無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« デスマーチの敗戦処理 | トップページ | 実質休みのような。 »

2008年8月22日 (金)

トップのスタンス

今日はたまたま、クライアントなどのトップの方とお話する機会が多く、色々考えさせられました。内容的にはそれぞれ全く異なりますが、最後に思ったのはいつも感じている「トップの覚悟」の問題です。

以前記事を書いたことがありますが、中小企業の社長にとって唯一最後の武器は、自らの進退や経済的価値全てを賭けた捨て身の訴えです。その覚悟が真摯であればあるほど、周りの利害関係者はその言を真剣に受け止めざるを得ない訳で、恥を忍んで肩から(頭から?)ぶつかっていかないと事態は打開できません。逆に、それでしか事態は打開できないものです。

一方、経営トップにいる誰もがそういった境地に至れる訳ではないこと、また、素質がある人であったりいくら頭が良い人であっても、相当追い込まれた状況にならなければ、普通はそこまで思いつめられないことも事実です。

本来、社長がそこまでの気迫を持って毎日「社長の仕事」をしていれば、ダントツに良い会社になるのではないか、とふと思いますが、実際は「社長業は商売が順風満帆に行っている時は誰でもやれる。傾いた時にどれだけ手を打って立て直せるか、また、その布石をどれだけ事前に打てるかが社長業の本当の価値だ」(半分は伺った話のウケウリです)ということなのではないかと考えます。確かに、業況が順調な時にも抜き身を手に持って鉢巻をしめた(感じの気迫を有した)社長がうろうろしていたら、社員の気が休まりません。それで好業績を達成しているケースも多々あるとは思いますが…。

« デスマーチの敗戦処理 | トップページ | 実質休みのような。 »

「学問・資格」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/23171892

この記事へのトラックバック一覧です: トップのスタンス:

« デスマーチの敗戦処理 | トップページ | 実質休みのような。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック