無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« しつこく仕事。 | トップページ | やっちまった。 »

2009年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

個人的には、昨日ぎりぎりまで仕事をしていたこともあり、あまり改まった気持ちになれず、気が付けば2009年が来ていた、という印象です。

一応、昨日中に2件の宿題を打ち返したこともあり、冬休み後半はやや気持ちの余裕をもって休めるかな??と思っています。とはいえ、あっという間ですけどね。

明日は、久しぶりに高校時代の部活のOB会です。結構職種もバラバラで地域もバラバラなので、なかなか集まることはなく、私自身も色々と行けていないので、皆さんの近況に興味津々です。

今年は昨年からの積み残しも含め、少なくとも前半は乱戦模様です。あの件を返したかと思うとこの件で宿題が…とか、スリリングな日々になりそうです。忙しいのはありがたいことです。去年は確か、正月明けは正直暇で、「営業するか」といった話ではなかったかと。時節柄もあるのでしょうけどね。

ちょっと手すきになったので、金融庁のマニュアル改訂の中身なんかも呼んでみましたが、困惑が深まりました。条件緩和債権、って結局何なんでしょう。適当な資料があれば回避できるのであれば、何でもリスケしろ、ってことなんでしょうか?一方、実抜計画の基準はなくなったとも思えず、世論や政治に負けて金融庁が筆を曲げた、との印象を拭えません。個人的には、各金融機関の取組姿勢を問う必要は絶対にある(例えば、何故この債務者は法的整理に至ったのか、それまでにメインバンクとして私的整理の試行等を充分行ったのか、とお上から問うて欲しい)と思いますが、こんな意味不明な基準の緩和はかえって現場に混乱を巻き起こすだけではないでしょうか????

確かに11月頃からリスケの話に対して風当たりは緩くなりましたが、それは決して解決が進むという訳ではなく、単に堂々と先送りしよう!というムードになっただけのように感じます。日本という国民性のなせる業なのか…?

« しつこく仕事。 | トップページ | やっちまった。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。今年も宜しくお願いします。
救える、救えないが世間の風次第で変わるというのはどうも納得行きませんよね。救うべき企業はいつの時代でも救うべきですし、その価値がない企業は残念ながら滅びてもらうしかないと思います。それが判断できるのがバンカーというものではないのでしょうか。ほぼ死語ですが。お上は本来そういったバンカーを育て、阻害要因を取り除くのが仕事のはずで(小さな政府?)、基準を緩めたり恣意的に銀行を潰したりするのが仕事ではないと思うのです。ノンキャリの人や企業を見る目がない人などによって銀行が振り回されるのは誠に本末転倒ではないでしょうか。
判断基準について中途半端な横槍を入れられると、金融機関の中でも変な言い訳や変なロジックがまかり通り、結局3年後にもう一回債権者説明会をやらなあかんということになりかねません。いや、正直こんなに早く不良債権時代がきてしまい、情けないやら(仕事が増えたのでちょっと嬉しいやら)哀しいやら、という気持ちです。
いずれにしても、この半年一年が勝負、という気がします。気を引き締めてやっていきたいと思います。

あけましておめでとうございます。
思わず書き込みです。金検マニュ改訂は確かに???活用次第とは思いますし助けられる企業も増えそうですが。個人的には「もう少し早ければ〇〇社が助けられた」「検査官の私見にて査定が大幅にブレる」等運用が非常に難しい。暫定処置なのか否か、現場の混乱が容易に予想されます(やれやれ)。何はともあれ今年もよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/26716521

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとうございます:

« しつこく仕事。 | トップページ | やっちまった。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック