無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 名古屋日帰り | トップページ | 湯治 »

2007年3月30日 (金)

お勤め終了+α

今日はデスマーチ系に出社しました。
メシ時の会議で、メシ抜きで臨みましたが、特に波乱もなく。つまりは出番なし。
会議のコスト(関連会社トップが勢揃い)と効果(伝達が大半)を考えると、もう少し良いやり方はないのかな〜と考えさせられました。このままでは、持株会社の自己満足と勘繰られかねません。
日本の会議に生産性を!というのが私の裏テーマです。昨日の会議もちょっと冗長に感じました。
自分の反省でもありますが、主催者側に回ると、ついつい「仕事」してしまい、しゃべりすぎたりします。
大事なことは、「情報共有化」なのか「意思決定」なのかなのではないでしょうか。出来れば前者であれば、事前に資料を配付し、質疑応答だけにすると良いと思います。ただ、これだとわざわざ集まる意義が乏しくなるようにも思えます。実は、前者の会議は「コミュニケーションの手段」というのが私の仮説です。高度成長期には家庭を顧みない理由にできたかも知れませんが。
出来れば、現代の会議は後者の「で、どうする?誰がいつまでに?」だけにすべきではないでしょうか。
ホワイトカラーエグゼンプションの時代、無駄を徹底的に排除し、能動的に自分の労働力管理をしないとホワイトカラーの時給(給料/拘束時間)は下がる一方です。それとも、みんなで足を引っ張り合って奴隷と化しますか?

ところで、日経のJALの記事。破懸でなかったこと自体が金融機関軍団の「いつもの」先送りだな~と変に感心しました。まあ、破懸に落とすと新規融資ができなくなるので、敢えて落とさず、①中計作成→②新規融資→③債務者区分下げというストーリーだったのでしょう。ひょっとするとFSAも②が終わるまで目をつぶっていたのかもしれません。しかし、冷静に考えて、市場から引っ張れる余地が少ない状態で社債償還等を控えていたのであれば、査定上は破綻懸念なのではないでしょうか。まあ、いつものことですね。

それはそれとして、いよいよJALも私的整理ガイドラインに突入、もしくは、ひょっとすると金融機関の1部がファンドに債権売却するかもしれませんね。でも、労働組合が乱立し、経営陣に余り覚悟がない現状では二次ロス(金融支援をしたのに、残債をロスること。銀行では禁忌とされますが、責任を問われたケースは皆無と思われる)の蓋然性も高く、金融機関や債権を買うファンドとしては大弱りですね。いっそのこと●生法の方がすっきりするのではないかと思いますが。でもその時、わがマイルはどうなるのやら。マイル債権者として物申せたりするのでしょうか??そういえばアメリカでは破綻航空会社のマイル債権を買い漁った輩がいたとかいなかったとか?

« 名古屋日帰り | トップページ | 湯治 »

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/5908785

この記事へのトラックバック一覧です: お勤め終了+α:

« 名古屋日帰り | トップページ | 湯治 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック