無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

親子問題テイク②

前回、まとまらなかった親子問題について、銀行さんにも入って頂き話を聞いて頂きました。
オーナー企業ではポピュラーな問題ではありますが、親としては子に任せることが不安、子としては任せられないことが不満、これでは前に進みません。
お互い、意見を紙に落とし、理性的・理論的に話し合いたいと思います。
ただ、全てが理論的に進められるべきだ、とも思いません。
感情をなくすと、人間は物事の判断ができない、という研究があるそうです。
脳の機能と実験結果から言えるそうですが、そうなるとよりこの親子問題解決は簡単にいかない訳で。
少なくとも第三者を入れることは、感情と理性を整理し、統合する過程を助け、解決の第一歩になるのではないかと考えますが如何。

2007年5月30日 (水)

監査役

ある件で、行きがかり上監査役に就任することになりそうです。
そこで、にわか勉強を始めたのですが、なかなか奥深い仕事に思われます。
真面目に取り組めば、大変ではありますが、例えば某メガバンクで発生していた組織的な隠蔽活動などは防止できた可能性があります。
一方で責任は重く、油断できません。私は行きがかり上、今回の件については抵抗感がないですが、全く知らない会社の監査役や大企業の監査役に就任することには相当の覚悟が必要だなと思います。
一般的に考えて、日本的意思決定がまかりとおる取締役会で異を唱えられるか?と考えると、微妙です。私はしがらみがないので大丈夫ですが、社内監査役だとなかなか難しいです。まさに武士道の世界(己の信じる道に従い覚悟を決める)ではないでしょうか?
意外と適性が限定されると思いますので、「処遇」と考えて安易に引き受けている方は、考えを改めた方が無難ですね。

2007年5月29日 (火)

調査業務?

契約社員先で、ある事業の方向性を検討するため、資料作成をしています。
昔銀行の調査部時代にカラダで覚えたことがかなり後の人生で役に立っています。当時はかなり分かりの悪い劣等生でしたが…。
今週、来週と東京に行くことになりそうです。アクセス・時間の自由度から言えば、新幹線の方が使い勝手が良いですね。安いし…。プレミアム感は余りないですが。
最近は余りマイルが貯まりません。

2007年5月28日 (月)

今日は対外業務終了

午前中は中国地方にて銀行論理を再度おうかがいしました。組織は違っても考え方は同じようです。
実は、行動経済学の入門書を読んでいるのですが、銀行論理にはかなり当てはまるように思います。
余り書くとノウハウが漏れてしまいますのでここでは書きませんが、例えば「不確実性の忌避」、「損失先送り」などの行動パターンが特徴です。「雨降りに傘を貸さず晴れの日に傘を貸す」とか「非情・非常識」と責められ勝ちな銀行ですが、意外にも最も人間臭いアルゴリズムで意思決定しているように思います。
逆に言えば、標準的経済学で想定される「経済人」の判断とは言えない訳で…。
書評にも書くかも知れませんが、どうも好きになれない経済学(要は机上の空論の疑いあり)に初めて親しみが持てました。
午後の予定がキャンセルとなり、今日これからは交通費の精算や監査役業務の勉強などをしようと思います。

2007年5月26日 (土)

いい天気です!

今日は朝から大阪です。かなり熱いです。午前中の話の関連で友人の弁護士と昼メシを食べます。
たまには経費でうまいものを食べても…いや、仕事ですから。

2007年5月25日 (金)

取材商法他

昨日も新たな攻撃が来ました。正確には「取材商法」というのですが、●友メディア…とかいう所からメールが来ました。
皆さん、カモを毎日チェックしているのでしょう。
現状判明した手口は下記です。
①ホームページのYahooカテゴリ登録またはSEO対策で無料登録するサイトのRSS?を網に使う
②芸能人やスポーツ選手、アナウンサーなどを権威付けに使う(但し、そんな奴いたな〜昔…という方々)
③「来週月曜か火曜に行く」と考える時間を与えないように追い込む
④取材費(6万円以上)やリンク料(月額2万円以上)としてカネを払わされる
⑤本人達は罪悪感がない
まあ、こんな感じです。マニアックな芸能人に会いたい方、もっと無知な消費者への権威付けと割り切るドライな方、税金を払うよりはプチ露出をして、更に色々な商法の的にされたい方にはおすすめです。
ところで、ペンタックス、何だったのでしょう?保身すら図れないとは…要はいらない方々だったのでしょうか?大義名分を考えて挑むべきでしたね…。
JAL、資本支援と今日も書いてありますが、世論操作ではないでしょうか?単なる債権者があろうことか破綻懸念先へ出資することの不自然さにヘドが出ます。やるなら私的整理ガイドラインを活用し債権放棄+DESとすべきですね。

2007年5月24日 (木)

JAL、金融機関に資本支援を要請だって??

政策投資銀行のリークか、日経に記事が出ていました。
今時、疑似DES?というのが素朴な疑問点です。本当に税務上も大丈夫なんでしょうか?それに、金融機関が貸付金を回収したら、他の株主を害することにならないのでしょうか?
少なくとも、今JALに必要なのは事業スポンサーないし優秀な経営者であり、過去を捨てて再建に協力する従業員です。
金融機関が自分のため(損失先送り)に多少カネを出しても、問題は解決しません。だいたい、新造機が納入されるのに2年かかるとして、それまで持つの?というのが正直な感想です。
次はマイルの実質カットかな…。やたらキャンペーンしてますが。使う時や下ろす時のレートを上げるとか…(まるで駅前留学の●●VA)。

2007年5月23日 (水)

妙な電話が…

弊社HPをyahooカテゴリに登録申請し、今日稼動し始めたようです。早速今日何件か事務所に電話があったようです。例えば「●●グラフ」という所から、「取材に行きたい」との願ってもいない話。SEO対策おそるべし…と思いましたが、まあ、待てよと。

昔から努力せずに幸運が来ることはない、と信じていますので、これはおかしいぞと思いました。例えば、掲載誌を無理やり年間購読させられるとか、もっと怖い目に合うとか。

まあ、世の中何が本当か分かりませんが、インターネットで検索してみると、立派な雑誌を作っているようです(表紙に遺跡や自然等を使っており権威性がある感を受ける)。しかし、更に見るとやたらとたくさんの中小企業、医者等が掲載されているようであり、正直埋もれそうだな…との感想。

更に更に、ヒットした他の記事を読むと、どうやら「名誉商法」とでも言いますか、「載せてやるから取材費払え」という商売をやっておられるようです。これはこれで非常にビジネスとしては興味がありますが、カモられるのも悲しいので。もう一度電話があるような感じだったそうですが、とりあえず放置しておきます。

まずは原稿を書いて(少し章立てぐらいは考えましたが)、自費出版で本を出すぐらいから、地道に始めるのが良いと思います。努力せずに幸運が来るとは思えませんので。お陰様で目の前に見えている案件だけでも充分すぎるぐらいですし。ご紹介頂いた皆様、本当にありがとうございます。

2007年5月22日 (火)

東京日帰り

今日は東京日帰りです。
今般独立される方とお話したり、クライアント候補の方をご紹介頂いたりしました。
遺憾ながら、ここでも債権者と債務者のすれちがいが起きていました。
確かにビジネスモデルをさらっと聞いていると、何だか博打的なビジネスモデルにも聞こえ、銀行さんの腰が引けるのも無理ないのかな?と思いました。
ただ、事前に抱いていたクライアント候補の良さ・強みとしっくりこなかったので、しつこく話をお伺いしました。
すると、少しわかったことは、意外に大数の法則が働くのではないか、ということです。
銀行員として嫌なのは、何だかもやもやすることです。銀行員に事業やアートは分かりません。要は首尾一貫した理屈で説明できるか否か、それだけです。
私はお陰さまで銀行員時代に2つ程「これは頑張ったな〜」という案件をやらせて頂きましたが、どちらも納得するまでっくりお話をお伺いし、レポートを作ったりして審査さんにご説明しました。最終的にお客様のビジネスはこうだから、新規融資やデリバティブはやるべきだ、と確信できるようになったことを思い出します。
銀行担当者を自社のファンにすること、これが大事だと思います。

2007年5月21日 (月)

名古屋日帰り

今日は久しぶりにゆっくり寝られたので快調です。とは言え、明日の東京行きの資料づくりを新幹線のなかで必死にやってました。「まもなく名古屋…」のアナウンスが流れる頃、ギリギリ完成し、「俺もなかなかやるな」と自画自賛したりして。
奥地は相変わらず新緑が美しかったです。なんでこんな日に仕事してるんやろ…と思ってしまうぐらい爽やかな風でした。
明日は東京です。

2007年5月20日 (日)

ケツ圧が高すぎて…

昨日と今日は兵庫県の西のほうへ子供サービスへ行っていました。

昨日は潮干狩りと遊園地、今日は遊園地と公園という組み合わせでしたが、足で漕ぐボートあたりでケツ圧により携帯電話を破損してしまったようです。液晶が壊れて気持ち悪い模様が出ていました。

そこで、早速帰りがけに携帯電話の機種変更を実施。薄型にしました。しかしソフトバンク、24ヶ月も次の機種変更を束縛されるか、一括で7万円弱払うかって言われれば、そりゃ割賦にするやろ、という誘導が納得し難いものがあります。1年経つと電池パックが無料でもらえるのですが、それにしても…。ちょっとこの間裁判で負けたNOVA的手法にも感じますが如何。

2007年5月19日 (土)

保身が自殺行為に、地域産業再生機構など

ペンタックス…とうとう、保身も失敗しましたね。むしろ、クーデター首謀者が事態収拾のために辞めることになるのではないでしょうか。結局、世間的な正当性をもって行動しないといけないということなんでしょう。井の中の蛙…。結局ここまでの動きは時間を空費しただけでした。

地域産業再生機構の記事が出ていましたが、何で今更?というのが正直な感想です。旧産業再生機構関係の人材が、意外に就職先が見つからなかったとか?三セクがメインターゲットのような雰囲気ですが、法的整理で充分だと思いますし…。自分のビジネスにどう関係してくるのか、注視が必要です。産業再生機構は地方でも比較的規模が大きい案件を扱い、フィーの支払も気前が良いので専門家が群がっていましたが、地方で今救いを求めているのは規模がかなり異なります。フィーの桁が1つ違うかもしれない世界で、どういった人材が集まるのでしょうか…。また、再生専門の人材を送り込むとありますが、実際に産業再生機構から派遣された人材が再建したと言えるケースは少ないようにも感じます(あくまで「つなぎ」であり、M&Aやリファイナンスなどで早期にEXITしていったように思います)。

要は、狙いが良く分からないです。まあ、債権買取機能と融資機能、スピード感があるのであれば、現在の中小企業再生支援協議会さん自身が悩まれている点が解消されるので、プラスなのかもしれませんが。

地方銀行が新BISで相当なダメージを受け、不良債権処理を加速せざるを得なくなる、という背景があるのかもしれません。金融庁は「何で地方金融機関はもっと統合を進めないのか」と苛立っているそうですし、メガバンクが生成された状況と酷似していると言えなくもないですね。「地域」産業再生機構となっている点も勘ぐりたくなります。道州制導入→(各都道府県の支援協議会の統合等ごたごたが予想される?)→地域金融機関の優勝劣敗が加速→再編促進→そのためには不良債権の抜本処理が不可欠→リージョナルメガバンクの誕生といった連想をしてしまいます。

いずれにしても、経験の為にも機会があれば是非一度使ってみたいものではありますが。

2007年5月18日 (金)

同床異夢

…。銀行の考え方が分かることがこれほど悲しいことはありません。
勿論、たまにはミラクルもあるのですが、たいていは今後の業績についての保証や彼らが出血することへの高いハードルが待ち受けています。
事業再生は「第二の創業」と考えますが、残念ながらそれは銀行の領分ではないようにも思えてきます。ベンチャー企業に積極的に融資をする民間銀行はないでしょう。少しずつ時間を掛けて、まずは割引から…と慎重に対応せざるを得ません。
事業再生はそれを、たとえ過去の実績があるとは言え、いきなり初年度から、結構な金額を、今後激的に改善することを信じて、残高維持ないし追加対応せざるを得ません。
一定のしんどい状況になったら、余程再建可能性が高いケースを除いて、機械的に債権売却するというのがあるべき姿なのかも知れません。そういう観点からは、メガバンクさんのドライな対応もやむなしかな、と思わないでもないです。

2007年5月17日 (木)

親子問題

古くて新しい問題ですが、父親から息子への事業承継は大概、波乱含みです。
私も「創業者」ですので、少しは分かりますが、確かに子供が自分の作った会社で活躍して、いつかついでくれたらうれしいだろうな、と思わないではありません(思考実験)。
しかし、人間的なつながりと経営能力は別…。また、父親と息子と言う関係は多くの場合お互いを評価したがらないものです。
1000年続くような老舗に共通しているルールは、息子がダメなら、優秀な娘婿をとる、というドライさだそうです(参考文献ご参照)。
事業という遺伝子を残すための掟は厳しいです。それにしても、適性をどうやって見極めているのか、知りたい所です。
ところで、ペンタックス。かなり恥ずかしいことになっています。てめえの立場を守ることが統合の条件…。そんな幹部に新たな未来は切り拓けません。武士道精神に欠けてますヨ。

告知:ホームページができました。こちらもテキストコンテンツをどんどん追加できるようになっていますので、暇をみつけて発信しようと思います。このブログの左肩にもリンクを付けておきましたので、是非ご覧下さい。

2007年5月16日 (水)

南九州×2

今日は午前午後で2クライアントを回りました。近隣ですので効率が良かったです。
午前中の案件は相変わらずメインバンクさんとの溝が深いです。クライアントはかなり戦略的に動いていますし、技術もあります。しかし、確かに銀行員的には評価しにくい…。
まずは良く知って頂く努力をし、クライアントとしての要請(悲鳴)を正面からぶつけたいと思います。
午後の件は、一旦債権者の皆様からご支援を頂いた案件です。勿論これからが真価を問われる訳ですが、金融機関さんからの無言の宿題に応えて行こう!という話になりました。
いつも思いますが、経営者は大変です。常に課題に追われる訳ですから…。それでも、やるべきことを少しづつでも進めて行かないと、後悔だけが残ることになります。経営とは終わりのない旅なんですね。

2007年5月15日 (火)

何だか眠たい…

まだ火曜日ですが眠いです。
昨日は5時30分に起床し、夕方はかなり眠かったです。今日は6時でしたので良く寝た気がしましたが、午後から激ネムでした。明日は4時30分に起きて南九州へ向かいます。木曜日は少しだけゆっくり出来そうですが…。朝は強い方だと思ってましたが、普通レベルかな…と少し自信をなくしつつある今日この頃です。
今日は契約社員先で打ち合わせをしたり、作業をしたりであっと言う間に退社時間です。多分眠気もあって60%ぐらいの能率だったのかも知れません。午前中の会議は約1時間で終わらせて、一人満足していたのですが…。風呂に入れば目が覚めるかも。

2007年5月14日 (月)

新緑とせせらぎと共に

今日は、担当先へ伺いました。朝から、前回の会議で出たアイデアを実行するべく、土木作業をしました。風が爽やかで気持ち良かったです。明日は筋肉痛必至…。
午後は定例会議に出席しました。
前回の会議ぐらいから、皆さんのムードが前向きになってきたようです。
アイデアも早速土木作業として実現しましたので、提案しても無駄ではないという意識になってこられたのかなと感じました。
また、社長も「決めて行動に移すこと」を努めて意識されています。
それでもまだ3時間ぐらいかかってしまいました。会議はできるだけ1時間半ぐらい収めたい所です。
ところで、弊社(デルタ経営)ホームページの作業が進行中とのことです。仮アップらしいです。まだ見ていませんが、楽しみですね。

2007年5月13日 (日)

ボトルネックトイレ

昨晩はトイレが詰まって困りました。結局深夜にドンキへ器具(俗名:スッポン?)を買いに走りました。ホント、困りますよね…。震災の被害に合われた方に思いを馳せました。トイレが詰まっているかと思うと気持ちがどんよりしますよね。解決した後は本当に晴れ晴れとしました。

2007年5月12日 (土)

サラリーマン役員の保身

ペンタックス事業計画案、筆頭株主スパークスより「当たり前、新味なし」との評価…。笑いますね。誰が見ても保身が透けて見えるということなんでしょうか。わざわざ発表するまでもなく、すぐに着手すべきことばかりですよね。こんなことを主張するために内紛劇を演じたのでしょうか?むしろすぐに着手しないと、任務懈怠・善管注意義務違反が問われるのではないでしょうか?

大所高所から見た問題意識があり、世間に恥を晒してまで会社を改革したいという志から社長更迭・統合破棄を進めたというよりは、もう少し低い段階の欲求レベルで行動したというのが真実に思われます。従業員はどのように感じているのでしょうか…。

某メガバンクは、信託銀行の売却話を途中で破棄し、世間に格好の研究材料を提供しましたが、結局グループ全体が救済合併されるという絵の中でギリギリ許されたということだったと思います。約束を破るにはそれ以上の大義名分がなければ誰も納得しないし、動かせない、そんなことを考えさせられる1件ですね。

2007年5月11日 (金)

お勤め終了

今日は契約社員先の大阪事務所へ。
昼メシは近くのイタメシ屋に連れて行って頂きました。1000円のランチがかなりうまかったです。
たまった経費を精算したり、引継ぎを受けたりしました。これもなかなか難儀な先ですな。
今日は何だかんだと再来週のアポが結構入りました。今月もなかなか忙しいです。ただ、今週は比較的出張が少なかったため、体力を蓄えられました。明日も自宅で少し仕事します。

2007年5月10日 (木)

自宅でコツコツと…

今日は、外出予定がなかったこともあり、自宅で作業をしています。たまたま手持ち作業がないため、近々アップ予定のホームページに掲載するコンテンツを作成しています。今までの経験則を簡単に整理してみたいと思っています。

とか言いながら確認した所、昨晩の件でメールにて指示が来ていました。早速今から作業をいたします。

2007年5月 9日 (水)

今日はすごく働いた気がします

今日は朝一ホームページ作成の件で打ち合わせをしました。宿題が多くてヒーです。確かに自分で考えないと意味ないです。頑張って今月中にアップします。毎月無為に払っていたビジネスホスティングもようやく意味が出て来ますね。
午後は某社のスポンサー候補の方と面談しました。問題意識が共有化できてかなり有意義でした。
実はその会社さんの近くに、銀行員時代に担当していた先があったので、散歩がてら見に行きました。
…本社工場があった場所にはマンションが建っていました。本業が厳しい鋳物メーカーさんでしたが、「来るべき時が来たのだろうか…」と思うと共に、無力感を味わいました。今の自分ならひょっとすると何とかできたのかも知れません…。
午後イチの予定が長くなったため、最後の仕事は夜からお邪魔しました。おはようからおやすみまでよく働かれる会社さんですので、こういう時は助かります。依頼事項をとりあえず完了して退社しました。
その足で久しぶりに天一のラーメンを食べましたが、腹が減っていたこともあり、めちゃうまく感じました。おかわりできるかもしれないという勢いでした。このスープには何か麻薬的物質が入っているのではないか、といつも思います。
明日は幸い外出はありません。ゆっくりホームページのコンテンツとやらを考えられると良いのですが。

2007年5月 8日 (火)

東京にて

今日は朝から東京でした。契約社員の仕事では、プロジェクトの方向性をすり合わせられて良かったデス。
午後は新丸ビルにて、独立してファンドを立ち上げようとしている方にお会いしました。
中小案件を視野に入れておられるので、私の仕事にも直結します。丁度手掛けている案件で微妙に俎上に乗りそうな話があり、議論の俎上に上げました。ひょっとするとコラボ第1号となるかも知れませんね。
それにしても、新丸ビル…すごい人でした。ホント日本人は名所好きです。人のことは言えませんが。「旧」と似たテイストで少し落胆しましたが、なかなかお洒落ですね。
夕方は共同アドバイザーを目指す案件の打ち合わせをしました。財務リストラと事業承継がニーズです。こういった悩みを抱えた企業さんは多いでしょうね。でもなかなか良い相談相手に巡り合えていないのではないでしょうか?
来週提案書をプレゼンしますが、胸襟を開いて…と行きたいですね。長いお付き合いになるかも知れませんが、お役に立てる自信あり、です。
明日は大阪・京都です。アポが今日増えましたので、3件になりました。いよいよホームページの打ち合わせもやりますよ!

2007年5月 7日 (月)

東京へ

今日はいつものように東海地方へ赴き、その足で東京へ移動しています。
今日の打ち合わせは営業関係が中心でしたが、なかなか面白い展開になりました。今まで、どちらかと言えば問題点を主張し何も決まらない傾向にありましたが、半年分の営業施策を立て、行動に移すことが出来たのです。
また、新しい工夫についても斬新なアイデアが出て、早速来週試行する運びとなりました。
私の持論としては、「再生に天才はいらない、皆が知恵を発揮できるムードを醸成し、それをまず行動に移すことが肝」、つまり「当たり前のことを当たり前に行うこと」が王道であり近道であると考えています。
ただこれには経営者の度量が肝心です。人の意見をきっちり聞く、しかし大事な所は即決するというのは実はなかなか難しい。そういう意味で、今日の経営者さんはなかなか良かったと思いました。

2007年5月 6日 (日)

連休終了

今日まで1つ残してきた提案書作成作業をようやく終えました。連休があって本当に良かった。人ごみにも行かずに済んだし…。でも意外とお金は使っていたりして。今月は中旬まで予定が結構入っています。お陰様で忙しくなりそうですね。

それにしてもエキスポランド。一番大事な部品を充分に点検しないって、恐ろしい運営ですね。定期的に交換するという歯止めもなかったとは…。航空機でも部品交換を持ち越しで飛んでいるおそれがありますが、大丈夫なんですかね。

そんな簡単なことだったとは…

連休中ということもあり、隙を見てバイオリンの練習をしていたのですが、少しずつ弾けるようにはなるものの、長い音やスラーができないという致命的な状況でした。特にG線(一番音が低く太い線)を弾くときは力一杯弾いてやっと音がでるような状態で、「あれ~こんな難しかったかな?」と疑問符だらけでした。

前回の練習を終えて楽器をしまう際、徹底的に松脂を弓に塗りたくりました。合理的に考えて、摩擦抵抗を増やすぐらいしか対応策が無いためです。塗っている途中は、本当の「手応え」がありました。

昨日、いつも通り「あんまりいい音でないんだろうな~」と思いながらセッティングし(電源コードとアンプ付スピーカーへのコードを付けないといけないので面倒、しかも調弦しないといけないし…)、弾いてみた所、きましたよ。滑るように弾くだけで軽く音がでる状態が。技術が悪すぎるのか、サイレントバイオリンならではの機器接続その他コツがあるのか悩んでいましたが、「何だこんなことだったのね、これまで何やっていたんだろう」と笑えました。調子に乗って(松脂の粉を飛ばしつつ)簡単な曲を色々と弾いてみました。これでようやく最初のレベルをクリアできたかなという印象です。長かった…。いよいよ何か1曲練習してみたい所ですね!

今日は(これからまた寝ます)天気も悪いと思われ、仕事をする予定です。これで何とか手持ちの受注作業はこなせそうです。連休万歳!

2007年5月 3日 (木)

仕事日和…って訳でもないが

JAL、いよいよ秒読みですね。銀行管理下でターンアラウンドに成功したケースは少ないので、マイルが心配です。たまたま先日、大半をクーポンに替えたので大丈夫かもしれませんが。

今日は朝から某社の事業再生計画骨子を作ったり、契約書2件を作成・調印したりしました。ありがたいことにこれで本業のクライアントは4件。更にあと2件程度候補があります。不思議とピーク稼動は重ならないもので、また、いい時に公休があるもので、連休中にコツコツと作業を進められてラッキーです。人ごみに出かけなくても済むし。

ロドスタ君は黄砂にまみれています。カバーも買ったのですが、マンションの管理人が不在なので洗車場がつかえず。もうすぐ白色になってしまうのではないかと心配です。

休憩も終わりましたので、そろそろ仕事を再開します。

2007年5月 2日 (水)

反省会

今日は南九州へ参りました。前回いきなり戦場だった会社さんです。
後日談として、メインバンクさんが土日返上+2日を割いて一緒に資料を作成してくれて、何とか今回は飢えをしのげたようです。
しかし問題はこれから…。銀行取引数が多いクライアントに共通の現象ですが、営業キャッシュフローに比べて何倍もの返済があり、毎月新規調達を余儀なくされます。
こういった状況はまさに百害あって一利なし。企業さんは本来力を入れるべき営業活動や現場の改善に頭すら回らず、いわんや身体も回りません。やむを得ない面もありますが、債権者の部分最適行動が債務者のキャッシュフローを細らせる悪循環に陥ります。
しかしこの局面で新規に貸せる人はいない…銀行では稟議が通らず、ファンドでは利回りが合わず、です。お金持ちになって、こういう局面で金を打てるようになりたいな〜といつも思います。
本件は、メインバンクさんとじっくり話し合うことから始めたいです。

2007年5月 1日 (火)

新緑の季節

早いものでもう5月、若々しい緑が雨煙りのなかで空を見上げる季節となりました。
山奥の携帯がほとんど通じない温泉旅館に来ていますが、本当に季節を感じられる立地です。
今日は、前月の売上高分析と今月の活動について打ち合わせしました。今までは月次決算が締まる翌月の下旬にやっていたことを、取り急ぎ営業面に絞ったことで翌月初めに見える化できたため、単なる事後反省だけでなく、即座に対策行動に移れるようになりつつあります。
フィードバックが大事なんだなと思いました。
余談ですが、近所に定食屋があり、料理長の兄はテレビ出演するぐらい有名な方なんです。昼メシにカツ丼を頂きましたが、豚肉の下味に塩胡椒が程よく施され、玉子や出汁の効いたたれも甘くない「大人の味」で激ウマでした。料理センスは遺伝するのか?と変に感心しました。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック