無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

大阪の隠れ家

今日は朝イチ大阪でミーティングがあり、おやつの時間頃に数駅離れた場所で別のミーティングがある、というスケジュールでした(別にアフタヌーンティーミーティングではありませんが)。

朝イチのミーティングは今後の方向性・進め方を確認するものでした。宿題が発生したのですが、あいにく今日はパソコンを持ってきていませんでした。また、午後のミーティングも今日の朝急にアポイントを取ったために時間が微妙に空いてしまい、どうしようか?と思案しました。

インターネットカフェもどこにあるのか分からないな…と思っていましたが、時計屋の会員向けスペースを思い出し、そこで仕事をすることに。タダでコーヒーも飲め、パソコンも使えたので、まるで御堂筋沿いの隠れ家のようでした。明らかにサボリに来ていたおっちゃん達がいなくなった後は、1人で自分のオフィスと勘違いしてしまう快適さです。ついでに、最近ちょっとリューズの調子が悪いので時計も見てもらいました。

その後は情報交換をして、家路につきました。明日の銀行さんとの面談、どうなることか…。

2008年9月29日 (月)

今週は台風に振り回されるかも…

今日は京都方面で仕事をしていました。その後、所用で奈良方面へ。自宅も含め1日で3都巡りが完成です。

仕事の方は、先日新しく頂いたお話が即死してしまい、ちょっと残念でした。昔の案件に似ているような超難しい局面(個人的には、弁護士の選択も含めもうちょっと前にアドバイザーの方が暗躍すべきではなかったか?と疑問に思いますが)だったので、静かに闘志を燃やしていたのですが。うまく行かない案件はどうしても周りを固める人間も弱い、というマーフィーの法則?はなかなか真実です。

今週は2日に南九州へ向かう予定があるのですが、ちょうど台風が到来するので、当日移動か前日移動か決めかねています。また、前日は空路なのか陸路なのか…。陸路だと5時間とかかかってしまうのでちょっと腰が引けますね。なんせホーミングミサイルのように旅路を狙ってくるので困ったものです。

2008年9月26日 (金)

嬉しい誤算の週末

今日は南九州へ。相棒のデミオは整備が良いのか、なかなか気持良く走れました。
コアバンク数行との協議だったのですが、昼飯も抜いてテンションを保ったまま臨みましたが、意外に暖かい反応?で嬉しい誤算でした。まだ狐に抓まれたような感じがします。何がベストなのかは、結局来期の結果を見ないと分からないですが…。
帰りの空港はごったがえしていて、いつもと違う雰囲気を感じました。そのせいではないのですが、ギリギリのANA便に乗ろうと思い元々予約していたJAL便を後日に振替えようとすると、変更が携帯ではできなかったのでJALのカウンターへ向かうはめになり、後日に飛ばしていたANAの予約を今日の1時間半後の便に繰り上げようとすると金額変更があるため携帯ではスキップ扱いにできないことになるらしくANAのカウンターにも行くはめになり、理不尽なものを感じました。ヘボいスワップディーラーのようでもあります。
誠に今日は予想通りに行かない日のようで。
出発前には、別件の残念な話があり、ちょっとショックを受けていました。物事は「先が見えた」と喜ぶと逃げ水のように掌を返します。搭乗直前に何とか今日の宿題を終え、メール出来たことぐらいがささやかな「予定通り」でした。
来週の予定は、昨日時点でかなり未定だらけでしたが、今日だいたい決まりました。案外忙しそうです…。

2008年9月25日 (木)

振り出しに戻るTakeⅢ

今日は関西にいます。朝イチ大阪に出て、昼頃帰宅し、やや気が早いのですが某社の事業再生計画を本格的に書き始めました。

懸案の「成功報酬問題」は先週末にカタが付いたはずで、今日が覚書書面の提出を受ける期日でした。しかし土壇場になって反応がないので確認した所、払う気がない、と言っていた人がまた同じことを言っているようでした。本人同士で話せということになって、電話で話をしましたが、全く埒があかず平行線に。感情論対法律論なので噛み合う訳もなく。

元々は今週初に弁護士の所へ相談に行く予定をしていて、一旦キャンセルしたのですが、来週設定し直す予定です。哲学がある方なので、妥協する余地もないようで残念です。気持ち的に分からなくもないですが、何故私にトバッチリを持ってくるのかどう考えても納得できないので、戦争開始もやむなしですね…。外交努力も空しく終わりました。振り出しにもどりました。3回目ぐらいです。本格的に戦争するとなると、きっちり遅延損害金も請求することとなり、先方にとってはコストの上塗りだと思うのですが…。

一方、先週お伺いした新たな案件では契約を頂けることになり、来月から売上UPです。悪いこともあれば良い事もある、そういうものですね。気持ちを切り替えて、明日また朝イチ便で旅立ちます。今週は平均起床時間5時台ですね。涼しくなってきたこともあり、ちょっと朝起きるのがつらいかも。

2008年9月24日 (水)

久しぶりに最終フライトにて帰阪

今日は南九州へ日帰りです。
昨晩は、夕方飲んだコーヒーのせいか、不動産物色の疲れか、なかなか寝つけず、やや睡眠不足のまま朝イチ便に向かいました。
電車の中では不思議と眠くなかった(しかし遠い…)のですが、飛行機に乗ってからは座席の背もたれに頭をのせ、口を開けて寝ていました。寝言を言っていないか心配。

午前中は某協議会さんを訪問し、情報交換など。
午後は、一旦遠のいてしまった経営者の危機感をどうすれば復活させられるかと頭を悩ませました。個人的には、「時を待つべし」とゆったり構えていましたが(事前に助言して理解を得られた経験は正直、稀です。大概人間は追い込まれて初めて分かる)、「このままでは、従業員の不安が払拭出来ず、最悪の場合は人材が流出する」とクライアントの方が危機感に焦がされていましたので、「これはいかん、緩んでた」と猛省しました。
やれる限りの手を尽してみたいと思います。

2008年9月23日 (火)

「三菱UFJ、モルガンへ9,000億円出資」だと??

このニュースには、驚きというより少々怒りを覚えました。そんだけ余裕があるのなら、国内でやるべきことをやって欲しいと思います。中小企業の再生には興味を持たず、かと言って債権売却するでもなく放置プレイ乱発…三井住友銀行さんなんかは案外まともに話ができるのですが。1,000億円でも「事業再生枠」として引当を確保し、がんがん前倒しで再生するというスタンスで臨んで頂ければ、風評も相当改善すると思うのですが。長期的に見て現場力も高まりますし。

結局、ザ・邦銀が外銀を買収した所で、特徴が相殺され、異能集団を使いこなすにも至らず、気付かなかった地雷が爆発したりして数年後にはまた手放すことになる訳です。行員や部長クラスの人材をどんどん送り込んで勉強させるという手はあると思いますが、収益力強化にはもっと地に足着いたやり方があるんでないの??と疑問に思います。実際、財務体質が良いのは過去の結果であって、今後半年から1年でどんどん格下げされる案件が出てくると思いますけど…?

それにしても、日米で10年単位でキャッチボールのように増資し合い、交代でバブルを演出して、一体何やっているんでしょう?人間は進歩しないのでしょうか?その間、役員さんやMAアドバイザーはウハウハなのかもしれませんが、はっきりいって社会的には壮大な無駄なのでは??

ちょっと筆が勝手に走りましたが、あまりの現場軽視に危機感を覚えます。

2008年9月22日 (月)

休みの谷間ですが…

今日は関西で仕事をしています。あるミッションでお伺いした所、別件のミーティングにも参加させて頂くこととなり、脳が刺激される時間を過ごしました。私的整理が流れて法的整理に突入したケースでしたが、メインバンクの失速や時間のなさなど「昔良くこういう案件に携わったな〜」と懐かしく思いました。1つは事業停止・破産に終わり、1つは買い手が群がり無担保債権の回収が40%にも達しました。
独立後のケースでも、プレパッケージとしてワークしたものもあれば、破産に移行したものもあります。
メインバンクが全面バックアップを決めても上手く行かない場合があり(死亡率は30〜50%ぐらいでは?)、法的整理を使うのは本当に容易ではありませんね。「借金の安易な棒引き」的ニュアンスで語られることも多いですが…。
本件も今まさに分水嶺にあるように思われました。

2008年9月19日 (金)

関東に行って帰って…

今日は、新しいお客さんをご紹介頂く、ということで、関東方面に参りました。経営者の方は、まさにやることをやってこられているので、うまくいく可能性はあるな、と思いました。
東京は(通過しただけに近いですが)1ヶ月強ぶりになります。先日地震に関する本や小説を固め読みしたせいで、「あの高いビルやマンション大丈夫?」とか「今新幹線に乗っているときに地震に合うとどうなるんだろう?」などいらんことを色々と考えてしまいました。

懸案の成功報酬問題は、期限ギリギリの本日に最終回答があり、分割にはなりますがお払い頂けることになりそうです。
後学のためもあり、訴訟もやむなしか、と覚悟を決めていただけに、ようやく肩の力を抜くことになりそうです。

あと気になるのは、台風13号です。今東京駅に電車で向かっていますが、現状の進路や位置はどうなっているのか、きちんと今日中に帰れるのか…?台風男だけに気になります。

2008年9月18日 (木)

雲間から一条の光差す

今日は関西にて、ある件のスポンサー候補さんを訪問しました。非常にリーズナブルな話を頂く中に、支援姿勢がはっきり感じられ、非常に心強いものがありました。

一般的には「スポンサーがいないと再生案件が成り立たない」という訳ではありませんが、大抵は資金面や財務面から不可欠であったりします。今回は事業面でのシナジーがあるため、非常にプラスだと思いますが、資金面や財務面での手当という点では、本来フィナンシャルサービスの領域ではないの?とも思います。

元は屑のような債権でも、それをトランシェに分けて上澄みを証券化すればセーフ、とかいって何倍もの屑が世界的にばら撒かれた訳ですが、こういった本質的にはマヤカシの商品に無責任な投資をするぐらいなら、真面目に仕事をしている会社を支援してもええんちゃうの?と不思議に思います。結局は「格付会社が良いと言っているから」とかいう風にサラリーマン的に商品を作るから訳がわからなくなるのではないでしょうか。「実態は何か?」そういった当たり前のことを忘れてマネーゲームに走ったところで、行き着く先は虚しいです。

などと偉そうなことを考えている一方、仮に自分が相当金持ちで、「支援してください」と相談を受けた場合にエンジェル投資の決断ができるか、と言われるとまだ自信が持てません。そういう意味では私もまだ金融屋と同レベル何だな、と反省します。

2008年9月16日 (火)

結果的に午前も午後も自宅作業ということで

今日は午後の段階にならないとアポイントが確定しないという状況でしたので、午前中は資料作成(吸収分割に関する書類作り)をしていました。しかしどうしてここまで分かり難く条文等を作成できるのかと不思議に思いました。解説本も、ミスがないように、ということなのかもしれないですが、分かり難い・・・。直感的に「こうだろうな」と思うことを確かめるのに、解説本→会社計算規則→会社法→解説本と何度か行き来しないと分からないです。もっと単純で、でも実務的に不思議に思うところを分かりやすく解説した本はないものかと思います。まだ自分で書けるほど知識はありませんが、どうにかならんものか。

午後に入り、結局今日のアポはなし、ということになりましたので、確定申告の仕上げをしていました。明細記入も含めて完了しましたが、最終的に消費税のみを追加で払う、ということになりました。確定申告については、あまり生産的な仕事ではないのですが、終わるとすごくスッキリします。とはいえ、素人ですので多少間違っている所もあるのかもしれませんが。

2008年9月14日 (日)

法人税等の確定申告作業がほぼ完了

弊社8月決算について、ほぼ確定申告の作業が終了しました。あとは清書(といってもコピーするだけ)と明細の作成ぐらいが残された作業です。着手から延べ3日ぐらいかかることになりそうです。久しぶりなので、手引きの意味が分からず、「税理士の仕事を確保するためにわざと難しい書き方・仕組みになっているのではないか?」とすねていました。手を動かしているうちにふと全体像を思い出し、結果的には昨年より速いペースで作業を進められました。

第一期は「売上に計上したものの、回収ができなかった債権」に関して税金を支払った上、(自信がなかったこともあり)自分の社員報酬も低く設定しすぎたため、大幅な利益を計上し税金をたんまり払っていました。その結果、期初の資本金と期末の預金残がほぼ変わらない状況でした。しばらく脱力してしまいました。

一方、第二期はその回収できなかった債権(さらに第二期でも拡大…)を貸倒処理したため(民事再生突入後破産手続きへ移行し、第1回の財産状況報告にて配当見込みなしと報告されたので、多分損金で大丈夫と思われます)、前期に比べ利益は大幅に減少し、中間納税で支払った税金が少し還付されることになってしまいました。うれしいような、哀しいような…。

法人税の実効税率は高い!!その割りに一体何に使われているのか分からん!!法人税率引き下げ賛成!!と最近いきまいていましたが、第二期に関してはどうやらあまり大きな顔はできませんね。今期(第三期)はいよいよ正念場と思います。頑張った結果が見える決算にしたい所です。

今日は上記作業の合間に、淀川の川原へピクニックに行き、その足で最近近所にオープンしたTホームの展示場へ行きました。ピクニックは、久しぶりの猛暑で、昼過ぎにそうそうに退散しました。Tホームは、テレビで●●もんた氏が宣伝しているところですが、宣伝のトーンに興味を持って見に行った所、標準仕様ということで坪単価30万円台、延べ床面積50坪前後のモデルハウスがでーんと立っていました。

あまりに坪単価が低いのでカミサンが営業マンに聞いた所、「そういう方針で取り組んでいますので…」と意味不明の回答。他社と根本的に違うビジネスモデル…とも思えず??

実際は、床材・壁材・住設機器等のグレードを相当落としているように見受けられました。一番圧巻だったのはアルミサッシです。結露を前提に(カタログには結露しないみたいなことが書いてあるので不思議ですが)桟の部分にしずくを外に流し出す溝が予め作ってあり、親切なような、最初からあきらめているような、まさにそこに矛盾が凝縮されているようで色々な意味ですごいな、と思いました。

ただし、「家に大金をかけ、生涯そのローンを返済するために働くのはバカらしい」という考え方には相当程度首肯する気持ちもあるので、こだわりのない方にはむしろいい住宅メーカーかもしれない、と思いました。なんせ50坪の上モノが20百万円もかからずに建てられるのですから。間取り等は自由度がありそうですし。

2008年9月13日 (土)

長い一週間でした…

今日は関西でクライアントを訪問し、状況確認と打ち合わせをして帰りました。今月一杯で多くの項目が実行され、収束に向かう予定です。終りははかないものです…。
来週は4日しかない割に、東西に飛び回ります。まだアポが2件未定ですので、どうなることやら。

2008年9月12日 (金)

予言のようでした

今日はある件で延べ5行さんに帯同しました。
先日、ターンアラウンドマネージャーさんの原稿は一旦OKをもらいましたが、そこに書いてあることと今日の面談内容は大半がカブルような気がしました。「金融機関の役割って何だろう…」など、いろいろな想いがよぎりました。
ただ、金融機関さんによって微妙にカラーが異なり、「おとしどころ」が分かるケース、良く分からないケースがありました。

他には、前ふりを頂いていた件のアポが決まりました。関東方面の新しい案件です。
9月は濃密な日々です…。

2008年9月11日 (木)

上がったり下がったり

今日は、昨日に引き続き持ち込みに伺いました。
昨日とは異なり、「面白そうなビジネス」と感じて頂けたように感じました。
時間軸や観点などの違いでこんなに反応が違うのか、と思いました。
明日は、ある件でクライアントと一緒に銀行を回ります。どのように受け止めて頂けるのか…と思いながら、資料の仕上げをしていきます。

2008年9月10日 (水)

うぁ、字余りか

今日は大阪である件の「持ち込み」に出掛けました。
残念ながら、余り良い反応ではなく、空振りになりそうです。
気を取り直して、別件の内容証明を出すべく中央郵便局へ出向きましたが、字数オーバーで却下されました。数字を半角で打っていたのが敗因です。わざわざ一行の文字数を減らして設定していたのですが…。電子内容証明というのがあり、字数制限もないのですが(だったらリアルの方もそうして欲しい)、決済が面倒なので二の足を踏みますね。
帰ってから修正して、別の郵便局へ出しに行きます。意地でも今日中に出したくなってきましたヨ!

追伸:最後通牒は無事近所の郵便局から発射されました。書類を預けたあと、なかなか呼ばれないので「またなんかやらかしてました?」とちょっと不安になったりしましたが。本件、外交努力による解決ができず、残念です。なんせ抵抗しておられる方が全く外交を気にしないタイプの方のようで、そもそも話し合いで解決するのは難しいのかもしれません。おそらく到達後も期限内に支払はされないと思いますので、これも経験と思い、訴訟手続きに移る予定です。いや~色々な意味で勉強になりますわ。この仕事…。

2008年9月 9日 (火)

うまくできているんだなあ。

今日は大阪で仕事をしていました。朝は自宅で資料作成をしていましたが、急遽前倒しで出動することになり、電車で大阪へでかけました。

打ち合わせをしている中で、更に関連したアポイントを設定することになり、資料作成も必要となりました。実は10日などは空いていましたので、東京に行くことも考えていたのですが、ちょっと動けなさそうです。

月曜日の打ち合わせがやや(いやかなり)不発に終わったあと、今週のコマ繰りはどうなるのかと一瞬思いましたが、案の定別件で宿題や予定がきっちり用意されていた、という訳で。

資料作成は一部終わったのですが、朝作りかけていた資料をもう少しじっくり考える必要がありそうです。いつも思いますが、天の配剤はうまくできているんです。

2008年9月 8日 (月)

ハシゴ瓦解。

今日は、南九州にて朝イチ8時から打ち合わせをしてきました。
(先月は相当弱っておられた様でしたが)予想以上にトップの方は楽観論にシフトしておられ、役員の方も対抗されるでもなく、何だか自分が馬鹿な道化みたいな気になりました。
まあ、いままでだいぶ同じ様な経験を積んできたので落ち込んだりはしません。銀行員時代は事態を直視しない経営陣に怒りを覚えていましたが、結局、追い込まれないと、死が近いことは実感出来ませんし、危機感を維持することも難しい、というのが実感です。
今日方向性に一致をみれば、今月は忙しくなるな、と覚悟していましたが、そうなりそうもなく、複雑な心境です。
追い込まれてからでは間に合わないことがあり、選択肢も減るので、「この件、もう少し早く参画したかった」と良く思うのですが、このように早い段階だとなかなか進展しません(個人的には崖が近付いているのが見えるのでヒヤヒヤしてますが)。
今書いている原稿は「早期着手」に関する話ですが、やはり金融機関が自分の債権を守るためにも、高い見地から経営陣に迫る必要があるな、と思いました。
今回の旅の相棒はフィットさんでした。まだ2000キロ強の新車です。何故か赤色だったので恥ずかしかったですが、帰りはコースレコードを更新する走りで快適でした。個体差があるのでしょうか?
その足でキャンセル待ちで飛行機に飛び乗りました。窓口で「隣が子供連れですが…」と言われて「良いですよ」と気軽に言いましたが、乗ってみてビックリ。母親+娘2人で2シートなので、メチャクチャ落ち着きがなかったです。でもウチの子供達もいい勝負なので、思わずニヤニヤしてしまいました。必死に子供に注意しているお母さんを見ながら、「本当〜に大変ですよね」と心の中で呼び掛けました。ガシガシと何度となく下の子に蹴られましたが、不思議に腹は立ちませんでした。どっちかというといい気分転換になりました…!ということは、ヤッパリ朝の件で多少なりとも気分を害していたのでしょうか?

2008年9月 7日 (日)

決算仮組み

今日は、午前中自宅で前期決算期末の会計処理をしていました。前払とか未収とか…貸し倒れとか(涙)。
結局、通期では黒字ながら、中間納税に加えて追加で払う金額は僅かです。
一方、未収問題は誠実協議ができそうにもなく、売上にも計上できません。
あとは裁判で決着をつけるしかない可能性も高まって来たので、内容証明を作りました。
久しぶりなので、「こんなんだったかな」「新入行員時代、とりあえず分からないながらよく作ったよね」「債権売却の時も原稿書いたな。外国向け債権とかもあって難しかったな」などと少し懐かしく思いながら。
他には、消滅したのかな、と思っていた案件について、一応確認しようとメールした所、まだ煙が出ているようでしたので少し心配になりました。予材案件リストに一応復活しておきました。

今日はこれから旅立ちます。

2008年9月 6日 (土)

今日はオフでした

今日はオフでした。珍しく宿題もなかったので、作業さえほとんどしていません。

ということで、引き続き最近興味を持っているFP工法を取り扱っている工務店に行ってきました。先日行ってみた近所の所はイマイチ合わないような気がしましたので、別の所です。

本日お邪魔したのは八尾の方でしたが、自宅をFPで建て、良さに納得したのでこれから広めたい、という方でした。経験値的に不足しているのではないか、と思いましたが、人柄的には話しやすく、カミサンも良い味を出していました。

結局分かってきたことは、断熱性に優れているとはいえ、夏はエアコンが不可欠であること、また、つけたり消したりすると逆に光熱費が高くなるので連続運転せざるを得ないことが分かりました。クーラー2台のうち1台はフル稼働で1ヶ月の電気代が2万円はいかないようだったので、まあそんなもんかもしれません。広さの問題はあるかもしれませんが。

また、天然木による床材や自然素材による壁材には、メンテナンスなどの面で何となく抵抗がありましたが、それがあって始めて快適なんだろうな、ということも体感しつつあります。

ただ、このFPグループは縄張りの問題なのかどうも積極的にセールスをしたがらない傾向にあります。今日も社長がカミサンに突っ込まれていました。

とりあえず冬にこの工法の体感をすることを念頭に、研究を進めます。

残念ながら明日は、前泊のため昼過ぎに移動します。現地ではヒマですので、書きかけの原稿をもう少し推敲したいと思います。

2008年9月 5日 (金)

9月第1週終了。

今日はアポイントのために大阪に出かけました。今後のシナリオ等を打ち合わせいたしました。本当に本件は今月が鍵です。

午後は、成功報酬を払う気がないと言いつつ面談すら設定しようとしない企業に対して、戦闘態勢を整えるべく弁護士(友人です)に相談しにいきました。請求書は既に配達記録付きで送付しましたので、次は内容証明を打って…ということになるのでしょうが、本当にあきれます。「信義則」とか「誠実協議」とかいう精神はないのでしょうか…。費用がかかるので別に戦争をしたい訳ではないのですが、こうまで虚仮にされると、やらざるを得ないです。何度も警告・忠言しているのですが、結局は窮鼠猫を噛む、という方向に「流されて」いってます。

今週は、朝起きた時に「今日何曜日だったっけ?」と思う日が結構ありました。バタバタしていたように思います。来週は未定のスケジュールが多いです(上記の件のアポイントが入ることを祈っています)が、また急にバタバタと決まるのかもしれませんね。

2008年9月 4日 (木)

季節感の違い

今日は南九州から帰ってきました。現地は午前中なかなかの天気で、いまだに蝉がシャワシャワと鳴いていました。空気も蒸し暑くまだまだ夏です。今は大阪で虫の声が聞こえ、秋だなーと思います。

午前中のアポイントメントでは、(必ずしも私のせいではないと思いますが)再生原理主義が炸裂している感じがしました。事業再生には色々定義があると思いますが、「この際、気になることや気持ち悪いことはできるだけスッキリしよう!聖域を壊せ!」というのが趣旨だと思っています。議論の中でだんだん先鋭的になってきて、結局コア事業以外のほぼ全部をどうにかしたい、という話にもなりました。あとはトップの納得と銀行さんとの距離感をいかに詰めるか、ですが…。

午後のアポイントでは、クライアント候補をご紹介頂きました。先方は非常にクレバーな方で、干渉されるのを嫌がっておられたように感じましたが、そういう気持ちはまあ分かるな、と思いました。中身を良く知らないので時間軸や深刻さが分かりませんが、もし必要とご縁があれば、という所ですね。

他の件も並行して走っているので、頭の切り替えを今日一日で何度もしました。当面ボケなくて済みそうです。

2008年9月 3日 (水)

絶え間なく…

今日は南九州に来ています。アポイントは午後からでしたが、別件でメールに返事しないといけない用事が移動中に2件発生し、昼飯を食べながら処理しようとしましたが時間切れ。アポイントが終了してからそそくさとホテルに帰り、急いで夕食を済ませてとりかかりました。先ほどそれらに目途が着いたのでメールし、大浴場へ。今回は同じフロアなので便利です。

今日のアポイントで発生した宿題をこれから考えてみる予定です。9月に入ってから、なんだか毎日忙しくしているような気がします。明日のアポイントも午前で終わる予定でしたが結局終日となりそうですし…。

2008年9月 2日 (火)

クロッシング・ポイント

今日は関西で出社しましたが、状況が微妙で作業できる状況になかったので、確認と打ち合わせをして退社しました。今までで一番早かったような気がします。

一方、明日からのアポイントについてはなかなか固まらず、弱っています。これが決まるとあれが決まり…ところでアノ件のアポはどうなったんだろう、と考えながら連絡を待っている状況です。

今日、状況を確認して頂いていた別件の関係で、ベストの展開であれば大阪に出ないといけないかなと期待していましたが、残念ながらそこまで進捗しておらず、こちらも出番なし、でした。

とは言え、今日が「クロッシング・ポイント」のような気がしてます。後でふり返れば「色々な件の方向性が決まっていったんだな」と思うような…。

それにしても暑い。

追伸:昼食後、某銀行研修社さんから電話とメールを頂き、12月号の特別企画について原稿を書くことになりました。9,000字ということでやや体力的に厳しいですが、丁度予定の「空白」が発生したことを良いことに、取り急ぎ3,000字程度は書きました。ちょっと疲れたため、気分転換に追伸など入れた次第です。今月の予定が不透明なので、初稿はできれば今日中に仕上げたい所です。待ちかねていた明日以降の予定もだいたい決まり、いい感じです。

その後:一気に7000字強まで書いて、後は図表ということで一旦出稿?しました。早速修正依頼が来たので、対応していく予定です。本当の締め切りはだいぶ先ですが、何度か推敲したいところです。テーマが個人的にはタイムリーだったので、何とかなりそうです。ちょっとだけ過激かもしれませんが…。

2008年9月 1日 (月)

期初ダッシュ

今日は、資料作成や旅の手配をしたあと、TSUTAYAにDVDを返し、大阪へ出掛けました。
本件は今月が勝負なので、走りながら色々な作業や交渉をしていかないといけません。
一方、別件のアポイントがなかなかスッキリ決まらず、いつものことですが、今週は出たとこ勝負でスケジュールを組み立てて行きます。
なかなか緊張感がある期初になりました。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック