無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 自宅仕事中 | トップページ | 慣らし運転? »

2007年2月18日 (日)

社用車納車!

長かった…正式発注は10月だったような気がしますが、ようやく今頃納車されました(リードタイム約4ヶ月)。今日は近所をほんのちょっと走ってみました。

Cid_a0001

こういった真面目に走りを考えた車を運転した経験がないため(GT3〔注:PS2のゲームでドライビングシミュレーターを謳っている〕では「ダントツに扱いやすい車やな~」と感動しましたが)、比較は困難ですが、運転していて気持ちがいいという感覚を初めて味わいました。

花粉症も今日はなりを潜めていましたので、当然オープンにしてみました。あまりにも納車されないので時々ネットでユーザーレポートを検索したりブログをチェックしたりしていましたが、確かに皆さんの意見の通りで、オープンカーの魅力というのは、たとえ街中をちんたら走っていても「日常のせこせこしたストレスをどーでもよく思える」異次元のものだと思います。リースですが、この価格帯で操作性とオープンを実現している所はやはりマツダの底力なんでしょうか。

私が最初に乗った車はデミオ(正確にはフォード フェスティバミニワゴンだったか)でしたが、サンルーフ付きでした。最初は喜んで開けてみたりしていましたが、途中からは(洗車を趣味にしていないこともあって見苦しく)開けることはなくなりました。次代のヴォクシー(現在、誰かさんのせいで傷だらけ)に乗り換える際には、サンルーフがない設定を選びました。子供が顔を出したりしても危ないなとかいう面もありましたが、どうせ使わないだろうと。

電動リトラクタブルハードトップの動作スピードがかなり早いことにも、実際に体験すると驚きです。12秒とカタログに記載されていますが、体感速度は相当なものです。メカ好きな人や小さい頃に合体変形ロボットシリーズにはまった人にはたまらんやろうな~という動きをしますね。

ご存じの方はおられると思いますが、私は運転があまりうまくないため、宝の持ち腐れという説もあります。今日もパドルシフトなんてものはいっこも使いませんでした。また、ATのシフトが階段状になっているのですが、これがイマイチ慣れず、車庫入れにも一苦労です。ガソリンスタンドではお約束の秘技「ボンネット開け」を繰り出し、恥ずかしながら降りてバンと閉めました。給油口のふたを開けるには運転席と助手席の間の「小物入れ」の中にある取っ手を引っ張らないといけないんです。ディーラーで説明されていたのに、案の定忘れてました。

名古屋にもたまには車でいったろうかな~とか、何か車で行く用事はないかいな~とつい考えますね。東京にいた頃は車にあまり乗らず、バッテリーが上がったこともあるぐらいなんですが(社員寮が●●造船製の機械式駐車場でよく故障する上、出し入れが面倒だったという点は割り引くとしても)。

これからは電車で行けない所の仕事も大歓迎ですよ!

« 自宅仕事中 | トップページ | 慣らし運転? »

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150815/5399071

この記事へのトラックバック一覧です: 社用車納車!:

« 自宅仕事中 | トップページ | 慣らし運転? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック