインバンクさんのホンネがどこにあるかです。「過去」について重く受け止めておられれば、今手を離すことはむしろリスクと感じるはずで、そうでなければ、本件は全く膠着したまま時間がすぎるのではないかと恐れました。

まずは、近々お話合いの場があるそうなので、「こういったことを聞くと良いのではないか」など、銀行さんのホンネを探る方法についてアドバイスをして帰ってきました。今後どういう方向になっていくのか、目が離せないです。

それにしても、最近特に感じることですが(以前雑誌にも書いたことですが)銀行員はもっとお客さんの立場にたってできる限りの努力をするべきだと思います。結果的にうまくいかなくても、それで恨まれることは少ないでしょう。それよりは、中途半端に距離を置いたり、優越的地位の濫用をしたりする方がよっぽどリスクです。そこら辺は、言った所で理解を得られないのかもしれませんが…。

2009年2月18日 (水)

疲れた…日程をこなした達成感でやや改善。

今日は南九州での日程を終え、帰路に就いています。
朝イチ、隣県から列車の旅2時間を経て、目的地へ。当初予約した時は余裕で朝食を食べる予定でしたが、直近の予定変更でホテルの食事は諦め、ミスドでした。昨日の情報交換で多少飲みすぎた体には、列車の揺れが効き、何度となく浅い眠りに落ちました。
午前中のアポイントは、一進一退の内容のせいか、移動の疲れか、すっきりしませんでした。アポの後、前から狙っていた味噌ラーメンを食べて、少し元気が回復しました(「元祖濃いめ」…創業者は先般破綻し、暖簾分けした分家だけが生き残ったらしいですが、味は変わらずうまかったです)。
午後のアポイントは、循環参照状態が見えかくれして、一体誰の為にやっているんだろう?という素朴な疑問を何度も抑えつつ、それでも抑えきれない部分が出てしまったりして、ややツライ会議でした。
再生案件には、経済合理性以外にも、各利害関係者固有の考え方やこだわりがあり、100点満点は難しいという性質があります。そこをよく見極めて、いかに合格点をとるか、という戦いだと思います。

帰りは、久しぶりに空港までバスでしたが、市街地の不愉快なストップ&ゴーが終わった頃には、短い眠りに入ってました。
空港ラウンジでコーヒーを飲みながらメールチェックと作業をし、送信したらもう搭乗時間…。カフェインが回り、糖も回ったのか、機内食を食べた辺りでようやくヒトココチ着き、気が付いたら怪しかった風邪の予兆(花粉症と両にらみなので判断が難しい)が消えていました。食うこと、寝ることと、カフェインは本当に大事ですね…。

2009年2月17日 (火)

列車の旅です

今日は南の方へ来ています。朝の大阪は結構サムかったですが、流石南国は暖かいです。コートを着ている人が見当たらないぐらいです。
今日は道路事情なども加味し、アポイント間は列車で移動しています。200キロぐらい乗ったという説も。車外の自然を眺め日頃の疲れ目を癒したり、小説の続きを読んだりしながら南へ北へ…。運転しない旅もなかなか良いものです。車内販売がないので旅行気分にはなれませんが…。
アポイントは、それぞれ大きな進展はありませんでした。今日は穏やかに過ぎて行きます…。

2009年2月16日 (月)

厳しい風

今日は古都方面へ行き、とって返して大阪へ出かけました。車だと時間が読めないので電車で移動しましたが、途中で久しぶりに鴨川を見ることになり、何分間かは昔のことを思い出しました。

寒さはそこそこでしたが、風が強い一日で、徒歩が長い工程にはなかなか厳しいものがありました。

朝のアポイントは着々と進んでいることを確認し、来月末頃のクロージングが見えてきたように思いました。色々と細かい問題はありますが・・・。

午後のアポイントでは、長らくフォローさせて頂いていた案件がターニングポイントに差し掛かるのではないか、ということで、いよいよ出番かもしれません。早速帰ってからプレゼン資料を作りましたよ。

冷静に整理すると、二桁の受託件数になる日も近いような気がします。年末より更に環境が厳しくなってきたということなのでしょうか…。

2009年2月14日 (土)

この時期は現代病に防戦一方

今日は朝から事務所仕事です。午前中に細かい事務やメールの返信などを終え、午後からは計画本文の作成を2本やることになっていました。1本目は今までの続きの作業なので淡々と進めればよいのですが、それに関連して急遽昨日発生した新規の方は1からとなるので心理的抵抗が結構ありました。連載を沢山抱えた漫画家とか小説家はこんな心境なのかとか思いながら。結局、秘密兵器の「額に冷えピタ」で目を覚ましつつ作業を進めました。目の疲れも軽減され、集中できるので重宝します。

インフルエンザの恐怖が一旦去った(来週は寒いようなので油断できません)と思うと今度は花粉が飛んでいるような気がします。目と鼻に「そろそろ来たか」という感触がありました。ひょっとすると心理的抵抗もアレルギー反応の一貫だったりして。

ボンバルディア製の機材がアメリカで墜落したらしく、ひとごとではないな、と思います。最近はJALを避けているので乗る機会が大幅に減りましたが、南九州発で中途半端な時間帯の便だとまさにボンバルディア製のQ400とかいう文字が書いてある機材だったりしていました。航空機事故は何故か続く、と言われます。来週乗ることになるので、やっぱりひとごとではないな、と思います。犠牲者の方のご冥福を祈ります。

2009年2月13日 (金)

上京。無用の長物とともに

今日は東京へ向かいました。行く道、700系のぞみで仕事をしようと考え予約してましたが、朝食を摂ったにもかかわらずいつもの調子で30分ぐらい早く着いたため(いつもは、朝食の仕入れや立ち読み・文庫仕入れ等のバッファーをみている)、思わず「前倒しに変更」と飛び乗りました。
パソコンに多少のバッテリ残量を期待しましたが、車中1時間も持たず、何故かやたら動きも遅くてヤレヤレでした。
早めに着いた有楽町では、イトシアの雑貨を冷やかしたり、三省堂書店に行ったりしながら、スタバやマクド等のコンセントを物色しましたが、最悪ネットカフェしかないな、という結論でした。
しかし、ランチミーティングの後は余り時間がなく、午後のミーティングに突入。データを見るのにかこつけて借電を図りましたが、見当たらず。背中のパソコンとアダプタが虚しい重さを主張する中、ようやく帰りは700系のぞみに飛び乗ることができ、朝の続きとメール返信、そして午後のミーティングで発生した宿題を終えました。少し休みの仕事が減ったので良かったです。帰って飲めますね。

ランチミーティングでは、近々独立される方のお話を伺いました。色々な意味で全くヒトゴトではないので、興奮して(?)お話をおうかがいしました。ヒョッとしたら、慢性的な人手不足の解消に繋がったりして…?などとも思ったり。

2009年2月12日 (木)

利害調整というのは一進一退で。

今日は南九州へ日帰りでした。相変わらず穏やかな晴れ空で、帰りたくなくなる暖かさでした。

今日はある案件のバンクミーティング2回目です。どちらかというとプレバンクミーティングに近いのですが。初回に比べると、その間の交渉等もあって少しづつ収斂の方向性が見えてきたように思いますが、まだ先端の開きが大きく、「閉じる」かどうか微妙なプロジェクトです。

ニワトリが先か、卵が先か、という所もありますが、ある程度説得力のある支援依頼内容であったり、事業計画でないと金融機関の同意取り付けを前に進めることができない一方、金融機関としても何か形がないと意見も述べられない面もあり、微妙な空気でした。計画策定担当としては、かなり困ったな、というのがホンネです。

2009年2月10日 (火)

名残惜しくも…。

今日は南九州へ日帰りでした。殺人的に早い朝イチ便で飛び、昼イチ便ですばやく帰ってきたのですが、現地はまさに「キャンプ日和」で穏やかに暖かく、外でボーっとしたら気持ち良さそうでした。

とはいえ、昼便を逃すと夕方となり、帰宅が夜遅くなってしまうのと、やることも色々あるので振り切って帰って来ました。伊丹空港では、雨が上がったあとだったようで風が冷たく、「やっぱりもう少し現地にいればよかった」と妙に後悔しました。

今日の件は、少しずつ前に進みそうです。来週もアクションを予定しています。

2009年2月 9日 (月)

ちょっと前倒ししすぎました。

今日は外出予定がなかったので、最近の未処理事項をそれぞれ片付けていきました。リース車の法定点検、個人の確定申告、最近プロジェクトが終了した案件の資料破棄等です。

確定申告については、今回から12月に年末調整をしたこともあって、1時間もかからず作業は終了しました。証明書を貼り付けたりコピーをとったりする方が時間がかかったぐらいです。一式準備していざエクスパックで郵送しようとした時に、ふと「いつから受付だったっけ?」と疑問に思い調べてみた所、2月16日から受付開始とのことでした。ずっと気になっていたので急ぎましたが、ちょっと早すぎました。今は机の横に一式置いてあります。

今年分からは給料・報酬がわが社1社のみとなるので、いよいよ年末の源泉徴収だけで終わるのかな、とも思っていましたが、よく考えると今年の予定としては住宅購入に伴うローン控除がありえるので、当面は延々と年末調整と確定申告をセットで作業しないといけないようです。

「11日で作業完了!」と思っていた案件があり、一箇所連絡待ちなのですが、頂いた連絡は「決定連絡が予定よりちょっと遅れる」という連絡であったりと、これがなかなか決まらず、ひょっとすると来週に持ち越しになりそうです。予定通り進む案件はなかなかありませんね…。だからといって、自助努力でやれることをやるとちょっと前倒し過ぎたりと、スピードのコントロールは兎角難しいものです。明日は朝イチ南の方へ…。別件の動向も気になる所ですが、新しい案件に関する打合せです。

2009年2月 8日 (日)

スッキリ。

今日は、昨日まで準備していた件の打ち合わせでした。数点追加事項が発生したので、作業をして一応の完成を見ました。

ゲンキンなもので、最終稿をメールしたあとは、何だか気持ちが晴れ晴れです。全然根拠はありませんが、長らくみつからない我が家の候補地もいいのが出てきそうな気がしてきました。

11月あたりから、イマイチ「スッキリ!」していなかったので久しぶりです。今週は今週で新たな展開が色々ありそうなので、それも束の間なのですけど。

とかいっているうちに、そろそろ確定申告の季節です。今回からは、税務署のご指導の下年末調整を1回やっているので二度手間な気もしますが、サクッと次の土日か建国記念の日ぐらいにやってしまいたい所です!

2009年2月 7日 (土)

ひとやま越えた(つもり)

先ほど、明日打ち合わせするための計画たたき台を関係者各位に送付しました。パワポで作ったこともあり、60ページ級になってしまいました。クライアントのご担当者も昨日今日とフル回転して頂いたお陰で、何とか形になりました。

実はこの合間にちょっとした宿題もやりましたので、今この瞬間は宿題が0となったような気になっています。気が抜けて、明日のミーティングに行くのを忘れたりして…。

来週はど真ん中の水曜日に休みがありますが、それを挟んだ日帰り出張が2件入っていて、もしかすると金曜日も含めると週3件の日帰り出張になるかも知れません。落ち着いて一歩一歩着実に進めたいと思います。

だいぶ暖かくなってきたのでインフルエンザはもうそろそろ警戒を解いて良いのかもしれませんが、そうなると次は花粉のやつですね。薬を飲んでも何だかだるくなったりしますし、景気対策のためにも林業にてこ入れして、スギ林を整備してもらいたいぐらいです。構ってやらないから人間を攻撃しているのでは??

2009年2月 6日 (金)

ホントに汗かきました。

今日は南九州へ旅立ちました。意外に飛行機が空いていましたね。
到着が10分も遅れたので、ちょっと元気に走りました。
アポイントは、急遽発生したものも含め3件ないし4件でバタバタしました。経営責任の問題や計画の骨格の議論、新しいクライアント候補とのぶっちゃけトークなど盛り沢山でした。
来週、少なくとも1件、うまく行けば2〜3件が大きく前に進みます。
その陰で、日曜までの締め切り(しかも明日は子供の発表会…今日は徹夜?)があったりでバタバタです。
トドメに、今日駐車場から車を出そうとしたら、千円札が機械に詰まってしまい、かなり焦りました。飛行機の時間にはまだ少しは余裕がありましたが、サービス会社に電話して、車をバックさせ…サービスの人が来たので走って迎えに行き、しかも詰まってしまった唯一の千円札がビリッと破れてコンビニへ万札を崩しに行ったり…と久しぶりに走り回りました。
帰りの市内はやはり少し混んでいましたが、「焦らない焦らない…」と自分をなだめながら車を慎重に走らせました。今の仕事繰りを象徴するようでした…。先週の余裕が嘘のようです。

2009年2月 5日 (木)

資料と格闘中

今日は、幸いにも外出予定がなく、朝から日曜日が締め切りとなっている作業をひたすら続けています。クライアントさんが作られた計画データをまとめる作業なのですが、それぞれフェーズが違ったり、頂いている資料だけでは根拠がよく分からなかったりで噛み応えというか噛んでいるあごが外れそうというか…苦労しています。勿論、会社さんのことをまだ完全に把握していないというのも苦労する要因なのでしょう。

天気が良かったので、昼食は外に行きましたが、あいにくなかなか目当ての店が見つからず長い散歩をしてしましました。

明日は南の方へ旅立ちます。

2009年2月 4日 (水)

波は重なって訪れる。

昨日は結局ブログを書く機会を逸してしまいました。朝から大阪に出て、3件のアポに行った後、帰ってから夜遅くまで今日の準備をしていたためです。昨日は今後の裁判についても打ち合わせしましたが、先方の穴が多く、どうするつもりなんだろうと心配してしまいます。余りに完全勝利するというのも大人げない、とも思っているのですが。

どうなるのか、と連絡待ちになっていた案件2つが、今週大きく再スタートしそうです。これらの事業再生計画を仕上げていく一方で、他にこれから実質的に本番となる案件も始動しそうです。今日東京まで行ってメインバンクさんと打ち合わせしたのですが、びっくりするぐらい前向きな(もしくは否定的態度を廃した)話になりました(どちらかというと今までこちらがメインバンクさんの言葉をきちんと翻訳できていなかったのかもしれない、と反省したぐらいです)。

先週はぽっかりと手持ち無沙汰の時間があったのですが、案の定一気に3つの波がきました。他にも波が遠くに見えているので、次々に乗り越えていかんと、と気を引き締めている所です。嵐が近づいてきました。

2009年2月 2日 (月)

時限性

今日は古都方面へ向かいました。朝早く出掛け、現地近くで時間に相当余裕があったので、ノーブラシ洗車場でさくっと車を洗いました。かなりキレイになりました。洗車したのは本当に久しぶりです…。

再生案件は、時間軸・時限性が最も大きな制約要因です。しかも、内的要因(資金繰りなど)以外にも各債権者の動向や経済の悪化など、様々な外的要因が作用して時間軸を縮めようとします。今日、その縮む音を聞いたような気がしました。快晴の空をすごく皮肉に感じました…。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック