無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • アクアリウム
  • 中小企業
  • FP

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月29日 (金)

自宅仕事はままならん・・・

自宅仕事はままなりませんな~。

早起きして、プレゼン手直ししようと思ったら、子供が起きてきて邪魔されたり。落ち着いて考えられなくなったので、交通費の精算等地味な仕事をしてみました。

まあ、締め切りは無いので、ぼちぼちやります。

それにしても寒いですね。雪が時々ちらつきます。

2006年12月28日 (木)

仕事納め

今日は仕事納めでした。サラリーマンとして、タップリ時間を掛けて社内ディスカッションペーパーを作成していました。結構凝りました。
また、複数の懐かしい方からお電話を頂き、年明けの再会を約しました。
明日は自宅で交通費の精算や講演会原稿手直しなど、ノンビリやるつもりです。
余裕があれば、今年の反省と来期の予材洗い出し・営業活動計画作成を行いたい所です。
皆様、本当に今年はお世話になりました。曲がりなりにも生活出来ているのは、気に掛けて頂いている皆様のお陰です…。
来年はますますお役に立てるよう全力を尽くし、新たな技も磨いていきます。何より、クライアントに早めの春が訪れますように!
来年もまた、良き出会い・良き学びがありますように…。

2006年12月27日 (水)

年明けに一発かましますで

今日は、デスマーチの件で年明けに常務殿・社外取締役殿と打合せをしようということになり、プレゼンペーパーに手を入れていました。(個人的には今更感はありますが)

その他には、昔かかわった企業が節目を迎えたり(インサイダーじゃなければ株買うんですが・・・)、29日の仕事納め予定がなくなって、明日が仕事納めになったりともろもろありました。

また、昔お世話になった弁護士の先生と久しぶりにお話できたのは嬉しかったですね。折り返しお電話頂くとは思いませんでした。相変わらず、「傾聴」のスキルやお人柄が抜群な方で、感動しました。余り考えたくはないですが、今進めている方向が頓挫すれば、年明け以降お世話になるかもしれません。複雑な心境です…。

年明けからはまたあらためて営業・人脈作りのアポ入れを予定しており、来年はどんな年になるのかな~と不安半分、期待半分です。受注産業はつらいですね。せいぜい、「冬休み」の間に楽観スキルを磨いておきますか。

追伸 九州男児殿:昨日言い忘れたのですが、貴兄もよくご存じの通り、こういった案件は最後まであきらめない奴(もしくは最後までしぶとく立っていた奴)が勝つという類のものだと思います。是非是非、あきらめ悪くしぶとくやりましょう。少なくともわいは、転んでもただではおきまへんで~。

2006年12月26日 (火)

本業の方は正念場?

今日はサラリーマンの日。特にトピックはなかったですが、本業の方が色々と正念場になりつつあります。

もうカードは残っていないのに、金融機関の方々は何を期待されているのでしょうか?落とし所なき評論は、お互いにとって全く生産的ではないのですが…。そろそろ、ファイナルアンサーを聞かないといけないのでしょうかね…。後で悔やんでも全く意味がないことは、近年のメガバンク戦争でご存知なはずなんですが。

結局サラリーマン組織にとって「損して得取れ」的発想はどうしても馴染まないんでしょうか??回収率は相当異なるはずなのですが…。

2006年12月25日 (月)

広島へ営業

広島へ営業


学生時代に広島に来た事があり、また、仕事でも2・3度訪れた事がありますが、市電が相変わらず良い味を出していました。本当に生活の一部となっているのだなと思いました。
また、時間があったので原爆ドームも見学しました。
何で日本人はアメリカ好きなんでしょう。少しおかしい気がしました。
まだまだ時間があったので、本通をブラブラしましたが、冬休みとクリスマスのためか、えらいにぎわいでした。広島の景気は結構良さそうですね。
帰りは広島焼を食べて腹一杯です。いやー次は是非尾道ラーメンを!

2006年12月23日 (土)

デスクワーク

今日は、デスクワーク日です。子供の攻撃を退けたり、いなしたりしながら、来年予定している講演会の原稿を作っていました。業務提携先が全国講演ツアーを企画するそうで、その中の1コマをありがたく頂く予定です。

現時点でのタイトル案は「ゆでがえる警報発令!」です。事業再生はどんづまりの企業特有の話と考え勝ちですが、実はソニーさんだって広義には事業再生が必要な状況です。逆に、トヨタさんはトップ以下、常に「自社は危ない」と思っておられるようです。日々自らを再生しておられるんでしょうね。まあ、そういったお話です。

月曜日は本年最後の営業となる見込みの広島遠征で、楽しみです。昼はやっぱ広島焼き・・・ですかね。

2006年12月22日 (金)

山口へ遠征

山口へ遠征


ご推薦を頂いて営業して参りました。
温泉街と隣接している場所でしたので、ひと風呂浴びて…と思ったものの、時間が中途半端で断念しました。
代わりに、地酒を購入。試飲できなかったのでおばちゃんと話しながら決めました。
久しぶりに日本酒を買いました。おばちゃん曰く、市内や新幹線の駅では売っていないおすすめ品とのこと。ホンマ?そういえば昼間のラーメンは「幻のラーメン」て名前でホンマか?と思いましたが、意外にうまかったです。
営業は刺さり感があり、年明けにも話があるかも知れません。次回は絶対温泉入るで〜。
写真は新幹線に接続するローカル線です。快速なのに1両編成で、ちょっと不思議。

2006年12月21日 (木)

大阪にて

キックオフは結果的に少し前に進む方向となり、次の沙汰を待っている状況です。しかしなんであんなに態度が大きい「先生」方がおられるのか常々不思議に思います。昔仕事で接点があった弁護士もそのような方がおられましたが、相談に来るのは困っている人に決まっている訳で、そんな人に対して偉ぶるっていうのはどうかと思います。そんな事しなくても、本来先生方は経験も豊富なプロのはずですから、偉いのは当たり前なのに…。

午後はお金を貸してもらいにお伺いした訳ですが、意外と他にも自分の仕事と接点がありそうで、ご紹介頂いて本当に良かったです。何せ1人でやっていますから、幅広に相談できる方がおられると心強いです。

夕方の「打ち返し」については、「机上の空論ではこんな感じですが、結局実際にお会いしたり資料を見させて頂いたりしてみないと有効な提案にならない」という方向で一致し、年が明けてから、お客様へご訪問する予定です。少しでも問題解決につながれば良いのですが。

明日は本州の端の方へ営業に行きます。どんな世界が待っているのか、楽しみです。IPOの本と債権回収の本を買いましたので、明日と月曜日の長旅で斜め読みする予定です。

2006年12月20日 (水)

明日はアポがうまく入って良かった・・・

明日は、朝からキックオフミーティングをした後(うまく転がることを祈ります)、午後からは某金融機関(経産省管轄系)を訪問し、動産担保型の運転資金についての相談、夕方は先般頂いたノンネーム相談に対する一次回答を説明する予定です。これはアライアンス1号案件ですね。とりあえず対象企業様にお会いできる所まで行ければなと期待しています(どうも色々と悩みが多そうな企業さんなんで…)。

午後のアポについて、ごく最近接点を持てた方や、前々からお伺いしようと思っていた方などなどに昨日までアプローチしてみましたが、流石に皆様ご多忙でそううまくはアポが入らない状況でした。

今日になって、午後のアポが決定し、嬉しい限りです。そういえば、昔ギチギチにアポを入れるのが大好きな人がいましたね…。気持ちは分からなくもないです。

アポがきっちり入ってやる気が強まったのか、今日は久しぶりに本を2冊買いました。ページ数はそれほどでもないですが、なかなか面白そうです。本当はそろそろ仕事に関する専門的な本(MA・会社分割関係)を2・3冊仕入れたいと思っているのですが、近くに紀伊国屋なんかのマニアックな本屋がないので、ペンディングになっています。最終営業日(29日)にでも、物色に行こうかと考えています。

2006年12月19日 (火)

最近本を読んでないデス

出張が激減したこともあり、本を読んでません。
不思議なもので、本屋には行くのですが、いまいちピンと来ないんです。
飛行機搭乗直前のほうが充実しますね…。半分はタイムサービス効果(今買わんと!という切迫感)かも知れませんが。
残り半分はデジタルオーディオを買ったからかも知れません。
また、小説から復活しましょうか…?
実は、ダーク・タワーなる小説の最終巻がもうすぐ出るんです。15巻程度の長きにわたりましたが、ようやくエンディング…。
ヨーロッパには作者が変わって延々続いている物語もあるとか…。読んだら、気になって死に切れないでしょうね〜。

2006年12月18日 (月)

危機意識とブシドー

今週は、雪国方面は中止し、より重要な打合せを関西方面で行う方向です。金曜日に本州の端の方へ行くほかは、基本的に近畿中心に動く予定です。できれば、先週新規相談を受けた案件について、早急に球を返したいと思っています。

アライアンス効果のお蔭で、早速「返球」は準備できましたし…。

ところで、大学時代の友人より、「このままだと、将来のリストラ要員かも」というメールを貰いました。大手企業の子会社を上場させる手続きを体験してたりとか、結構、やってこられた事は「売り」になると思うんですけど…。ある意味、この年齢でそういう危機意識を持つことは大事だな…と思いました(たいがいの40代以上のミドルは、危機意識すら持っていないですね。自分がどっちかというと会社の寄生虫で、付加価値をつけようとすればするほど単に仕事の流れが悪くなるという存在の方に限って、余り反省はないように見受けられます)。

かくゆう私も、「このままだと、自分の存在意義ってなんだろう?会社を辞めても評価されるのだろうか(会社ですごく評価されていたかどうかはアレとして)?看板がなくなったら雑魚以下?」といった自問自答があって、ちょっと勉強してみようかな?とかあがいてみたりしつつ、何故か株にも手を出してはみたものの、今でも含み損のままだったりとか色々模索してとりあえず今に至っております。

まずはこのままじゃいかん!と思うことから、次の進化が始まると思うんです。人間も会社も、歩みを止めたら老衰するしかないですから…。欧米系のおっさんを見て下さい。たいして切れる訳でもないのにえらそうだし、人の話は聞かないし、休暇は長いし…そのくせ意外と高給取りだったりと、やりたい放題です。こんなおっさんにはジャパニーズ・クール「ブシドー」でびしっと対抗していこうじゃありませんか!(ちょっと最後は方向性を間違えました。乱筆御免)

2006年12月15日 (金)

少しずつ加速

今日は複数の締め切りがあり、大事なイベントがあったりで充実しました。

地鶏はだいぶん、景色が見えてきた感じです。雪国は、一応いいスタートが切れました。残念なこともありましたが。

また、新しいご相談をお受けしたり(早速アライアンス効果を発揮して対応する予定です)、有力なパートナーさんとお会いしたりといったこともありました。

中でも、有力パートナーの方には、リクルート?されそうになり、面白かったです。「ダメになったら、35歳までなら来て!」と言われました。正直、銀行を辞めようかとぼんやり考え始めた時、まだ転職か独立か固まっていない時に、候補として考えた内のひとつではありました。あの頃行っておけば、ストック●●●●●が…。

まあ、非サラリーマン体質になってしまったので、余程のことがない限り、当面は「鶏口」でがんばります。非常勤取締役だったら、やらせて頂きますで…。

2006年12月14日 (木)

ご卒業

「事業再生」というと、何だか苦しいイメージがありますが、今日お邪魔した「卒業ほやほや」の会社さんは、すごく元気で、「次」ではなく、もう「次の次」を考えておられました。

スポンサーさんとも大いにシナジーがあるようで、EXITしたいような、したくないような深い関係になっておられました。これも何かの縁だったんですね(正直、業種柄なかなか手を挙げて頂ける所がありませんでしたが…)。

面白いことに、スポンサーさんの企業文化(相当イケイケ)も吸収し、自分の会社に生かそうとしておられる点です。やはり経営者は常に前を向いて、常に新しいことを学び、先のことを考えないといけないんだな~と実感しました。

デスマーチ親会社の老衰ぶりと比較すると、どっちが再生会社か分からないぐらいです。デスマーチはいわゆる問題先等では全くありませんが…。

また、従業員の方に経営マインドを持たせようと工夫されている点も面白いと思いました。会社全体の状況もきちんと説明し、計画とその進捗状況を伝え、「計画を上回った分は君たちの取り分」と明確に伝えておられます。

大企業になればなるほど、こういった「参画意識」が乏しくなり、頑張って働いても悪平等・年功序列型搾取が浸透し、若手~中堅はばからしくなります。また、「あの程度の人間で役員か」と思うと、何だか夢もなくなりますよね。(トヨタを除く大企業の大半では、「今の自分たちはおかしい」「このままではいけない」「俺たちが向かうべき方向はこうなんじゃないか」という危機感・使命感を持った人がラインから外れていきます。逆に、上り詰める方は、付加価値が低く抵抗勢力化する性格の方が大半で、当然ながらそういった方々は魅力に乏しいという帰結なんでしょう~cf.「若者はなぜ3年で辞めるのか?」)

従業員に経営者マインドを植えつけると、「いっちょ俺も独立するか」という方が増えそうな気はしますが、それはそれで快く独立を認め、アライアンス先としてお互い成長していく絵もありえると思います。(間接業務を代行するFC的組織にしても面白いかもしれませんね)

この会社の経営者一族の方々には、当初の腹のくくり方もそうですが、本当に教わることが多いです。これからの成長が楽しみです。いつか全国に知られる企業になるといいですね~。

当初は別の観点で訪問したのですが、最後は業務提携をしたいと申し上げました。しっかり仕事をされるので、是非一緒になって案件に取り組んでみたいと思っています。

それにしても、卒業を機に?レクサスに乗っておられたのは象徴的で良かったです。全てを失われたはずが、3年も絶たずに盛り返しはじめておられましたね。仕事を愛する人は仕事からも愛されるということなんでしょうか。

2006年12月13日 (水)

予定変更

金曜日は雪国へ車で行くべく、スタッドレス装着のレンタカーを手配していました。今日予定が急に変更となり、キャンセルしました。
何となく、ホッとしたような、残念なような。
まだ社用車はリードタイム中なので、不便…。
でも、タイヤチェーン巻いたことないんですよね〜。スタッドレスを履いてもいいんですが、夏タイヤどこに置けば良いのやら。
明日は京都、あさっては大阪です。

2006年12月12日 (火)

急展開?

相変わらず、無神論者でアンチスピリチュアルですが、巡り合わせの妙というのはありますね。
また、経営者の覚悟を問わないといけないことになりそうです…。
時間はかかりますが、腹が決まれば良し(皆が固唾を飲んで見守っています)、決まらなければ本件はブレイクでしょう。
全てへの執着を無くせば、何かを守れる、何かに執着すれば、全てを失う、これはそういうルールのゲームです。
確かに祈りたくもなりますね…。あとは経営者の人間性を信じるしかないです。

2006年12月11日 (月)

窓際族なの

「仕事がないなら、1週間休みます!」と主張しましたが、「まあそういわんと来て!」と言われ、出勤しました。
しかし、部長も課長以下の課員もおらず、どーしたもんやらと思いながら1日を過ごしました。
まだ2日もあるんですね〜。せいぜい身体を休めますか…。
逆に、出社していないと、どんどん営業に行きそうですから、処理能力を考えればこれもありかもと、前向きに考えます。

提案書作成

土曜日は、提案書を作っていました。
MBOしちゃいませんか?というテーマで。
また、下旬の訪問先向けのツールを昨日整備していましたが、子供を寝かしつけている間に自分も寝てしまい、未完です。
今日から3日間はまた窓際族状態です。アフター5にあるサービサー面談とか、情報交換会に思いを馳せつつ…。

2006年12月 8日 (金)

総本山会議

デスマーチの親玉さんとデスマーチ代表さんの会議に幸い出席することができました。

デスマーチ総本山はやはり、ダメダメ経営陣の集まりでした。はっきり言って、公開企業なら株主代表訴訟等、袋叩きものです(非公開企業だと、株主以外に誰が訴えの権利を持っているのでしょうか?勉強しておきます)。

そもそも、経営を勉強した形跡が感じられないです。(「コストセンターとして進めて、ある程度目処がついたらプロフィットセンターにしていく」なんて無節操なことが本当にできると思っているのでしょうか???私は疑問に思います)

とはいえ、おそらく世間にはよくある事象であり、某メガバンクも滅びるまで延々とこういう無駄な会議をしていたんだろうな…とあきれました。

だんだん腹が立ってきて、「そんなバカな話があるか!」と専務殿に言うてしまいました。まあ、こっちは形式サラリーマンですので、気楽なもんです。

面白かったのは、皆が「人物」と評する大ボス(社長殿ですね)はそんな私をニヤニヤ嬉しそうに見ていた点です。「もっとやって!こいつらを刺激して!」って感じで。後で「あのように袖にいる者も含めて発言すれば良い」と奨励していたみたいです。でも、それよりはまず、勉強会でもした方が良いのではないでしょうか…。

皮肉なのは、ダメダメな方がしきりに大ボスの様子を伺いながら発言していた点です。出る杭となることが望まれているのに…。テメーも役員やっているなら自信を持って自分の見識で勝負しろと思います。

リスク回避発言は銀行特有の問題かと思ってましたが、「足を引っ張ればよい、さえた評論をすればよい」(その場で発言した事実が大事で、あとは知らない)と思っている人も多いんでしょうね。積極的には自分の存在価値を発揮するため、消極的には、善管注意義務違反にならないため、なのですから、もっと真剣に考えて欲しいです…。

小学生の学級会じゃないんですから・・・。まるで「●●さんが買い喰いしてました」「い~けないんだ、いけないんだ」というレベルでしたヨ。実はあなた方みんなが連帯債務者なんですよ。早く気付いて下さい!!

2006年12月 7日 (木)

デスマーチ総本山

明日は、デスマーチ総本山にてグループ会議があります。私もできれば出席したい所です(要望中)。しかしまあ、「ようやく」って思いですね。ようやく経営戦略らしきものに昇華されるのかと。とっくに投資はしているし、子会社は活動を開始しているのに…。

どうやら、人的なもつれ?が大きな要素のような気がして、思わず当事者の一人の方に「明日は、畳み込まずに、やり込めずに、優しくゆっくりと、理解を得られるようにしゃべられてはいかがですか?」なんて少し筋違いな(すいません)アドバイスをしてしまいました。

経営者や役員と言っても、実際は人間なんですよね…。是非明日は皆様のお立場もあるのでしょうが(外様の私にとっては「それがどーした。役員としての責務を果たせ」ってなもんですが)配下の社員のことも考えて、レベルの高い議論をして頂きたい所です。

早上がりしたものの、東京からの帰り便が前倒しにできず、空港内をぶらぶらしました。せめて早く「サファイア」カードがくれば、ラウンジが使えるのですが…。

TMA協会に書いた記事ですが、TMA協会の会報誌が各地の支援協議会にも配られているらしく、発見して頂いたケースもあるようです。これは、一気に営業するチャンス到来…?

2006年12月 6日 (水)

新規訪問

ご紹介を頂き、中四国方面でもう1件アポが取れました。
これも何かの縁です。また、いい出会いになれば良いですね。
別件は混沌としてきましたが…。

2006年12月 5日 (火)

第2ステージ

今日は、東京で色々な方にお会いしました。

「アルバイト」の方はとりあえず仕事を頂くという方向にはなりませんでしたが、情報交換と今後の弊社の運営、その他見識面について様々なアドバイスを頂きました。

特に大きな収穫は、ある程度金儲け主義でいかないといけないのか、困っている企業の役に立つことがありきなのか、正直少し迷いが出ていた所、その点はスタンスとして後者で良いと思っているとの話をお伺いし、迷いがなくなった点ですね(当然ケースバイケースですし、弊社にある程度の経済的メリットがあっての話ですが、その立ち位置を確認できたということです)。

また、別の方には新たな営業先として中四国方面の方をご紹介頂き、早速アポをとらせて頂きました。昔小さい頃にいたこともある地域であり、これも何かの縁かもしれません。今月下旬にまず第1回の訪問を実施いたします。

2006年12月 4日 (月)

虚々実々

債権者の方々に別のコンサルタントさんが計画を説明する場に同席しましたが、「えっと…この計画で本当に宜しいんでしょうか?」と思いました。
「あれは表向きでフェイクなのでは?」と思いました。
債権者さんのルール・シキタリなどあるのかも知れませんが、議論がもっと生産的にならないものですかね〜いつも感じる事ですが…。

散髪

SCに家族で行ったついでに散髪しましたが、ニーチャンに激刈りされました。
短くしてっても、センスが…。
髪が早く伸びるよう願います。

2006年12月 3日 (日)

法人税って…

先日の会食で、税理士の方に「慰安旅行代は半額程度自費で出すべき」とのアドバイスを頂きました。勿論、そのようにさせて頂きますが、実際は私が倒れたら会社が立ち行かなくなって税金も払えなくなるんですが・・・ちょっと釈然としません。

税制改正で法人税率引き下げや留保金課税の撤廃が議論されているのは極めて重要なことです。

「税率が高い=行政が高度なサービスを提供している」ということでないとおかしいですが、裏金づくりとか談合とか、「明日の仕事は今日するな!」とかとか…行政組織がFC本部で、我々中小企業の経営者がFC加盟店主だったら、即訴訟もんです。

税率を下げないのなら、せめてセブンイレブン並みのサービスを提供して欲しいですね。(例えば、スタートアップの会社には1年間帳簿の付け方や源泉徴収など税金周りの細部を無料で指導してくれるとか…)

留保金課税については撤廃されそうで、ちょっと「ほっ」としています。10%を誰かにもってもらわないといけないのか?とかしょーもないことで悩まなくて済みますから。

今日は、ねじれた親子関係を修復するためのディスカッションペーパーの素材集めや骨子等を作りました。残りは本社で作業する予定です。(マイクロソフトってオンラインで結構写真とかイラストとかを無料提供しているんですね…今までもっと活用すれば良かったです)

来週は大阪、東京、東京・東京、関西です。アルバイト??とか新たな展開がありそうで楽しみです。

最後になりましたが、TMA(Turnaround Management Association)の会報誌に記事が掲載されましたので、ご参考までに添付いたします。(ちょっと夜書いた手紙みたいに陶酔気味で恥ずかしいですが・・・)

「tma.doc」をダウンロード

2006年12月 1日 (金)

デスマーチは普通のマーチへ?

今日昼頃、デスマーチの社員の方々と喜びを少し共有させて頂くイベントがありました。
奇しくも、時を同じくしてアパな親会社とデタントムードがもりあがってきたようです。
この土曜日に、「僕…生まれてきてはいけなかったの?」というキャッチコピーでディスカッションペーパーを作るつもりだったのですが、幻に終わるかも知れません。
まあ、問題は解決した訳ではなく、ようやく認知が済み、「僕ちゃん、家族でどこ行きたい?」とか前向きな議論ができるスタートラインに立っただけなんですが。
お互い生きてさえいれば、いつでもやり直せるのが企業経営のいい所デス。一家離散にならないで良かったネ。
あ…そういえば、前職では、元の母がアメ○カの犬によるイビリで病死し、新しい母がきた途端、「あなたなんか知りません!」と冷たく解体されたんでした。
いつの時代も子会社は親の政治に振り回されます。
「できちゃった」、じゃ済まないですよ、役員の方々はもっと頭を使って下さいませ。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック